運営者 Bitlet 姉妹サービス
41581件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 まず、熊本県立劇場条例の制定でありますが、これは昭和五十三年度より地域の文化活動の拠点として建設を進めてまいり、本年末に完成の運びとなる県立劇場の設置に伴うものであります。  次は、熊本県税条例の一部を改正する条例の制定並びに県特別職等の給与、報酬の改正に伴う条例の一部改正であります。   もっと読む
2045-06-15 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号 魅力ある観光地づくりを進めますためには、県下の主要観光拠点ごとに「創る会」を組織し、自然の観光資源はもとより、地域の歴史、文化、行事など特色のある人文資源や、全国屈指の農林水産業を初めとします地域産業の活用、連携を進めますとともに、特色ある料理の開発、それから心のこもった接遇など、観光客が心から満足できる観光地づくりに取り組む必要があると、このように考えております。   もっと読む
2045-06-14 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号 また、続きまして県立図書館あるいは国際交流センターといったようなものを計画をしていきたいと、こう考えておるわけでございますが、そういったどこの都市にも負けないすぐれた文化的、教育的な施設が総合して熊本市に立地をするということが、市としての品格を一層高め、そこに人々の集積を呼ぶ一つの根源にしたいと、こう考えておるわけであります。   もっと読む
2045-06-12 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号 われわれは熊本に生まれ、美しい自然と豊かな文化にはぐくまれて毎日の生活を営む。そしてみんなとともにこれらを愛し、すぐれた伝統を継承してよりよき文化を創造しようとする。郷土はこうして発展し、国家や社会の進展に貢献する。「地方の時代」と言われるが、身近な郷土の自然や文化を知らずして地方の発展は望み得ない。 もっと読む
2045-06-11 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号 わが国は、長い歴史の中で自然との調和を図りながら、千年を超えて国民を養い、独自の文化と安定した社会をつくり上げた日本農業にはそれなりの強さがございます。二十一世紀は、労働生産性より環境面に配慮した、現在よりもむしろ人手を要する土地生産性が重視される時代が来る、すなわち、水も森も土地も再生され、あらゆる自然の資源は保全管理を行えば幾らでも人間に恩恵を与え続けられると論じられております。   もっと読む
2045-06-07 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月07日−01号 今後は、産業、文化等各般にわたる交流を活発に続けてまいる所存でありますので、県議会を初め県民の皆様の一層の御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げます。  次に、今回の定例県議会に提案いたしております補正予算について御説明申し上げます。   もっと読む
2019-03-15 滋賀県議会 平成31年 3月15日厚生・産業常任委員会−03月15日-01号 ◎江島 商工観光労働部長  きょうは労働雇用政策課長がおりませんが、労働者の相談は労働雇用政策課の所管しているところで対応し、多文化共生は国際室で対応する整理でありまして、前回も委員からワンストップではないという御指摘がありましたが、そこは連携してきちんと対応していく所存であります。 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 それぞれ三十名、二十五名、十名という人員、そしてお金につきましては、来年度予算ですと、生活文化局広報課が二十三・一億、政策企画局で約五・七億、そして議会局では約七・七億の予算がついております。  そこで、1)の生活文化局における広報展開についてお伺いをいたします。 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 名簿・議事日程 鉄也君           政策企画局長              梶原  洋君           青少年・治安対策本部長         大澤 裕之君           総務局長                遠藤 雅彦君           財務局長                武市  敬君           主税局長                目黒 克昭君           生活文化局長 もっと読む
2019-03-14 滋賀県議会 平成31年予算特別委員会−03月14日-04号 議案の調査の過程で、委員からは、まず、県民生活部所管予算では、地籍調査費補助金について、市町も限りある人員の中で地籍調査を実施していることから、思うように進捗していないと仄聞しているので、市町に対して補助をするだけでなく、県は、率先して有効な事業の進め方を検討されたい、近江文化発見・発信事業について、歴史を学ぶには適切な史料に基づくことが基本であることから、受けの良さやはやりだけでなく、奥深い滋賀の もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 こうした旧こどもの城のレガシーを踏まえまして、両劇場につきましては、都民の城に生まれ変わった暁にも、芸術文化活動の場としても提供するなど、これまで担ってきた機能を生かしていきたいと考えております。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 名簿・議事日程 鉄也君           政策企画局長              梶原  洋君           青少年・治安対策本部長         大澤 裕之君           総務局長                遠藤 雅彦君           財務局長                武市  敬君           主税局長                目黒 克昭君           生活文化局長 もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 東京都が助成し、負担金を拠出している公益法人東京都歴史文化財団との共催で開催が決定いたしましたこの文化事業TTFですが、その開催を提案したのが、TTF運営調整会議議長であったカドカワの川上量生氏、そしてこれを承認した東京文化プログラム推進会議の統括プロデューサーがまた川上量生氏、開催決定報告を受け、開催概要を策定したのが芸術文化評議会の評議員である川上量生氏、そして、これらの人事を手配したのが小池知事 もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日文教・警察常任委員会−03月12日-01号 部活動には顧問の裁量が利くものと利かないもの、例えば、文化部のブラスバンドを例にとりますが、地域行事や大きなイベントへの参加要請があって、それは地域貢献、地域に開かれた学校等のために、顧問が断るわけにいきません。裁量がきかない一例を今示しましたが、3,600円と2,700円の線引きはそういう考え方かなというのが私の見解ですが、人事委員会の御見解を。今お答えいただける範囲でお願いいします。 もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日県民生活・土木交通常任委員会−03月12日-01号 ◎田原 文化振興課長  3点目のみんなでつくる美術館プロジェクト事業ですが、1,199万1,000円の減額です。内訳で一番大きいのは、若手作家の展示等地域交流事業で、県内で活躍する若手作家の展示事業です。これにつきましては、国の補助事業で国庫の採択が減り、当初事業費ベースの1,294万円が内示後は500万円となり、794万円の減額となっています。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 名簿・議事日程 鉄也君           政策企画局長              梶原  洋君           青少年・治安対策本部長         大澤 裕之君           総務局長                遠藤 雅彦君           財務局長                武市  敬君           主税局長                目黒 克昭君           生活文化局長 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日県民生活・土木交通常任委員会−03月08日-01号 3 議第57号 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールの設置および管理に関する条例の一部を改正する条例案について   議第58号 滋賀県立県民交流センターの設置および管理に関する条例の一部を改正する条例案について   議第59号 滋賀県希望が丘文化公園の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例案について   議第69号 滋賀県立文化産業交流会館の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例案について もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会厚生・産業分科会−03月08日-01号 やはり、ここももうけてもらわないといけないところだから、使える方法はあると思いますし、ちょうど滋賀県のど真ん中にあって、日本文化を皆さんに宣伝するいい場所だと思います。もしセンターでできないならば、婦人会館に使わせてあげたらいいと思うので、御検討いただけたらと思います。お考えがあったらお願いします。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会県民生活・土木交通分科会−03月08日-01号 ◎田原 文化振興課長  文化プログラムの世界への発信につきましては、外国人向けの情報誌を年3回発行しています。とりわけ外国の方が関心のある戦国や忍者といったコンテンツをタブロイドにして、関空や京都のホテルに配置しております。  欧米の観光客は長期に滞在されることもありますので、滋賀県は京都から近いこともアピールして、誘客に努めているところです。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日厚生・産業常任委員会−03月08日-01号 ◎平岩 中小企業支援課長  志村ふくみさんは文化振興課の関係で、どちらかというと、美術品等に近いと思っております。 ◆生田邦夫 委員  県として、あの人に対する支援はあるのですか。 ◎平岩 中小企業支援課長  中小企業支援課としてはありません。 ◆生田邦夫 委員  違う話ですが、いつも言っているのですけれども、焼き物で滋賀県からまだ人間国宝は出ていません。 もっと読む