31911件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-22 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号

ほど公害対策特別委員長から御報告のありました公害対策特別委員会の審議の結果を踏まえて協議を行ったところでありますが、委員から、今回は継続発行の第一回目でもあり、国の誠意を占うバロメーターの一つとして、資金運用部資金の充当率の引き上げが重要と考えられるが、国の対応はどうかとの質疑があり、これに対し、執行部から、国とは五十五年度以降の県債発行の際にも充当率について突っ込んだ論議がなされたが、その後余り期間

熊本県議会 2045-06-16 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号

新規採用教員研修が今年より二泊三日の期間青年の家で行われまして、きわめて好評でありました。大学教育に期待できない現状では、採用後三カ年ぐらいの中で思い切った研修を実施されてみてはどうかということであります。大学教育養成期間教育実習は余りにも短か過ぎるということであります。教師は、きわめて実践的な職業であります。

熊本県議会 2045-06-15 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号

これは参考まででありますけれども、この建設期間も、水力、火力になりますと十年から二十年はかかりますが、地熱発電所は五年ぐらいの短期間でできるのがまた特徴でもあります。それから、ここに発電所建設した場合の試算がございますが、建設をして六年までは、建設費、金利の返済で赤字になりますが、七年目からは黒字に転換をします。

熊本県議会 2045-06-14 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号

その上、償還期間が来て一年以上経過した固定化負債を抱える農家が五九・二%、借入金農家の三分の二、一戸当たりの固定額も七百二万円に達しているというふうに言われておるわけであります。私の知人の場合も全くそのとおりで、これまで三世帯共同で行ってきた養豚も、赤字に次ぐ赤字で、一人去り、また一人、いまでは彼一人で営んでいるわけであります。

青森県議会 2019-09-30 令和元年第299回定例会(第5号)  本文 開催日: 2019-09-30

更新周期、更新費用、ランニングコストなどを踏まえれば、一斉に交換することは不可能であることは理解しますが、実証試験期間中においても、吹雪の日には信号灯器の色が見えないほどの状態となっていた昨シーズンであります。ことしも間もなく冬が訪れます。基本計画に住んでよしの青森県を掲げる以上、冬期間の雪と向き合っていく中で、生活環境の充実はもちろんのこと、安全・安心の提供も求められます。  

青森県議会 2019-09-26 令和元年第299回定例会(第3号)  本文 開催日: 2019-09-26

さらに、準備期間が足りないと、施設側は申請書作成や保護者への説明にてんやわんやでした。国の制度設定の不備を補う形で、各自治体で独自策を講じている実態が浮き彫りになったという新聞報道に同感しています。  この幼児教育保育の無償化は以前にも取り組んできましたが、なかなか結論が出ずに来ました。ようやくここに来て実現化されることになったのですが、一つだけ心残りがあります。

石川県議会 2019-09-24 令和 元年 9月24日総務企画県民委員会-09月24日-01号

従来は、年度末までに原因の発生した収入は、次年度の4月、5月の出納整理期間中に入金されれば当年度の収入となっていたところですが、この会計制度の変更に伴い、平成30年度は出納整理期間のない打ち切り決算となったため、4月に納付される3月分の下水道使用料等が令和元年度の収益となり、平成30年度決算では資金不足が生じたという形になっているものです。  

富山県議会 2019-09-24 令和元年 保健福祉常任委員会 会期中(第2日・9月24日)本文

こちらのほうは、厚生労働省のほうからどうやって確認するんだという通知がきちんと出ておりまして、こちらのほうでまずパスポートを確認しなさいよ、該当出産が渡航期間に行われているか確認しなさいよですとか、出産したところの法的な証明書があるかどうかというようなことと、本人さんから照会するけれども、いいねという同意書をとりなさいとかというようなことで、そういう不正な請求がもし認められたら、不正請求かなということで

富山県議会 2019-09-24 令和元年 総務財政常任委員会 会期中(第2日・9月24日)本文

平成三十年度がその評価替えの年度になりまして、家屋の主な増減内訳ですが、新増築家屋分の増によりまして、約二億九百四十四万円の増、新築住宅の軽減期間が終了したことによりまして、約一億九百四万円の増でしたが、今申し上げました三年に一度の評価替えによりまして、約四億五千九百八十五万円の減、それから滅失によりまして三千六百五万円の減等によりまして、家屋の合計では前年度対比で約二・一一%、税額で約一億九千四十二万円

石川県議会 2019-09-20 令和 元年 9月20日予算委員会−09月20日-01号

◎徳田博 商工労働部長  石川フェアでございますけれども、パリのほうではミシュランの一つ星レストランにおきまして来年の1月から約2カ月間にわたり開催をし、フェアの期間を通じてランチ及びディナーのコースで石川県の地酒、発酵食品を生かした料理を伝統的工芸品の器で提供いたしますとともに、これらの県産品を販売することといたしております。

富山県議会 2019-09-20 令和元年 文化教育常任委員会 会期中(第1日・9月20日)本文

67 片野広隆委員 工場がある所管の保健所が立ち入って検査して結果が出てくるんでしょうが、その結果次第によって、当面、一年間は契約しないとか、二年間は契約しないという、結果の内容によって川越市としての契約しない期間という基準がない中で、どう対応されるんですか。      

富山県議会 2019-09-20 令和元年 総務財政常任委員会 会期中(第1日・9月20日)本文

25 地域創生課長 総合戦略平成二十七年度から今年度までが一応五年間の期間となっておりますが、ものづくり長屋川越であったり、いわゆるインキュベーション施設ですね。それからグリーンツーリズム、蔵inガルテン川越等、まだ進捗におくれのあるものもありますので、その辺の成果をしっかりと、今は進捗管理をしていきたいということを考えております。