12296件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-01 06月11日-02号

どもは、チッソがその再建を通じて、患者救済、地域振興という社会的責任を完遂できる日が一日も早く到来することを願うものであります。この観点から、開銀融資見通しについて御答弁をお願い申し上げます。 次に、このような金融支援を受けているチッソの経営の現状、さらには今後の再建見通しについてお尋ねをいたします。 

熊本県議会 2045-06-01 06月07日-01号

県政の重要課題であります水俣病対策につきましては、御承知のとおりなお多くの難問が山積いたしておりますが、かねてより県議会議員各位並びに県選出国会議員の方方に特段の御配慮を賜り、患者救済の促進、地域経済社会の安定に鋭意努力を重ねてまいっているところであり、関係各位の御尽力に対し、この機会に改めて厚くお礼を申し上げます。 

熊本県議会 2045-06-01 06月22日-07号

委員会としては、これら附帯決議要望等実現を前提として、国、チッソ株式会社に対し、相互の精力的な努力を期待しながらも、事態の深刻さにかんがみ、今回提案されているチッソ県債継続発行については、大局的見地から判断し、患者救済、地域振興のためという配慮から、避けて通ることのできない過渡期のまことにやむを得ない経過的措置として今回は了承いたした次第でございます。

鹿児島県議会 2020-12-17 2020-12-17 令和2年第4回定例会(第7日目) 本文

次に、男女共同参画局関係で、第四期県消費者基本計画の素案について報告があり、「成年年齢の引下げやデジタル化の進展に対応した消費者教育の強化、高齢者障害者等消費者被害未然防止救済体制の充実、食品ロスの削減など持続可能な社会実現に向けた消費者事業者との協働促進について重点的に取り組みたい」との説明がありました。  

茨城県議会 2020-12-15 令和2年第4回定例会(第6号) 本文 開催日: 2020-12-15

県民の暮らしに目を向ければ,昨年度は,消費税の増税に加えて,東日本台風による甚大な豪雨災害,その救済もままならないうちに,年度末には新型コロナウイルス感染症拡大が始まりました。  そうしたときに,県が,常陸大宮保健所鉾田保健所,常総保健所を廃止したことは重大問題です。12カ所あった県保健所の役割を最大限発揮できるよう,それぞれに専任の保健所長を配置して,保健師を拡充することが必要でした。  

福井県議会 2020-12-08 令和2年第413回定例会(第4号 一般質問) 本文 2020-12-08

被害者の大切な命を奪いかねない状況を重く捉え、裁判所は保護者監督責任  を認め、高額の賠償を命じるということが実際に起こっており、家庭へ経済的負担が重くのしかか  り、救済措置も喫緊の課題である。   子どもたちの身を自転車事故から守るためのヘルメット着用義務化高額賠償を保障するため  の自転車保険加入義務化に関する条例を制定することが今こそ必要である。   

福井県議会 2020-12-07 令和2年第413回定例会(第3号 一般質問) 本文 2020-12-07

しかし、今まで破られたことのない新幹線の開業計画を信じて事業計画を練っていた人たちに対して、単なる計画だから信じたとしても救済されないということを言うのは、やっぱり一政治家としてとても言うべきことではないというふうに思います。また、遅れるだけでも許し難いにもかかわらず、福井県民として2,880億円の一部を負担するというのもとても許容できるものではありません。  

鹿児島県議会 2020-12-07 2020-12-07 令和2年第4回定例会(第4日目) 本文

知事はマニフェストで、本県現状認識として、「新型コロナウイルスにより、ありとあらゆる産業など鹿児島県の経済は大きな影響を受け、とりわけ、県内の中小企業小規模事業所は大変厳しい状況であり、その救済が喫緊の課題として、感染予防対策医療体制の確保により、県民の安心・安全と経済活動社会活動の両立を図り、コロナ後の強い経済復興に向け、県民一丸となって取り組む必要がある」と示されております。  

茨城県議会 2020-11-30 令和2年第4回定例会(第2号) 本文 開催日: 2020-11-30

コロナ禍において,販売不振を強いられた常陸牛奥久慈しゃも,霞ヶ浦のコイなどの救済事業として給食提供もありましたが,私の地元茨城町では,以前より地場産の「ひぬ丸くんメニュー」が,鉾田市では,学校給食へのメロンの提供が行われ,子どもたち地域の魅力を知るよい取り組みとなっております。  

石川県議会 2020-11-17 令和 2年11月17日商工観光公安委員会−11月17日-01号

それを今示せといっても無理なことは分かっていますが、そういった形でぜひ救ってあげられるものは、それこそ先ほど和田内委員がおっしゃったように、行政は、弱者救済、公平公正、これに一番手を伸ばさなければいけないと思いますので、御検討いただければと思います。  それから、竹内部長に伺います。

山口県議会 2020-11-01 12月11日-07号

予算には、トビイロウンカ被害救済策としてのやまぐち米次年度生産応援事業新型コロナウイルス感染症対策に関する予算が含まれています。これらについては、積極的な対応を要請します。 また、今議会の環境福祉委員会で、私は、生活福祉資金特例貸付けの原資を九億四千二百六十万円増額する補正に関する質疑を行いました。 

山口県議会 2020-11-01 12月03日-05号

これまで生活困窮者への救済対策は、様々なメニューが用意されていますが、十一月補正予算の中で、生活福祉資金貸付事業費補助が出されています。具体的な中身についてお伺いいたします。 また、貸付申請時の審査はどのようにされるのか、あるいはまた、借りたお金は返さなくてはなりませんが、返済が滞った場合はどのようにされるのかも併せてお伺いをいたします。 次に、健やかな子供の成長についてです。 

愛知県議会 2020-10-21 令和2年建設委員会 本文 開催日: 2020-10-21

22 【峰野 修議員】  防止施設を設置するには5戸以上つながっていなければならないなど、人家移転のための救済措置等の検討が必要である。土砂災害特別警戒区域の人家対して具体的にどう対応すればよいかが未整備であると思うので、防災対策について具体的に検討してほしい。  本県は土地の登記が非常に遅れており、事業を進める上で課題になっている。

千葉県議会 2020-10-07 令和2年_健康福祉常任委員会(第1号) 本文 2020.10.07

─────────────────────────────        HPVワクチンリーフレット改定案撤回と副反応被害者救済を求める意見書        (案)関係 ◯委員長小野崎正喜君) 次に、市民ネットワーク、共産党、平和の党、リベラル民主から提出されておりますHPVワクチンリーフレット改定案撤回と副反応被害者救済を求める意見書(案)について御意見がありましたら御発言願います。