546件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

千葉県議会 2020-02-01 令和2年2月定例会 発議案

令和  年  月  日                      千葉県議会議長    内閣総理大臣    外務大臣    あ て    農林水産大臣    経済産業大臣 発議案第9号  「米地位協定」の見直し・改訂を求める意見書について   上記議案を別紙のとおり千葉県議会会議規則第14条の規定により提出します。   

千葉県議会 2020-02-01 令和2年2月定例会 発議案取扱状況

    │  │ │   │書について                   │         │       │         │    │    │    │水産、経済産業    │    │  │ ├───┼────────────────────────┼─────────┼───────┼─────────┼────┼────┼────┼───────────┼────┼──┤ │   │「米地位協定

群馬県議会 2019-12-16 令和 元年 第3回 定例会−12月16日-付録

───────────────────┐ │番号 │件          名                        │ ├───┼────────────────────────────────────┤ │   2│日本政府核兵器禁止条約参加・調印・批准を求める意見書提出に関する請願│ ├───┼────────────────────────────────────┤ │   3│米地位協定

群馬県議会 2019-12-16 令和 元年 第3回 定例会−12月16日-12号

──────────────────┼──┼───┼──┼──────────┤ │  2│日本政府核兵器禁止条約参加・調印・批准を求め│  │   │○ │(多数をもって決定)│ │  │る意見書提出に関する請願            │  │   │  │          │ ├──┼────────────────────────┼──┼───┼──┼──────────┤ │  3│米地位協定

鹿児島県議会 2019-12-10 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第6日目) 本文

さらに、在日米軍駐留経費に関して、米地位協定が定めた施設及び区域の借地料に加えて、我が国は、思いやり予算で、基地従業員の労務費や施設整備費を負担してきました。  せんだっての報道で、アメリカのトランプ大統領が安倍総理に、この思いやり予算のさらなる増額を求めたとあったのは、このことであります。  

東京都議会 2019-12-10 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第19号) 本文

米地位協定を改定して、自治体による立入調査権を初め米軍基地への国内法を適用させることは急務です。  全国知事会と連携するのは当然ですが、それにとどまらず、沖縄県などと力を合わせて、首都の知事として、先頭に立って取り組むべきです。  知事の答弁を求め、再質問留保して、質問を終わります。

群馬県議会 2019-12-06 令和 元年第3回定例会総務企画常任委員会(企画部関係)−12月06日-01号

次に、米地位協定の見直しについて伺う。  昨年7月に、全国知事会において「米地位協定の見直し」の決議がされ、政府へ提言したところであり、全国の議会でもこの提言を踏まえた意見書採択が広がっている。群馬県においても、本議会請願が出ている。今年の7月時点で、7つの道府県と152の市町村で意見書が提出されているが、県としてはどう考えるか。

北海道議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会-12月03日-04号

次に、日米共同訓練と米地位協定についてです。  年明けに行う予定とされる日米共同訓練で、オスプレイの訓練参加報道され、千歳市が道内で初めての補給拠点とされています。  これまでの事故を踏まえ、オスプレイの飛行が道民の安全を脅かすものと知事は認識していないのですか。  日米共同訓練の住民生活への影響について、道は調査をしていませんが、なぜ行わないのか、伺います。  

栃木県議会 2019-12-03 令和 元年度栃木県議会第361回通常会議−12月03日-03号

国の専権事項とされていた安全保障の問題に関して、米軍基地の負担軽減に関する提言として米地位協定の抜本的な見直し、ここまで踏み込んで要望されたということ、これは大変重いと思います。この立場で取り組みをぜひ進めていただくことがそれぞれの県にも求められているのではないかと思います。

京都府議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第7号)  本文

こんな危険きわまる異常事態が放置されている大もとには、米地位協定存在があります。危険な日米合同演習とオスプレイの飛行中止をアメリカ政府に求めるとともに、米地位協定の抜本的見直しを行うべきです。  次に、「温室効果ガスの本格的削減に向けた取組を求める意見書案」についてです。  スペイン首都・マドリードで国連気候変動枠組条約第25回締約国会議、COP25が先日閉会いたしました。

島根県議会 2019-11-09 令和元年11月定例会(第9日目) 本文

国に、米軍に治外法権的な特権を与えている米地位協定の抜本的な見直しを強く要求すべきであります。  第10に、県民の命と安全を守ることこそ県政の最大の使命であります。安全な原発などあり得ません。実効ある避難計画は未策定であります。使用済み核燃料、高レベル放射性廃棄物の処理方法は未確立であり、核燃料サイクルは既に破綻しています。県民の笑顔と幸せを奪い去るのが原発事故であります。

香川県議会 2019-11-04 令和元年11月定例会(第4日) 本文

その大もとには、日米安保条約とそれに基づく米地位協定があります。  昨年七月、全国知事会は、米軍基地負担に関する提言を行い、米地位協定の抜本的見直しを求めました。その内容は、米軍機の低空飛行訓練で騒音調査を行い、訓練ルート、訓練時期について速やかな事前情報提供を必ず行うこと、米地位協定を抜本的に見直し、航空法環境法令など国内法を米軍に適用させる。

島根県議会 2019-11-03 令和元年11月定例会(第3日目) 本文

日本の空で危険な飛行が繰り返されるのは、米軍に治外法権的な特権を与えている米地位協定があるからであります。米軍に、全国どこでも部隊を自由に配備し、国内法を無視した訓練を認めるなどの異常な特権を与えている米地位協定を、抜本的に見直すべきであります。無法な米軍機の低空飛行訓練の即時中止を国に強く求めるべきであります。所見を伺います。  次に、ダム管理体制とダムの事前放流について伺います。  

滋賀県議会 2019-10-07 令和 元年10月 7日総務・企画常任委員会-10月07日-01号

10 一般所管事項について   なし 11 米地位協定の見直しを求める意見書(案)について (1)質疑、意見等 ◆細江正人 委員  既に進んでいることですので、あえてここで意見書を出す必要がないということです。 ◆塚本茂樹 委員  全体的に、特に問題もないので、賛成です。 ○目片信悟 委員長  自民党はどうです。 ◆細江正人 委員  反対です。

北海道議会 2019-10-04 令和元年第3回定例会-10月04日-08号

昨年10月、道議会において、米地位協定のあるべき姿への見直しを求める意見書が全会一致で可決されました。  「本道にも米軍専用施設である千歳の通信施設のほかに17施設が所在している。また、本道の矢臼別演習場においても沖縄の米海兵隊による実弾射撃訓練の本土移転に伴い、平成9年からその実施を受け入れている。」と指摘した上で、全国知事会の米軍基地負担に関する提言が決議されたことを取り上げています。  

群馬県議会 2019-10-01 令和 元年第3回定例会総務企画常任委員会(企画部関係)-10月01日-01号

◎延命 企画課長   (第3号「米地位協定の抜本的改定を求める意見書を国に提出することを求める請願」について説明した。) ○井下泰伸 委員長   説明は終わりました。  第3号の取扱いについて、いかがいたしましょうか。  (「継続」の声あり。)  それでは、挙手により賛否を問います。  継続に賛成の委員は挙手願います。  (挙手多数)  挙手多数であります。  よって継続と決定いたします。