879件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北海道議会 2019-10-01 令和元年第3回予算特別委員会第2分科会−10月01日-04号

◎(黒須食関連産業参事) 輸出拡大に向けた課題についてでありますが、本年上期の主な増加要因としては、タイ向けのサケ・マスや中国向けの米、香港向けの日本などが順調に推移していることが挙げられます。  一方、減少要因は、噴火湾産のホタテガイの減産のほか、菓子類に関し、大手企業の製造工場が道外拠点へ集約されたことや、ナガイモの収量が平年をやや下回ったことなどが挙げられます。  

北海道議会 2019-09-30 令和元年第3回予算特別委員会第1分科会−09月30日-03号

先日、9月26日に東京で開催したセミナーでは、知事や、道内の五つの市町の市長と町長からのプレゼンテーション、包括連携企業からの応援実績等の紹介、本道とゆかりのある著名人の方からのビデオメッセージなどに加え、道産食材やワイン日本などを提供しながら開催した交流会では、参加された方々とのネットワークづくりはもとより、ウポポイ開設PRアンバサダーの宇梶剛士氏にも御参加をいただき、アイヌ古式舞踊を紹介するなど

茨城県議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第9号) 本文 開催日: 2019-09-26

,つくば霞ヶ浦りんりんロードのナショナルサイクルルート正式指定への取り組みについて,生活環境関係では,本県における文化振興について,防災危機管理関係では,東海第二発電所の再稼働問題について,保健福祉関係では,ICTを活用した遠隔医療の推進について,医療的ケア児への支援について,営業戦略関係では,MICE誘致について,産業戦略関係では,県内中小企業の人手不足の解消に向けた県の取り組みについて,県産日本

石川県議会 2019-09-13 令和 元年 9月第 4回定例会−09月13日-03号

みずからの都道府県で栽培した酒米を使い、その都道府県日本をつくるということは、その都道府県日本のブランドイメージにすごくプラスに働く要素であるでしょうし、調達など経済面からもプラスであることが予想できます。そこで、恐らく全国の都道府県でも同じコンセプトで開発されている酒米はあるのではないかと推測するところです。

石川県議会 2019-07-12 令和 元年 7月12日観光・文化スポーツ・海外対策特別委員会-07月12日-01号

その下の欧州ですが、欧州では近年、日本、発酵食品などのいわゆる和食の人気が高まっていることに加え、本年2月のEPAとの経済連携協定が発効し、県内企業の欧州への輸出拡大の追い風になっていることから、先般、ロンドン及びパリにおいてビジネス商談会を開催しました。  

北海道議会 2019-07-10 令和元年第2回予算特別委員会−07月10日-02号

このため、北海道米の中国輸出施設の登録や牛肉の米国輸出施設の認定といった新たな動きも追い風に、第2期食の輸出拡大戦略に基づき、米、牛肉日本などを重点品目として、ジェトロや海外事務所からの情報収集、海外のどさんこプラザの活用や商談会の開催などを通じ、現地のニーズや市場の状況を把握し、マーケティングを行いながら、目標の達成に向け、私自身が先頭に立って取り組んでまいります。

北海道議会 2019-07-08 令和元年第2回予算特別委員会第2分科会−07月08日-03号

品目別では、米については、これまで取り組んできた香港や米国などに加えまして、新たに、精米の輸出可能施設が登録された中国を、日本につきましては、香港中国に加えて、日EU・EPA協定締結され、和食文化の浸透で日本料理店が多いEUを、また、牛肉につきましては、ベトナムシンガポールなどの東南アジアに加えて、新たに輸出可能施設が認められた米国を、今後さらに輸出拡大が期待できる国と位置づけて、農畜産物等

北海道議会 2019-07-05 令和元年第2回予算特別委員会第2分科会−07月05日-02号

北海道でも、日本の生産に適した酒米が品種開発され、作付面積が増加傾向にあり、道内の酒造メーカーによる使用割合もふえていると伺っているところでございます。  現在、酒米の品種ごとの生産実績と、道内の酒造メーカーにおける道産酒米の利用率はどのようになっているのか、お聞かせ願います。

北海道議会 2019-07-03 令和元年第2回定例会-07月03日-07号

今月末には、私もシンガポールを訪問し、「食とワインの夕べ」を初め、食や観光のプロモーションを行うこととしており、産地の風景等に加え、ワイン日本と道産そばといった組み合わせを提供し、PRするなど、北海道ならではの自然や歴史、風土に培われたさまざまな食、観光文化の魅力を織りまぜながら、道産食品の一層の輸出拡大につなげてまいる考えであります。  

長野県議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会産業観光企業委員会-07月02日-01号

   晃    産業労働部長               林   宏 行    雇用・就業支援担当部長          福 田 雄 一    産業労働参事産業政策課長        渡 辺 高 秀    産業立地・経営支援課長          小 林 真 人    創業・サービス産業振興室長        丸 山 祐 子    ものづくり振興課長            西 原 快 英    日本

長野県議会 2019-07-01 令和 元年 6月定例会産業観光企業委員会-07月01日-01号

   晃    産業労働部長               林   宏 行    雇用・就業支援担当部長          福 田 雄 一    産業労働参事産業政策課長        渡 辺 高 秀    産業立地・経営支援課長          小 林 真 人    創業・サービス産業振興室長        丸 山 祐 子    ものづくり振興課長            西 原 快 英    日本

愛媛県議会 2019-06-27 令和元年経済企業委員会( 6月27日)

されるということになりますけれども、その際に地元小学生などによる歓迎、それからサイドイベントの一つとして、働き方を変革するAIやIоT、5G、ロボットといった先進技術を展示紹介いたします「えひめ未来のしごと博」を開催するよう準備しておりますけれども、こちらの方への視察の御案内のほか、夜の歓迎レセプションでは、本県の誇りますブランド産品でございますとか地元食材をふんだんに活用いたしましたお食事を提供いたしますとともに、地元の日本

長野県議会 2019-06-26 令和 元年 6月定例会本会議-06月26日-03号

また、地元としては、エクスカーションにおきます施設の見学や歓迎夕食会における県産の食材や日本ワインの提供、さらにはG20イノベーション展への長野県ブースの設置などを通じて、さまざまな本県の魅力や先駆的に取り組んできている環境エネルギー施策などを発信することができたというふうに考えております。  

石川県議会 2019-06-21 令和 元年 6月21日商工観光公安委員会-06月21日-01号

欧州においては、近年、日本、発酵食品など和食の人気が高まっていることに加え、本年2月、日本とEUとの経済連携協定が発効し、県内企業輸出拡大の追い風となっていることから、去る5月31日にはロンドン、6月3日にはパリにおいて、日本食品、伝統工芸品など現地バイヤーに売り込むビジネス商談会を開催しました。  

栃木県議会 2019-06-18 令和 元年度栃木県議会第357回通常会議−06月18日-04号

そこでは、国際会議や学会などに来た人にイチゴを食べさせたり、「獺祭」のように日本を飲ませたりすると、栃木県の県産品が広がるのではないか、こういったアプローチの仕方もあるのではないかと思っています。2022年8月にコンベンション施設が供用開始ということでお聞きしておりますので、ぜひとも仕組みをいろいろ考えていただきたいと思っています。  次の質問に移らせていただきます。

滋賀県議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会議(第2号〜第8号)−06月17日-02号

PRイベントでは、県内7つの蔵元の日本を提供し、来場した北京の商社の幹部からは、早速、滋賀県の地酒の取り扱いをふやしたいとのオファーがあったということであります。商談の成約に期待が集まりますが、実際には、帰国後、観光振興局から滋賀県酒造組合に引き継がれただけで、これでは観光振興局に地酒振興の担当者がいる意味がないどころか、成約に向けた県のやる気が全く感じられないことに愕然としてしまいます。  

茨城県議会 2019-06-17 令和元年防災環境産業常任委員会  本文 開催日: 2019-06-17

あともう1点,先ほど,これは産業政策課の海外販路開拓促進事業についてちょっとお尋ねしたいんですが,これはページで言うと産業戦略部資料1の2ページ,海外販路開拓促進事業の11社においては,全部エントリーしているところは展示会,それで単一業種で例えば名前を上げてよろしいかどうかわかりませんが,アメリカロサンゼルスサクラメントで稲葉酒造さんが日本の販路拡大においてエントリーされてきたということで,1