46627件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-01 06月15日-05号

痴呆性老人の短期保護事業でございますが、介護しております家族の方々が病気をしたり、あるいは旅行に出かけたりいたしまして、一時的に介護が困難となります場合は、医療施設なりあるいは福祉施設サービスが必要になってくると存じております。 現在、県内には二十八の特別養護老人ホームがございまして、自宅で介護が困難な二千五百名のお年寄りの方々をお世話いたしておるところでございます。

熊本県議会 2045-06-01 06月14日-04号

具体的には、水田転換、未利用地、野草地等を利用した飼料作物の作付や機械施設の整備等を行うことによりまして、粗飼料自給率の向上を積極的に進めてまいりたいと考えております。 特に、水田転作における飼料作物の作付面積は五十六年度約七千ヘクタールとなっており、本県の畜産振興へ多大の寄与をしているところでございます。

熊本県議会 2045-06-01 06月11日-02号

いろいろな観点から問題はあると思うわけでございますが、県の大型施設として建設を急いでおります県立劇場、あるいは県立総合体育館、あるいはその次に来る大型施設として県立図書館等の大型施設建設が一応順調なテンポで進められておりますことは御承知のとおりであります。 

福島県議会 2040-12-18 12月18日-一般質問及び質疑(一般)-05号

基本的には、避難所の開設者であります各市町村に最大限の御努力をいただきますとともに、住民の皆様への周知を徹底していただかなければならないわけでございますけれども、市町村のみでは対応に限界がある場合、実際に県立高校等の一部が避難所としての役割を果たしておりますように、広域自治体としての県が県有施設等をさらに活用するなど工夫と助言をするべきであると考えます。 

三重県議会 2028-06-10 06月10日-05号

この問題は障がい者の生活の場を大規模入所施設に求めた施設要求運動の時代から、ノーマライゼーション思想を背景の一つとした地域福祉への転換が強調されてからの今日に至るまで解決されていない問題であります。そんな中、3障がいのうち、今回は特に知的障がい者の親亡き後の問題について質問をさせていただきたいと思います。 

宮崎県議会 2026-06-18 06月18日-06号

◆(横田照夫議員) 住宅でも施設でも、人が利用しなくなったら一遍に朽ちてしまいます。同じような意味で、しばらく営農を休んだ施設はいろいろと支障が出ることも考えられますので、現役の高齢経営者に意向調査をして、施設を休ませないで承継させる工面も大事ではないでしょうか。 また、この事業では、離農希望者と就農希望者の間に農地中間管理機構が入るとのことです。

熊本県議会 2025-12-03 12月03日-03号

公益施設ゾーンは、市民観光客など、来訪者のための利便施設を整備するものです。馬事文化娯楽施設ゾーンは、場外馬券発売施設であり、荒尾競馬の歴史を継承しつつ、質の高い娯楽を提供するものです。生活利便施設ゾーンは、地域住民の買い物や駅への近接性を生かした利便施設を誘致するほか、県北の玄関口となる地区であり、にぎわいを生む沿岸商業施設地域住民の利便施設を誘致するエリアとなります。

熊本県議会 2025-09-09 09月09日-02号

どんなに県が、もしくは国が音頭を取っても、その皆さん方の意識というものがしっかり変わってこないと、なかなか、例えば病院施設も自分のものですよ。例えば、その病院の先生のお住まいは、病院の2階にありますということもある、敷地の中にあるというところもある。

宮崎県議会 2024-12-11 12月11日-07号

このことについて委員より、「さきに開催した県の実績等により試算した今回の概算事業費のうち、施設整備費については、今後の物価変動等でさらにふえることはないのか」との質疑があり、当局より、「新たに県が整備する陸上競技場と体育館については、現在、基本設計を行っており、今後より精度の高い事業費が算出されることとなる。

宮崎県議会 2024-12-04 12月04日-06号

このような中、県といたしましては、気象予測や生産施設等の強靱化、畜舎の暑熱対策漁船の省エネ対策など、地球温暖化に対応した新たな技術の開発・普及に積極的に取り組んでいるところであります。加えて、地球温暖化をこれ以上進展させないため、例えば、施設園芸での省エネ対策やローカルエネルギーへの転換など、脱化石燃料に向けた取り組みなども大変重要になってきていると考えております。 

福島県議会 2024-06-26 06月26日-一般質問及び質疑(一般)-04号

次に、中間貯蔵施設についてであります。 現在、福島第1原子力発電所事故に伴う除染で発生し、仮置き場や各家庭の庭先などで保管されていた除去土壌等を中間貯蔵施設へ搬出する作業が県内各地で行われております。私の地元、郡山市でも現場保管されている除去土壌等の搬出作業が行われております。 

福島県議会 2023-12-19 12月19日-一般質問及び質疑(一般)-06号

本年7月、多くの方が利用する施設での喫煙を規制する改正健康増進法が一部施行され、全国の学校病院行政機関等が原則敷地内禁煙とされました。また、来年4月には同法が全面施行され、事務所やホテル、飲食店等多数の者の利用する施設は原則屋内禁煙とされるなど、たばこを取り巻く環境は大きく変化しようとしております。 

福島県議会 2023-12-16 12月16日-一般質問及び質疑(代表)-04号

消防職員の増員や消防施設の整備率向上により消防体制を強化すべきと思いますが、県の考えを伺います。 県職員についても同じことが言えます。県職員が不足し、原発事故以降、他県から応援職員が派遣されていますが、県職員の病休や休職者もふえています。 台風災害からの復旧や震災からの復興に対応するため、県職員を増員すべきですが、県の考えを伺います。 地球温暖化対策についてです。