運営者 Bitlet 姉妹サービス
1051件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-03 島根県議会 平成30年_中山間地域・離島振興特別委員会(10月3日)  本文 下段の3)の目的地につきましても、約半数が松江となっておりまして、これも大きな変化は見られないところです。  次に、5ページをごらんください。高速船の利用状況についてまとめております。フェリーと同様、運賃割引前に比べまして、1年間に高速船を利用する回数は増加しておりますが、2)の利用目的や3)の目的地については大きな変化は見られません。  次に、6ページの航空機の利用状況についてでございます。 もっと読む
2018-10-01 島根県議会 平成30年度決算特別委員会(第4分科会) 本文 開催日: 2018-10-01 毎年市町村と連携して実施しておりますが、昨年度は松江と浜田市において災害時サポーター養成研修を開催し、外国人住民の方の防災意識の向上と、災害時にサポートするボランティアの確保に取り組みました。以上でございます。 もっと読む
2018-10-01 島根県議会 平成30年度決算特別委員会(第1分科会) 本文 開催日: 2018-10-01 268 ◯福田委員  松江など、それでいいのでしょうかね。例えば、それはもう市に対してどうこう言う立場にはないと思いますけど、それは市は市の御判断があるだろうと思いますけど、それは我々がとやかく言う筋合いはないんですが、少なくとも私は必要だろうと思ってまして。 もっと読む
2018-09-27 島根県議会 平成30年_総務委員会(9月27日)  本文 まずは松江、これはアイルランドを相手国としております。次に奥出雲町、これはインドでございます。次に邑南町、これはフィンランドでございます。あとは益田市、これはアイルランドでございます。  あと、日本代表を誘致するという活動につきましても今回支援の対象としておりますが、承知しておりますのは、出雲市が日本代表チーム、これはソフトボールと聞いております。 もっと読む
2018-09-27 島根県議会 平成30年_文教厚生委員会(9月27日)  本文 なお、浜田市におきまして、県内の自治体では松江、出雲市に続き3団体目となります共生社会推進条例を制定され、7月1日より施行されたところでございます。 もっと読む
2018-09-21 石川県議会 平成30年 9月21日予算委員会−09月21日-01号 今年度初めに広島県知事が教員は38人、年度当初不足していたとか、あるいは松江の市立の中学校で英語の教員がいなくて授業ができなくなっていると、そういうニュースが新聞にも載っておりました。全国でこういうことが起こっているのかどうなのか、その辺の状況、それから石川県にこういう状況はないのか、まずこれをお聞きをしたいと思います。 もっと読む
2018-09-01 島根県議会 平成30年9月定例会(第8日目) 本文 まず、権限移譲を望む松江教育委員会の当事者としての立場、すなわち松江の意見を、教育長に順次お聞きしていきたいと思います。  それではまず、特色ある教育や郷土を愛する心を育成するには、松江採用職員でなければできないのでしょうか。 もっと読む
2018-09-01 島根県議会 平成30年9月定例会(第7日目) 本文 松江教育委員会の例であります。  驚くことに、松江の総合計画の学力向上対策事業では、全国学力調査における全国平均値以上の調査項目数、教科です。この教科の割合を100%にすること。このことを目標値として設定してるんです。明らかに文部科学省の指導方針に反しています。  文部科学省は、数値データによる単純な比較が行われ、それを上昇させることが主たる関心事とならないようにする。 もっと読む
2018-09-01 島根県議会 平成30年9月定例会(第3日目) 本文 松江は、ことし4月の中核市移行に伴い、教職員の人事権の移譲を県に申し入れしました。こうした権限移譲の申し入れについては、中核市に移行した松江としては当然といえば当然の権利だと言えます。文科省も、周辺市町村の理解を得てとの条件つきながら認めています。   もっと読む
2018-07-30 茨城県議会 平成30年新しい茨城づくり調査特別委員会  本文 開催日:2018.07.30 例えば,島根県の松江と米子市,これは,2050年には,個別ではそれぞれ30万人を切ってしまうわけでございますけれども,この両市が連携をして一つの都市圏だということになると,これは37万人ということで,30万人都市圏を維持できるということでございます。   もっと読む
2018-06-20 岡山県議会 平成30年 6月定例会-06月20日−05号 中国地方では,平成28年度補正で,山口県,島根県松江が名乗りを上げております。山口県では,5市町村13カ所のお試しオフィスを設けて入居者を募集しております。また,今年度,広島県では,独自事業として,中山間地域の6市町6カ所でお試しオフィスを整備する市・町を支援します。6市町が1カ所ずつ施設を改修し,県は費用の半額を補助いたします。 もっと読む
2018-06-07 島根県議会 平成30年_議会運営委員会(6月7日)  本文 報告6は、一般会計の事故繰越繰越計算書でございますが、これは松江消防本部の放射線防護対策事業の設計変更などによる工事の遅延に伴うものでございます。  報告7から報告9は、特別会計の繰越計算書となっております。  3ページをお願いいたします。報告10から報告18は事業会計の繰越計算書となっています。事業会計につきましては、建設改良費の繰越と、それ以外の繰越とを分けて報告するものでございます。   もっと読む
2018-05-21 島根県議会 平成30年_全員協議会(5月21日)  本文 県内の市や町からは、被災宅地危険度判定のために、松江から延べ12名、出雲市から3名を派遣していただきました。被災建築物の応急危険度判定に係る応援職員につきましては、表のとおり、7つの市から合計28名を派遣していただいております。  また、住家の被害認定のための応援職員につきましては、これも表に記載しておりますが、7市3町から合計70名の派遣をいただいております。   もっと読む
2018-05-21 島根県議会 平成30年_総務委員会(5月21日)  本文 それで国内はもとよりあれでよくなって、さらにまた新しい開拓できると思いますけども、外国といいますか、東アジアといいますか、ここらあたりの観光客誘致みたいなことも交通政策として視野に入れて、商工労働部と一緒になって取り組む必要があるんではないかということを、松江の観光旅館業界の人たちと、この間懇談会があったときに指摘を受けましたので、いろいろどうも努力はしておられるというふうには伺ってますが、基本的 もっと読む
2018-04-16 島根県議会 平成30年_総務委員会(4月16日)  本文 こういう何もない状況の中で、じゃあ県はどうするのかっていうならば、やはり30キロ圏内の自治体が全て求めてるような協定をつくるんだという立場で、中国電力や松江とも臨むというのが、本来の広域自治体たる島根県の役割なんじゃないかなというふうに思うんです。 もっと読む
2018-03-13 島根県議会 平成30年_中山間地域・離島振興特別委員会(3月13日)  本文 具体的な事例といたしましては、浜田市弥栄の住民有志の方々が地元産の米やみそを使った保存食セットを商品化された例、また、松江の地域おこし協力隊員の方々が八雲町産の梅の販路拡大を目指しまして、調味料を開発して商品化されたといった例などがございます。  次に、めくっていただきまして、資料の2ページをごらんください。5の広報の状況についてでございます。 もっと読む
2018-03-09 島根県議会 平成30年_文教厚生委員会(3月9日)  本文 12 ◯尾村委員  松江教育委員会が設置者となるわけですから、県としての深いコメントというのはなかなかしづらいだろうというふうに思います。しかし、私はこの小中一貫校というのは、さまざまな問題点があるのではないかというふうに思うわけです。このペーパーでいえば、前期課程が6年、後期課程が3年とこうなって、修業年限9年となってるわけです。 もっと読む
2018-03-09 島根県議会 平成30年_総務委員会(3月9日)  本文 検挙件数は34件ですが、28年中に認知した事件の中で、捜査中であった出雲市での親族間による殺人事件を検挙したほか、昨年4月と5月に出雲市、松江において発生の殺人未遂事件などを検挙しております。その結果、検挙率は106.3%と全国平均の80.4%を大きく上回っており、全国で2番目の数値となりました。 もっと読む
2018-03-07 京都府議会 2018.03.07 平成30年環境・建設交通常任委員会及び予算特別委員会環境・建設交通分科会2月定例会2日目 本文 まず、松江に車で運転してまいりました。舞鶴からですと、高速を使って4時間40分。京都市内から国会議員の方にお越しいただいておりましたけれども、4時間30分ぐらいとおっしゃっていました。 もっと読む
2018-02-14 島根県議会 平成30年_議会運営委員会(2月14日)  本文 50号議案は、宍道湖流域下水道の西部処理区につきまして、関係市であります松江、出雲市の負担額を定めるものでございます。  51号議案は、安来港十神山1号護岸について、今後中国地方整備局出雲河川事務所が河川管理施設として管理をするため、無償譲渡をするものでございます。  52号、53号は、契約の締結について議決を得ようとするものでございます。  続きまして、報告は4件ございます。 もっと読む