9518件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-12 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号

郷土の風土や遺跡、史跡文化財等の実地調査や研究、あるいは伝統芸能の体験等特色のある実践活動が目立ってまいりました。その広がりと定着を図ってまいりたいと考えます。今後も指導者の育成教員の研修を課題といたしまして一層努力してまいる所存でございます。よろしくお願い申し上げます。   〔岩永米人君登壇〕 ◆(岩永米人君) 御丁寧な御答弁ありがとうございました。

福井県議会 2019-10-02 2019.10.02 令和元年予算決算特別委員会 本文

放生祭への対応についてちょっとお尋ねをしようと思ったのだが、余り時間がないので、教育長、ちょっと簡潔に私お伺いするが、現在放生祭が国の重要無形文化財の指定になってない。これは国の重要無形民俗文化財になってないということでユネスコの対象にならないということであるけれども、これに向けた放生祭の今後の現状と課題、指定に向けた今後の見通しについて所見を伺う。

青森県議会 2019-09-25 令和元年第299回定例会(第2号)  本文 開催日: 2019-09-25

これは、新天皇即位に伴う十連休があったことや、縄文時遊館に増築した展示・収蔵施設での国宝、重要文化財等を展示した特別展を開催したことなどにより、県内外から観覧者が訪れた結果だと捉えております。  次に、三内丸山遺跡の魅力を伝えるための今後の取り組みについてです。  

石川県議会 2019-09-24 令和 元年 9月24日厚生文教委員会-09月24日-01号

報告第44号の公益財団法人石川県埋蔵文化財センターの経営状況です。  初めに、30年度の決算状況です。  事業実績としましては、国や県等の公共事業等に伴う発掘調査、出土遺物の整理の受託事業を実施しましたほか、埋蔵文化財センターの管理運営や、古代体験ひろばを中心とした教室、講座の開催など、普及啓発に関する受託事業を実施しています。  

石川県議会 2019-09-18 令和 元年 9月第 4回定例会−09月18日-04号

本物志向で史実性が高く、伝統技法を用いて復元されたこれら本県の建造物は将来の重要文化財候補であることは疑いのないところだと思います。  一方、私が気になるのは既に国の重要文化財に指定されている建造物についてです。県内には金沢城の石川門、三十間長屋、成巽閣のほか、能登の妙成寺や気多大社、我が小松にも那谷寺や小松天満宮など有名な国指定の重要文化財が数多く存在しています。

青森県議会 2019-09-18 令和元年第299回定例会(第1号)  本文 開催日: 2019-09-18

これは、体育振興費が七十七億九千八百四十一万余円、文化財保護費が二十億八千四百十三万余円減少したこと等によるものであります。  公債費は、一千百五十二億二千六百三万余円で、前年度と比較すると、十一億九千四百二十万余円、率にして一・〇三%減少しております。これは、公債費特別会計繰出金が十二億九百三十一万余円減少したこと等によるものであります。  

石川県議会 2019-09-13 令和 元年 9月第 4回定例会−09月13日-03号

石川県内には、金沢市内はもとより加賀地区、能登地区にも歴史ある文化施設がまだまだ多く点在していますが、まずはこの加賀百万石回遊ルート、金沢市の長町武家屋敷跡から尾山神社を通り、金沢城公園などをめぐるルートということですが、来年完成する国立工芸館や鼠多門・鼠多門橋の復元に合わせて、例えば文化財建造物や藩主・武家の庭などをテーマとしたコースが検討されているということです。

石川県議会 2019-07-12 令和 元年 7月12日観光・文化スポーツ・海外対策特別委員会-07月12日-01号

①の内容のとおり、アとして、広域イベントですが、お気に入りの能登の風景と愛車をテーマにインスタグラムで投稿していただくドライブフォトキャンペーンや、能登の秘宝や文化財をめぐる能登お宝めぐりなどを実施するほか、イの地域イベントとして、地域の特色のある祭り、食、灯りなどをテーマとしたイベントを実施します。  

長野県議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会環境文教委員会−07月02日-01号

逸   教育次長              三 輪 晋 一   教育参事教育政策課長       尾 島 信 久   参事義務教育課長         北 村 康 彦   参事兼高校教育課長         塩 野 英 雄   特別支援教育課長          坪 井 俊 文   参事学びの改革支援課長      佐 倉   俊   心の支援課長            松 村   明   文化財

長野県議会 2019-07-01 令和 元年 6月定例会環境文教委員会-07月01日-01号

逸   教育次長              三 輪 晋 一   教育参事教育政策課長       尾 島 信 久   参事義務教育課長         北 村 康 彦   参事兼高校教育課長         塩 野 英 雄   特別支援教育課長          坪 井 俊 文   参事学びの改革支援課長      佐 倉   俊   心の支援課長            松 村   明   文化財

福岡県議会 2019-06-30 令和元年6月定例会(第30日)〔資料〕

建築指導行政の推進について   一 県有施設の整備について   一 行政改革について  ◎ 文教委員会   一 教育改革推進方策について   一 社会の変化に対応した教育の改善・充実について   一 教職員の定数、給与及び勤務条件の改善について   一 県立教育施設の充実について   一 学校週五日制の弾力的な実施について   一 生涯学習の充実について   一 保健体育スポーツの振興について   一 文化財

長野県議会 2019-06-28 令和 元年 6月定例会本会議−06月28日-05号

現在は排水機場の詳細設計を行っており、今年度、用地買収及び埋蔵文化財調査に着手する予定です。流域にお住まいの皆様の安全、安心の確保のため、できるだけ早期に工事に着手できるよう事業の進捗に努めてまいります。  次に、河川の支障木伐採と堆積土砂対策についてのお尋ねでございます。  

広島県議会 2019-06-28 2019-06-28 令和元年文教委員会 名簿

窪田泰久          副委員長 鷹廣 純          委  員 山木 茂、石橋林太郎、渡辺典子、田川寿一、東 保幸、               松岡宏道、冨永健三 4 欠席委員   委  員 中本隆志 5 出席説明員  [教育委員会]   教育長教育次長、管理部長教育部長、乳幼児教育教育支援部長参与総務課長、   秘書広報室長、教職員課長職員給与室長、施設課長健康福利課長文化財課長

滋賀県議会 2019-06-27 令和 元年 6月27日教育・文化スポーツ常任委員会−06月27日-01号

2 報第4号 平成30年度滋賀県繰越明許費繰越計算書のうち教育委員会所管部分について (1)当局説明  谷口教育委員会事務局教育次長 (2)質疑、意見等 ◆清水鉄次 委員  ちょっと地元の話が出たので、文化財の県指定文化財保存修理等補助金の件ですが、波爾布神社は総額1億4,000万円のうち60%は県が出していただけるのです。

島根県議会 2019-06-27 令和元年_地方創生・行財政改革調査特別委員会(6月27日)  本文

島根固有の歴史文化の魅力を積極的に発信するなど、文化財の保存・継承と活用であります。  10ページをお願いいたします。10ページは、VII、暮らしの基盤を支えるでは、県民の日常生活を支える地域生活交通などの生活基盤の確保や、暮らしを取り巻く豊かな環境の保全に取り組みます。  1、生活基盤の確保は、道路網の整備と維持管理。

滋賀県議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日教育・文化スポーツ常任委員会−06月26日-01号

もっと申し上げれば、4月1日に文化財保護法が改正され、大綱で御尽力されます。それはもうすばらしいことと思いますが、今ざっと流された中で文化財寄託、寄贈件数が増加していくと思うと言われましたが、この8年間で、撤退された寄託品の数、あるいは寄託者がこの部分でお寺に持っていく、持って帰られたものが、どれだけあったのかを押さえる必要があると思います。

京都府議会 2019-06-26 令和元年新総合計画に関する特別委員会 書面審査 文化・教育常任委員会所管[ 配付資料 ] 開催日: 2019-06-26

─────────┐ │ │ │    │                   │ │                   │ │                    │ │ │ │    │おおじ                │ │もりした               │ │                    │ │ │ │    │     総務企画課長        │ │     文化財保護課長

京都府議会 2019-06-26 令和元年新総合計画に関する特別委員会 書面審査 文化・教育常任委員会所管 本文 開催日: 2019-06-26

今年度施行された改正文化財保護法の趣旨にのっとり、文化財の保存と活用に係る施策について記載をしております。  49ページの中段から下段にかけてですが、本年度策定する文化財保存・活用大綱において、府内の文化財の適切な保存と活用を図るための基本方針を示すことにより、文化財をまちづくりに生かしつつ、地域社会総がかりでその継承に取り組んでまいりたいと考えております。  教育委員会からは以上でございます。