74件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

埼玉県議会 2016-10-05 平成28年  9月 定例会-10月05日−06号

自由民主党県議団、東十一区、幸手市、杉戸選出の吉良英敏でございます。  本日は、地元から支援者の皆さんにおいでいただいておりますことを、まずもちまして心より御礼申し上げます。  今日は、人財をテーマに質問をさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。  まず、私が最も大切にしている農業政策に関して質問をさせていただきます。  

埼玉県議会 2016-03-15 平成28年  2月 予算特別委員会-03月15日−06号

ちなみに、うちの地元の杉戸というのは昭和36年には母子センターというのを役場内に設けていました。地域ではしっかりそういったところを取り組んでいるところもございますので、引き続き連携と充実をお願いできればと思います。  時間的に最後になってまいりました。最後に、ひきこもり対策について伺います。  埼玉県は昨年11月に、ひきこもり相談サポートセンターを開設いたしました。

埼玉県議会 2015-03-13 平成27年  2月 定例会-03月13日−05号

とりわけ、長年にわたり私を温かい心で育んでいただきました杉戸、松伏町、旧庄和町の皆様の御支援のおかげでありまして、深く感謝申し上げる次第でございます。  顧みますと、平成三年に地元の皆様方のおかげをもちまして初当選させていただき、この埼玉県議会に送り出していただいてから、はや二十四年の歳月が過ぎ去ろうとしております。

埼玉県議会 2014-10-10 平成26年  9月 定例会-10月10日−07号

なお、これに伴い杉戸は幸手市に、松伏町は吉川市に合区をいたします。  次に、飛び地についてですが、秩父郡は地域における特段の事情があるため、改正公選法の経過措置を適用し、飛び地解消の例外といたします。一方、児玉郡は原則どおり飛び地を解消し、神川町、上里町は本庄市に、美里町は郡を越えて深谷市、寄居町と合区し、北の選挙区の定数十を維持することといたします。

富山県議会 2013-09-11 平成25年第4回定例会(第10日・9月11日) 本文

入院につきましては、支給対象を小学校六年生までとしている自治体は、平成二十四年度は三団体だったものが、杉戸の一団体に減少する一方で、中学校三年生までが五十八団体から五十九団体に、高校三年生までが二団体から三団体にそれぞれ増加いたしました。通院につきましては、小学校就学前までが七団体あったものが、一団体に減少し、小学校六年生までが十一団体から五団体にそれぞれ減少いたしました。

埼玉県議会 2013-03-08 平成25年  2月 予算特別委員会-03月08日−03号

現在、久喜市のほか、宮代町、白岡市、幸手市、杉戸の5自治体から指定を受けております。  この事業所は、従前より夜間訪問介護事業を行っていたため、オペレーションを行う人材確保については労を費やさなかったが、利用者を確保することが大変な状況であると伺いました。職員自らが空き時間を使って全戸にチラシ配布を行い、宣伝に努め、利用者増大を進めているとのことです。  

埼玉県議会 2012-06-22 平成24年  6月 定例会-06月22日−02号

この水防団は、久喜市栗橋消防団久喜市鷲宮消防団、幸手市消防団杉戸消防団春日部市消防団、五霞町消防団という六つの消防団で構成されており、昭和二十五年から六十年以上にわたって訓練や研修、交流などが行われております。今回の演習においても積極的に訓練を重ねてきた三百三十六名の団員が実戦さながらの水防演習を行いました。  

埼玉県議会 2011-06-27 平成23年  6月 定例会-06月27日−03号

液状化の被害状況でございますが、久喜市で百六十五件、加須市で二十四件、杉戸で一件、羽生市で一件、県全体で百九十一件の被害が報告されております。  次に、埼玉県地震被害想定調査報告書の中でそれぞれ想定した事項との検証についてでございます。この調査では、東京湾北部地震茨城県南部地震立川断層帯による地震、深谷断層による地震綾瀬川断層による地震の五つの地震について被害を想定しました。

埼玉県議会 2010-12-13 平成22年 12月 定例会-12月13日−06号

例えば杉戸平成十一年に水田三ヘクタールで就農した生産者が、何と十年をもって水田を積極的に引き受け、今では三ヘクタールが四十六ヘクタールの規模になっておられます。この生産者は栽培した米を玄米もちに加工し、インターネット宅配便による販売も行っており、正に農業の六次産業化の先駆けをやっておられます。  

埼玉県議会 2010-10-06 平成22年  9月 定例会-10月06日−06号

私の地元、杉戸、松伏町、そして旧庄和町には昔至るところに、俗に言う原っぱが存在し、そこで子供たちが日が暮れるまで野球などのスポーツやおにごっこなど各種の遊びに興じていたものでございます。原っぱには適度の草が生い茂り、転んでもけが一つせず、子供たちは小さな体をいっぱいに使ってはしゃぎ回っておりました。

埼玉県議会 2010-10-01 平成22年  9月 定例会-10月01日−03号

東武動物公園駅東口通り線は、宮代町にある東武鉄道東武動物公園駅東口から杉戸の市街地を結ぶ道路です。そして、東武動物公園駅は東武伊勢崎線と東武日光線とのターミナル駅であり、かつバスが多方面に発着しており、一日約三万三千人の乗降客を擁する県東部地域の主要駅の一つとなっています。

埼玉県議会 2010-03-08 平成22年  2月 予算特別委員会-03月08日−02号

こうやって見ていただきますと、耐震化を完了しているのは加須市、羽生市、新座市、川島町、大利根町、宮代町、菖蒲町、杉戸、3市5町ですよ。  これでよくお分かりいただけたと思うんですけれども、ここで本県の「埼玉県建築物耐震改修促進計画」というのを実は平成19年に計画を作っていただいた。そこで学校という欄があります。その耐震計画の学校という欄にはどう書いてあるか。

富山県議会 2009-03-09 平成21年第1回定例会(第13日・3月9日) 本文

昨年十一月の新聞だったでしょうか、杉戸で、「ハト麦がみそ」というような見出しの新聞記事が目につきまして切り取りをしておきました。これは地元農家の人たちが休耕地にハト麦を作付して、それを地元産の米なり、あるいはその米でこうじをつくり、そして大豆を作付して、みそをつくった、それが非常に健康志向の強い現在の中では大変注目をされているという記事が載っておりました。

埼玉県議会 2008-12-10 平成20年 12月 定例会-12月10日−05号

埼葛広域農道は、吉川市、幸手市を結ぶ農道で、昭和五十六年に全線が開通され、松伏町、春日部市杉戸を通過している総距離十八・六五キロメートルで、幸手市から県道下吉羽幸手線として鷲宮町、加須市に向かう県道に接続されています。広域営農団地農道整備事業による農業道路を広域農道と呼ぶそうであります。  

埼玉県議会 2008-10-01 平成20年  9月 定例会-10月01日−04号

杉戸ではNPOが、宮代町では社協の障害者施設が取り組み、熊谷では一リットル四円の奨励金を出して廃食油を指定場所に集め、幼稚園の送迎に使うらしいです。  これらの事例からも分かるように、廃食油を使ったBDF事業は、浅く広くネットワーク型に展開することで普及が進んでいくものと考えております。