36726件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-01 06月16日-06号

平成57年 6月 定例会┌──────────────────┐│  第 六 号(六月十六日)    │└──────────────────┘ 昭 和 五十七年 熊本県議会六月定例会会議録   第六号―――――――――――――――――――――――――――昭和五十七年六月十六日(水曜日)   ――――――――――――――――――――   議事日程 第六号  昭和五十七年六月十六日(水曜日)午前十時開議

熊本県議会 2045-06-01 06月07日-01号

平成57年 6月 定例会┌──────────────────┐│  第 一 号(六月七日)     │└──────────────────┘ 昭 和  五十七年 熊本県議会六月定例会会議録   第一号―――――――――――――――――――――――――――昭和五十七年六月七日(月曜日)   ――――――――――――――――――――   議事日程 第一号  昭和五十七年六月七日(月曜日)午前十時開会

熊本県議会 2045-06-01 06月15日-05号

その後、本格的な地熱開発は、昭和二十三年に工業技術院が別府市で試錐に成功、これを利用して昭和二十六年には三十キロワットの発電に成功しております。 一方、本県の地熱開発は、昭和二十六年、小国地方を主体に、南阿蘇を含めた阿蘇全域の観測を通産省の指導で実施したのが始まりです。その後、本格的な地熱開発昭和四十年から行われました。その間十四本のボーリングに成功しております。

熊本県議会 2045-06-01 06月14日-04号

平成57年 6月 定例会┌──────────────────┐│  第 四 号(六月十四日)    │└──────────────────┘ 昭 和 五十七年 熊本県議会六月定例会会議録   第四号―――――――――――――――――――――――――――昭和五十七年六月十四日(月曜日)   ――――――――――――――――――――   議事日程 第四号  昭和五十七年六月十四日(月曜日)午前十時開議

熊本県議会 2045-06-01 06月12日-03号

平成57年 6月 定例会┌──────────────────┐│  第 三 号(六月十二日)    │└──────────────────┘ 昭 和 五十七年 熊本県議会六月定例会会議録   第三号―――――――――――――――――――――――――――昭和五十七年六月十二日(土曜日)   ――――――――――――――――――――   議事日程 第三号  昭和五十七年六月十二日(土曜日)午前十時開議

熊本県議会 2045-06-01 06月11日-02号

平成57年 6月 定例会┌──────────────────┐│  第 二 号(六月十一日)    │└──────────────────┘ 昭 和 五十七年 熊本県議会六月定例会会議録   第二号―――――――――――――――――――――――――――昭和五十七年六月十一日(金曜日)   ――――――――――――――――――――   議事日程 第二号  昭和五十七年六月十一日(金曜日)午前十時開議

熊本県議会 2045-06-01 06月22日-07号

平成57年 6月 定例会┌──────────────────┐│  第 七 号(六月二十二日)   │└──────────────────┘ 昭 和 五十七年 熊本県議会六月定例会会議録   第七号―――――――――――――――――――――――――――昭和五十七年六月二十二日(火曜日)   ――――――――――――――――――――   議事日程 第七号  昭和五十七年六月二十二日(火曜日)午前十時開議

愛知県議会 2021-03-23 令和3年議会運営委員会〔資料〕 開催日: 2021-03-23

令和三年三月二十三日提出                              議会運営委員会                               委員長 須 崎 か ん    愛知県議会委員会条例の一部を改正する条例  愛知県議会委員会条例昭和三十一年愛知条例第二十号)の一部を次のように改正する。  第二条の表建設委員会の項中「都市整備局」を「都市交通局」に改める。    

石川県議会 2021-03-18 令和 3年 3月18日環境農林建設委員会-03月18日-01号

夜間利用を行っていたのですが、昭和55年に設置された照明塔で、老朽化が進んでいるということで今年度中に撤去ということです。  夜の利用もそれほど多くはなかったということもあり、今回そのような形にしたということです。 ◆太田臣宣 委員  この説明をこの委員会で受けるのは初めてでしょうか。前に説明を受けたでしょうか。 ◎安田秀樹 農林水産部長  すみません。

兵庫県議会 2021-03-03 令和 3年産業労働常任委員会( 3月 3日)

しかし、この条文は昭和23年の改正法により設けられた規定であり、現在の実態に即しているのかは議論の余地があり、継続審議を主張する。  継続審議が認められなかった場合は、所得税法第56条は過去に多くの裁判で争われており、生計を一つにする親族の給与経費算入についての考え方は、ケースバイケースで難しい局面があるが、この規定がなければ、意識的に税回避ができてしまうという実態がある。  

兵庫県議会 2021-03-01 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第6日 3月 1日)

この兵庫津の集客はこの施設ミュージアム単体ではなくて、数々の史跡、奈良・平安時代から明治、昭和成長期まで数々の史跡が残ります町全体で考えていきたいと思っております。地元では多くの人々を兵庫津まちにいざないたいということで、まち歩きのガイドの皆さんが今も活動をされております。また、市役所の協力によりまして運河沿いのプロムナードなどの環境整備も進んでおります。

東京都議会 2021-02-26 2021-02-26 令和3年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文

協定においては、昭和大学江東豊洲病院への救急艇による傷病者の搬送に関する協力要請について定められています。こうした救急艇の運用に関して、大会期間中における防災船着き場などの使用や係留を認めるなど、都は可能な支援を行っていくべきですが、見解を求めます。  次に、東京臨海部にある東京夢の島マリーナ環境改善について質問します。  

兵庫県議会 2021-02-26 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第5日 2月26日)

平成に入り、成熟社会へと軌道修正を余儀なくされましたが、なお、昭和成功体験が忘れられず、大都市圏へのヒト・モノ・カネの流れを変えるまでに至っておりません。その流れが続く中で、先ほどの質問でも触れましたように、日本の国の持続性も左右する地方社会の消滅の可能性が顕著となっているところでございます。  

東京都議会 2021-02-25 2021-02-25 令和3年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文

美濃部知事昭和四十三年、百年以上続く優良商店東京都四団体が百年記念表彰を行いました。表彰された地元老舗企業からでした。六代目となり、表彰状は社宝として今も飾られ、評価されたことで社員の志気も高まります。経済的支援のほかに、表彰制度など今後検討されてもいいのではないでしょうか。東京百五十年、東京二百年と、日本は世界一の老舗企業数です。  

兵庫県議会 2021-02-24 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第3日 2月24日)

昭和40年、1965年と平成27年、2015年における50年間での米価人件費の伸びを比較すると、米価は約4倍になっていますが、高卒公務員人件費は約10倍となっており、実質的に米価は大きく下落したと捉えることができます。淡路に代表されるタマネギやレタス栽培などの野菜や果樹栽培、酪農などの畜産については、施設整備などの資本集中をすれば経営は安定すると思われます。

兵庫県議会 2021-02-12 令和 3年文教常任委員会( 2月12日)

それが昭和40年代ぐらいに1回途絶え、今から10年ほど前くらいに、地域の方がやはり重要な祭りだということでちょっと形を変えて再開されて、毎年はできないので、5年に1回という形でやられている。そういったことも含めて、郡部だけではなくて、都市部でも忘れ去られていきそうな重要な祭りというか風習も含めてあると思うので、ぜひ発掘してもらい、登録数も増やしていくことをしていってほしいと思う。

兵庫県議会 2021-02-12 令和 3年農政環境常任委員会( 2月12日)

木材価格では、昭和55年のように大きな上昇は期待できないので、いかに生産にかかるコストを下げていくかというところに重点を置いている。 ○(中田慎也委員)  林業の収益性向上の上で、いったいどこを改善すれば、一番収益性が向上するのか。ニーズはあるけれども、なかなか供給するのが難しいという文脈でとらえたので、ではどうやったら、その供給量を間単に上げることができるのかなと考えていた。  

石川県議会 2021-02-09 令和 3年 2月 9日総務企画県民委員会-02月09日-01号

令和2年の出火件数は215件と、前年に比べ8件の減少となっており、昭和53年の588件をピークに減少傾向が続いています。このうち、住宅火災については80件であり、前年に比べ10件増加しています。  次に、死者は23人で、前年に比べ14人増加しており、そのうち住宅火災による死者は16人と、前年に比べ11人の増加となっています。また、住宅火災死者のうち10人が65歳以上の高齢の方となっています。