25915件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東京都議会 2020-02-28 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文

かくいう私も昭和四十三年生まれ、都民の日である十月一日が誕生日で、満五十一歳ですが、これまでご縁なく、結婚したことがございません。未婚を選択する、あるいは選択せざるを得ない理由については、さまざまな意見がございますが、若者の経済的な不安が理由との指摘は多くあるように思います。  一昨年、私は我が会派有志とともに、台湾の高雄で開催された台日交流サミットに参加しました。

東京都議会 2020-02-27 2020-02-27 令和2年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文

次に、東京二〇二〇大会期間中の第五福竜丸展示館についてでございますが、第五福竜丸展示館は、都立夢の島公園内に昭和五十一年に設置され、これまで約五百六十万人が来館し、実物の「第五福竜丸」を通じて被爆の状況を学んでいます。また、展示資料の貸し出しにより広く普及に努めてまいりました。  

石川県議会 2020-02-10 令和 2年 2月10日総務企画県民委員会-02月10日-01号

初めに、令和元年の出火件数は223件と、前年に比べ20件の減少となっており、昭和53年の588件をピークに減少傾向が続いています。  このうち、住宅火災については73件であり、前年に比べ18件増加していますが、平成30年の55件は、統計を取り始めた昭和47年以降、最も件数の少ない年であったこともあり、相対的に令和元年は増えていますが、令和元年の73件は少ないほうから数えて5番目です。  

青森県議会 2020-01-21 令和2年文教公安委員会 本文 開催日: 2020-01-21

これは現行の統計制度となりました昭和23年以降で最少の数値であり、戦後最多を記録した平成14年と比較しますと、約5分の1となっております。  次に、昨年中の交通事故の状況ですが、発生件数、死者数、負傷者数のいずれも前年より減少し、特に死者数につきましては、全国統一の統計となりました昭和41年以降で最少の37人に抑止することができました。

石川県議会 2020-01-17 令和 2年 1月17日厚生文教委員会-01月17日-01号

文化財防火デーは、昭和24年1月26日に現存する世界最古の木造建造物である法隆寺の金堂が炎上し、壁画が焼損したことに基づいているもので、昭和30年に当時の文化財保護委員会国家消防本部により、文化財火災震災、その他の災害から守るとともに、全国的に文化財防火運動を展開し、国民一般の文化財愛護に関する意識の高揚を図るために制定をされたものです。  

滋賀県議会 2019-12-20 令和 元年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月20日-07号

記  意見書第22号   新たな過疎対策法の制定を求める意見書(案)            ………………………………………………………………………………  過疎対策については、昭和45年に過疎地域対策緊急措置法が制定されて以来、4次にわたる特別措置法の制定により、総合的な過疎対策事業が実施され、過疎地域における生活環境の整備や産業の振興など一定の成果を上げてきたところである。  

茨城県議会 2019-12-20 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 開催日: 2019-12-20

これまで,都道府県は,昭和27年に制定された主要農作物種子法に基づいて,稲,麦,大豆の優良種子の生産や普及に取り組んでまいりました。  しかし,種子法は,多様な需要に応じた種子の供給が行われる環境の整備などを理由として,平成30年4月1日に廃止されたところであります。  本県は,全国有数の農業県であり,平成30年度の稲の作付面積は全国第4位,麦は全国第5位であります。

石川県議会 2019-12-19 令和 元年12月19日厚生文教委員会-12月19日-01号

◎田中新太郎 教育長  最初の質問に先にお答えしますが、昭和22年に学校教育法施行されて以来、体罰は一貫してだめだということになっています。そこは変わっていません。ただ、過去にはそういうことが見て見ぬふりをされていたということであろうと思います。だから、根本的には変わっていません。最近はそこがきちんと口頭で指導する、説諭により指導する、きちんと本人に理解させる。

石川県議会 2019-12-18 令和 元年12月18日予算委員会−12月18日-01号

次に、大聖寺川についてでありますが、この大聖寺川については昭和56年に大変大きな浸水被害がありました。これまでに河川改修や九谷ダムの整備などによりまして、幸いにも近年では家屋等への浸水被害もなくなりました。整備効果を大変ありがたく実感をしておりますが、近年この大聖寺川に、大聖寺の市街地、中流部のJR橋の下あたりから国道8号線橋の上流部の間の河川敷に大きな樹木やら竹の林が茂ってまいりました。

鹿児島県議会 2019-12-18 2019-12-18 令和元年第4回定例会(第7日目) 本文

なお、この規定は、戦後間もない昭和二十五年の税制改正において創設されたものであり、これまで長年にわたって改善を求める声が続いてきました。その結果、現在では、所得税法第五十六条廃止を求める決議及び意見書は、全国五百二十三の自治体で可決されています。  このような現状を踏まえ、本陳情は採択すべきであると考えます。  

茨城県議会 2019-12-17 令和元年決算特別委員会  本文 開催日: 2019-12-17

ただし,昭和56年以前の旧耐震基準建築された建物につきましては,老朽化が著しく,躯体の健全性が十分確保されていないほか,建物や敷地が狭隘であるなど,県民に御不便をおかけしている状況にありますので,目標使用年数を待たずに建てかえを検討してまいります。  また,交番,駐在所については,30年としていた木造建築物使用年数の目標を50年に延伸し,計画的に改修してまいります。

佐賀県議会 2019-12-16 令和元年スポーツ振興対策等特別委員会 本文 開催日:2019年12月16日

佐賀県におけるニュースポーツの普及につきましては、昭和五十一年の若楠国体以降進められてきたところでございまして、現在は数種目のニュースポーツが県の協会として設立をされております。  協会設立につきましては、競技団体の下部組織として設立をされたソフトバレーボール、それから、企業が推し進める形で設立をされましたバウンドテニス、また、市町による普及、そして、協力のもとで設立をされた協会もございます。

石川県議会 2019-12-13 令和 元年12月第 5回定例会−12月13日-04号

小松空港ビルは昭和五十六年に完成して以来、国際線の増築を初めいろいろ手が加えられ、現在の姿になっているということですが、その間に旅客便では大韓航空を初め中国東方航空、エバー航空、タイガーエア台湾、キャセイパシフィック航空などが定期便を就航させまして、タイ国際航空でもチャーター便が何便も往復するなど海外からの乗客を多く運ぶようになりました。

茨城県議会 2019-12-13 令和元年総務企画常任委員会  本文 開催日: 2019-12-13

授業料減免事業につきましては,委員から御案内のとおり,経済的理由にかかわらず生徒の就学の機会を確保するため,昭和55年度から県単独事業として始めたところでございます。その時点では保護生活保護世帯と配慮を要する世帯に対する補助として始めさせていただいたところでございます。  

茨城県議会 2019-12-13 令和元年防災環境産業常任委員会  本文 開催日: 2019-12-13

本県では,昭和36年からこれまでに270の組合等に対し,合計で約561億円の貸付を行い,中小企業等の新たな事業展開につなげてまいりました。平成13年度以降は新規貸付を行っておらず,債権管理と回収のみを行っております。本年3月末現在の貸付残高,(B)のところですが,貸付先16組合で,元金残高が約59億円となっております。

鹿児島県議会 2019-12-12 2019-12-12 令和元年企画観光建設委員会 本文

私、先日、住民の方からお電話をいただいてお伺いしましたら、もう少し上流のほうの、以前昭和四十六年に洪水が起こった地域の付近なんですが、そこがもう河川というよりも森みたいな状況になっておりまして、先日ありました大雨の際には、本当にぎりぎりだったということで大変危惧されていらっしゃいました。