運営者 Bitlet 姉妹サービス
54467件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 自然公園の利用人口が増大している中で、清潔な自然環境のもとで快適な公園の利用を図るためには、公園施設の適切な維持管理と、利用者に対する啓蒙と親切なサービスが不可欠である。 もっと読む
2045-06-16 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号 また、木造の建物は老朽化し、恐らく九州はもとより全国的にも最もお粗末な歴史的施設ではないかと推察いたし、これでは農業県熊本として憂慮にたえないところであります。  県農業技術レベル向上の推進機関である試験研究機関、特に中核機関ともなるべき農業試験場の整備について知事の所信をお伺いいたします。  次に、干拓地における排水対策についてお伺いいたします。   もっと読む
2045-06-15 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号 痴呆性老人の短期保護事業でございますが、介護しております家族の方々が病気をしたり、あるいは旅行に出かけたりいたしまして、一時的に介護が困難となります場合は、医療施設なりあるいは福祉施設のサービスが必要になってくると存じております。  現在、県内には二十八の特別養護老人ホームがございまして、自宅で介護が困難な二千五百名のお年寄りの方々をお世話いたしておるところでございます。 もっと読む
2045-06-14 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号 具体的には、水田転換、未利用地、野草地等を利用した飼料作物の作付や機械施設の整備等を行うことによりまして、粗飼料自給率の向上を積極的に進めてまいりたいと考えております。  特に、水田転作における飼料作物の作付面積は五十六年度約七千ヘクタールとなっており、本県の畜産振興へ多大の寄与をしているところでございます。 もっと読む
2045-06-12 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号 また、上質茶生産のためには晩霜害対策が不可欠の条件でありますので、本年度は新地域農業生産総合振興対策事業等によりまして、防霜ファンの設置を最重点対策として実施し、あわせて茶加工施設、土づくりのための堆肥製造施設等の拡充に努めてまいりたいと存じております。   もっと読む
2045-06-11 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号 いろいろな観点から問題はあると思うわけでございますが、県の大型施設として建設を急いでおります県立劇場、あるいは県立総合体育館、あるいはその次に来る大型施設として県立図書館等の大型施設の建設が一応順調なテンポで進められておりますことは御承知のとおりであります。   もっと読む
2019-03-19 兵庫県議会 平成31年農政環境常任委員会( 3月19日)        その他関係課室長、参事等 会議の概要  開   会(午前10時30分) ○(1 付託議案審査)  (1)平成30年度関係    第181号議案 平成30年度兵庫県一般会計補正予算(第5号)中            第2表 関係部分    第182号議案 平成30年度兵庫県県有環境林等特別会計補正予算(第3号) 中 関係部分    第185号議案 平成30年度兵庫県勤労者総合福祉施設整備事業特別会計補正予算 もっと読む
2019-03-19 兵庫県議会 平成31年文教常任委員会( 3月19日) (主      な      発      言) ○(竹内英明委員)  ① 包括外部監査において、姫路のウインク武道館の床転換システムについて、他に同様のシステムを導入した施設がなく、交換部品が高額であることから、毎年多額の修繕費が発生しているという厳しい指摘があったが、その対策はどうか。 ○体育保健課長(升川清則)  ① 部品の経年劣化で、システムの作動に不具合が生じる場合がある。 もっと読む
2019-03-19 兵庫県議会 平成31年健康福祉常任委員会( 3月19日) (主      な      発      言) ○(きだ 結委員)  老人福祉施設等整備事業費補助や放課後児童クラブ整備事業費補助、動物愛護センターの改修事業で入札不調があったという説明があったが、何件ぐらい入札不調になったのか。またその理由を教えてほしい。 ○こども政策課長(生安 衛)  放課後児童クラブの入札不調は、尼崎市1ヵ所である。そのほかは西宮と宝塚である。 もっと読む
2019-03-15 滋賀県議会 平成31年 3月15日県民生活・土木交通常任委員会−03月15日-01号 ◎北川 都市計画課公園緑地室長  金亀公園に係る分ですが、補助公園費では補正をいただきました8,000万円、単独公園費では、土木施設の取り壊しに係るもので1億6,000万円余りを繰り越しさせていただきたいと思っております。 ◆節木三千代 委員  意見として述べておきます。 もっと読む
2019-03-15 滋賀県議会 平成31年 3月15日厚生・産業常任委員会−03月15日-01号 ◆藤井三恵子 委員  21−2にある(仮称)湖南荘について、先ほど既存の施設と図面が違ったとおっしゃったのですが、既存の施設が建ったときに県は承認されているはずなので、その点で具体的にどうだったのか、お伺いしたいと思います。 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 本事業は、東京都が企業や団体等と協定を締結いたしまして、体育館やテニスコートなどのスポーツ施設を都内スポーツ団体等の皆様に有償で貸し出していただくもので、現在の協力先は九団体十一施設でございます。   もっと読む
2019-03-14 滋賀県議会 平成31年予算特別委員会−03月14日-04号 次に、総務部所管予算では、私立学校振興対策費について、保護者負担軽減補助事業には、所得制限が設けられているが、県民の皆さんに十分に御理解いただけるように、制限を設けることの妥当性や制限のあり方について、いま一度きちんと検証されたい、次に、公立大学法人振興費について、県立大学の老朽化に伴う施設、設備の更新に引き続き着実に取り組まれるとともに、今後の少子化社会の中でも、学生から選ばれる大学となるように、 もっと読む
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) なお、事業の実施に当たって、八家川では県の洪水調節池と併せて姫路市の雨水排水ポンプによる内水対策を実施するほか、豊岡市の津居山・瀬戸地区でも県海岸施設と国河川施設の津波対策を併せて実施するなど、他の施設管理者とも連携していく。  今後とも防災・減災、国土強靭化のための3か年緊急対策も有効に活用し、災害に強い社会基盤整備を推進していく。 もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 当該施設は、生活文化、ファッション産業の発信拠点として、クリエーターの育成、交流、発信機能が誘導され、その成果として、施設内のシェアオフィスやクリエーター向け共同住宅の昨年の稼働率は、おおむね一〇〇%となっております。   もっと読む
2019-03-13 滋賀県議会 平成31年 3月13日琵琶湖対策特別委員会−03月13日-01号 下水処理場の施設がどんどん老朽化し、今後、改築しなくてはいけない中でより効率的な方法を採用することで、低コスト化、効率化につなげることが第一ですが、御指摘いただきましたように、県内にあるバイオマスをより有効に使っていくことで地域社会にも貢献していきたいということも主眼です。   もっと読む
2019-03-13 滋賀県議会 平成31年 3月13日行財政・働き方改革特別委員会−03月13日-01号 それからもう1点、公共施設の管理や点検の取りまとめを行政経営企画室がやっておりますが、その中で点検マニュアルがあります。  その点検マニュアルの中に、今回の事例も含めまして、これから調査する遵守すべき法令の項目を追加するなど、来年度以降具体的に動く中で、しっかりと反映させていきたいと思っております。 ◆竹村健 委員  行政自身が模範を示してやっていただかなければなりません。 もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 水道事業会計については五千百九十四億円を計上し、浄水施設や送配水施設などの整備を進めてまいります。  下水道事業会計については七千三百五十六億円を計上し、区部及び流域下水道の建設並びに改良などを進めてまいります。  以上、平成三十一年度予算案の概要についてご説明を申し上げました。 もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日環境・農水常任委員会−03月12日-01号 2番目に農業用機械・施設の導入に対し助成するとありますが、これも1億7,000万円とかなりの減額です。これは事業要望量の減少と書いてありますけれども、担い手を育成するために農業用機械の導入に助成をしましょうという趣旨で国の内示もあったのだと思います。(1)の国の内示等に伴う減額はどういう理由ですか。 もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日県民生活・土木交通常任委員会−03月12日-01号 停電のときなどに対応するため、福祉施設などでも導入していただく事業であり、金額としては1,800万円に対して1,593万3,000円と減額になっておりますが、件数としては当初の見込みより多くなっています。 ◎田村 建築課建築指導室長  美術館広報マーケティング事業を不執行にさせていただきました。 もっと読む