運営者 Bitlet 姉妹サービス
657件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-31 愛媛県議会 平成30年スポーツ文教警察委員会(10月31日) また、活動の集大成として地元新居浜で実施いたしましたミュージカル公演では、地域住民等約460名の方々が来場していただきまして、生徒の演技を称賛する感想や、障がい者理解が深まったという意見を多くいただくなど、障がいのある子供一人一人が持つ可能性を地域に発信する機会になったところでございます。  以上が教育委員会における主要事業の概要でございます。   もっと読む
2018-10-31 愛媛県議会 平成30年環境保健福祉委員会(10月31日) ぜひやっていただきたいと思いますし、お聞きしたのも、実は、これは去年だったかな、ことしだったかな、新居浜のある会合で新居浜の職員の方が出前講座でクールチョイスキャンペーン、これをやられているんですよ。特にこの1番とかだったら込み入った制度内容になっていますでしょう、CO2CO2がんばるポイント、うちエコ診断とか。 もっと読む
2018-10-31 愛媛県議会 平成30年経済企業委員会(10月31日) 中ほど、クの東予東部圏域振興イベント準備事業では、平成31年度に新居浜、西条市、四国中央市の東予東部圏域で開催いたします広域振興イベントに向けまして、地元3市などと連携し、イベント基本計画と実施計画を策定いたしますとともに、機運醸成を図るためのシンポジウム等を開催したところでございます。  続きまして、飛びまして92ページをお願いいたします。   もっと読む
2018-10-31 愛媛県議会 平成30年建設委員会(10月31日) 施策14、自転車新文化の推進のうち、オの自転車走行環境整備事業は、愛媛マルゴト自転車道のブラッシュアップや市町の自転車ネットワーク計画に基づく自転車走行環境整備を行うものであり、平成29年度は愛媛マルゴト自転車道コース付近の絶景スポット等への路面案内標示や、松山市と新居浜のネットワーク計画路線において矢羽根・ピクトを整備いたしました。  102ページをお開き願います。   もっと読む
2018-10-31 愛媛県議会 平成30年総務企画委員会(10月31日) 3番目が新居浜でございます。  東・中・南予で申し上げますと、東予が最多で528人でございます。2番目が中予の402人、3番目が南予の155人でございます。 ○(高橋英行委員) ありがとうございます。   もっと読む
2018-10-24 愛媛県議会 平成30年エネルギー・危機管理対策特別委員会(10月24日) 私も平成16年に新居浜で大きな災害を経験して、家庭から出た廃棄物の置き場の状況を今思い出しているんですけれども、住民の皆さんからしてみれば、きちんとした目標、目印、ルールというものが示されていないから、余計精神的に不安定な中で10ページの写真のような形になってしまうのではなかろうかと思います。 もっと読む
2018-10-23 愛媛県議会 平成30年スポーツ文教警察委員会(10月23日) ○(義務教育課長) 本年度指定しておりますのは、東予では新居浜の高津小学校、中学校は西条西中学校です。中予では東温市の川上小学校、松前町の岡田中学校、南予では大洲小学校、それから宇和島市の城北中学校、この6校を2年間の研究指定校としております。 ○(大西渡委員) 推進校に指定した以上、ちゃんとした目標、目的というのがあると思うんですが、これは全部違うわけでしょう。 もっと読む
2018-10-04 愛媛県議会 平成30年建設委員会(10月 4日) ○(武井多佳子委員) また台風25号がやって来そうですが、先週の台風24号で新居浜の方にかなり雨が降って浸水などもあります。先週の台風による被害状況がわかれば、現状を教えていただければと思います。 もっと読む
2018-10-04 愛媛県議会 平成30年スポーツ文教警察委員会(10月 4日) また、教職員住宅は公共住宅に転用して、定住・移住者の支援による地域活性化に係る事業等もあるということで、昨年度、新居浜で廃校になりました若宮小学校は、早速、新居浜の社会教育施設、生涯学習センター若宮学習館として転用されて使われていると聞いております。それから今治市では、上朝小学校がJFAの女子サッカーアカデミーの寄宿舎として校舎が活用されています。 もっと読む
2018-10-03 愛媛県議会 平成30年スポーツ文教警察委員会(10月 3日) ○(地域スポーツ課長) 県内のオリンピック事前合宿誘致の状況ですけれども、先般、県の総合運動公園を主会場に合宿を実施いたしましたマレーシアのバドミントンチームのほか、今回計上させていただいております西条市でのオーストリアのスポーツクライミングがあり、そして新居浜でのサウジアラビアを対象としたウエイトリフティング、これにつきましては新居浜が主体となって先方の競技団体への働きかけを行っているところです もっと読む
2018-10-03 愛媛県議会 平成30年建設委員会(10月 3日) 該当市は、松山市及び新居浜で、市ごとの負担金の額の変更は、御覧いただいていますページに記載のとおりでございます。これは地方財政法第27条の規定による負担金の額の変更について、該当市の意見を聞き、承諾を得ましたので、議決を求めるものでございます。これによりまして、当負担金の総額は6,508万3,840円の増額、変更後は7億6,772万1,543円となります。  以上で土木管理課の説明を終わります。 もっと読む
2018-10-03 愛媛県議会 平成30年経済企業委員会(10月 3日) 新居浜、西条市、四国中央市の地域の方の声を聞いたときに、各市ともに考え方がそれぞれだなと感じましたので、今回のプレイベントがどんなものだったか非常に興味があります。ちょっと今回のプレイベントの実施状況と、また、来年どういうふうにされるかを教えていただきたいと思います。 もっと読む
2018-10-01 愛媛県議会 平成30年総務企画委員会(10月 1日) あと1点だけですが、今、災害が非常に多くて、昨日も新居浜ではもう少しで被害が出る状況になり、それは回避できましたけれども、やはり現場にいて一番感じますのは、以前は地方局の土木の担当職員が、水防本部が立ち上がれば現場の各市に来ていただいてその場で判断をしていくと。 もっと読む
2018-09-27 愛媛県議会 平成30年第359回定例会(第6号 9月27日) 2015年から2040年の人口減少を見ると、南予地域の人口が特に落ち込んでおり、中予の松山市はマイナス11%、東温市はマイナス16%、伊予市はマイナス23%、東予の新居浜はマイナス15%、四国中央市、西条市はマイナス22%、今治市はマイナス31%、南予の大洲市はマイナス35%、西予市はマイナス39%、八幡浜市はマイナス45%、宇和島市はマイナス42%となっています。 もっと読む
2018-09-25 愛媛県議会 平成30年第359回定例会(第4号 9月25日) 東予東部圏域は、別子銅山の開坑によって繁栄し、四国屈指の臨海工業都市の新居浜、造船や半導体など四国屈指の工業集積地の西条市、日本有数の製紙産業地帯の四国中央市で構成される四国屈指のものづくり集積地であります。 もっと読む
2018-08-03 愛媛県議会 平成30年総務企画委員会( 8月 3日) 事実、ごみ処理場においては、松前町や新居浜の職員の皆さんが、暑い中、その管理をやっておられました。宇和島市だけではなくて、大洲市やほかの多くの地域にも、こういった協力体制が今回できておるんではないかなと思いますが、もし、その状況を把握されておるならば、大ざっぱで結構でございますので、ちょっと報告をお願いしたいと思います。 もっと読む
2018-08-02 愛媛県議会 平成30年少子高齢化・人口問題調査特別委員会( 8月 2日) 新居浜の別子中学校は、平成28年度から英語や数学の授業時間数を充実する独自の教育課程を導入し、全寮制の少人数指導による教育環境を実現して市内全域から生徒を募集しております。既に高等学校卒業程度の英語力と言われる英検準2級の合格者を出すなど成果を上げております。 もっと読む
2018-07-06 愛媛県議会 平成30年経済企業委員会( 7月 6日) その間に、実行委員会が直接主催するコアプログラムを6つ予定しておりまして、3市に共通するテーマとして先ほど申し上げました山と、ものづくり産業と、子供たちに地域の魅力を知っていただくため、子供をテーマにした3つのイベントに加え、それぞれ3市の特徴を生かしまして、西条市であれば水の都をアピールするイベント、新居浜であれば東平の住友別子銅山を初めとする産業遺産をPRするイベント、四国中央市においては紙産業 もっと読む
2018-07-06 愛媛県議会 平成30年スポーツ文教警察委員会( 7月 6日) ○(地域スポーツ課長) 重量挙げにつきましては、新居浜と県ウエイトリフティング協会、そして県も連携して取り組みを進めております。御承知のとおり、オリンピックで活躍された選手が地元で熱心に指導され、先般のえひめ国体でもすばらしい成績を上げられました。   もっと読む
2018-07-06 愛媛県議会 平成30年建設委員会( 7月 6日) 1の海岸保全施設整備事業費は、国土交通省水管理・国土保全局及び港湾局所管の海岸保全施設の整備を図るもので、新居浜の多喜浜新田海岸や西条市の東予港海岸における堤防補強等に要する経費であり、国の内示額の増加に伴い増額するものでございます。  次に、港湾建設費でございます。   もっと読む