運営者 Bitlet 姉妹サービス
15229件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 環状二号線開通時につきましても研究をしておりまして、その際、年間の渋滞状況を判断しながら、救急車の配置等を考えてまいりたいと思っております。     もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 289 ◯橘委員 今、答弁にもございましたけれども、救急医療というのは、人の命がかかっているだけに、一人でも多くの命を守るために不断の体制の強化が必要であり、それを続けていかなければならない。これが救急医療の使命でもあると思います。   もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日厚生・産業常任委員会-03月07日-01号 精神科救急におきましては、県の精神科救急医療システムにおける後方病院としての位置づけから、今年度は措置入院、いわゆる法に基づく自傷他害による強制入院のことですが、県内の20%を受け持っているところです。  2番目の地域移行支援の推進です。 もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 緊急医療用のドクターヘリについては、嶺南地域を対象とした滋賀県との共同運航に続き、大野市和泉地区を対象とした岐阜県との共同運航の開始に向けて、ヘリが救急車から患者を引き継ぐための離着陸の場所を選定するなど、現在、準備を進めている。引き続き、岐阜県と協議を重ね、新年度の早い時期の運航開始を目指していく。   もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 経済の血液ともいうべき人と物の流れをスムーズにして、国際競争力の強化を図るとともに、首都直下地震など災害時の避難、救急活動のルートを確保するなど、極めて重要な道路でございます。  都内の関越─東名間につきましては、東名側に続いて、先月、私も式典に出席をいたしまして、関越側からもシールドマシンが発進をいたしました。つまり、全線で工事が本格化しているというところでございます。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 救急活動体制の強化について伺います。  高齢化社会の進展に伴い、東京消防庁管内の救急出場件数は、平成二十二年度から増加しています。そこで、東京消防庁は、増加する救急車の出場に対応するため、救急車の適正利用の徹底を都民に促すことで、一分一秒でも早く利用者のところへ到着することが、一人でも多くの命を救うことと認識し、日夜活動をしているものと思います。   もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2019-02-18 繰越明許費補正の三款保健費、四項医薬費の救急医療対策費で七百万円余及び下の在宅医療提供体制整備促進費で九百万円余について、翌年度への繰り越しをお願いしております。これは、国の補正予算に伴いまして、原子力災害拠点病院の活動に必要な車両の整備及び医療機関の在宅人工呼吸器用簡易自家発電装置の整備に対する助成を行うものでございますが、年度内に事業が完了できないため、翌年度に繰り越すものでございます。   もっと読む
2019-02-13 福井県議会 2019.02.13 平成31年第405回定例会(第1号 開会日) 本文 緊急医療用のドクターヘリでありますが、嶺南地域を対象とした滋賀県との共同運航に続き、大野市和泉地区において、ヘリが救急車から患者を引き継ぐための離着陸の場所を選定するなど準備を進めており、引き続き岐阜県と協議を行い、新年度早い時期の運航開始を目指してまいります。 もっと読む
2019-01-08 福岡県議会 平成31年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2019-01-08 この補助金は救命救急センター、ドクターヘリの導入促進など、地域医療を効率的に提供するための体制整備に対するものでございまして、二百三十億円が計上されています。地域の救急医療や周産期医療の提供に必要な事業を推進してまいります。(四)医療提供体制施設整備交付金でございます。 もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 ○福祉保健局関係  一 救急・災害医療、周産期医療、小児救急医療、がん医療、在宅医療の充実及びへき地医療等を担う医師の育成・確保の推進など、医療提供体制の強化を図られたい。  二 風しんの感染拡大防止に向けて、予防啓発活動やワクチン接種費用の助成等、総合的な取組の強化に努められたい。  三 待機児童解消のため、潜在的な保育の需要を把握し、必要な保育所の整備を支援されたい。 もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日厚生文教委員会-12月19日-01号 まず前提としまして、県立中央病院も含めた県内の救急医療機関は、これまでも土日や5連休などの大型連休も必要な救急患者については、受け入れているところです。今回は、10連休となりますので、平日の一般診療の体制がどうなるのかということで新聞などでもいろいろ報道されています。  具体的には、例えば医師会や歯科医師会、薬剤師会などとも御相談しながら決めなければいけないと思います。 もっと読む
2018-12-18 石川県議会 平成30年12月18日予算委員会−12月18日-01号 また、民間医療施設につきましては通常の医療施設は対象となってございませんが、救命救急センターや病院群輪番制病院等の政策医療を実施している病院、そういう施設につきましては国から2分の1の補助が受けられる、そのような制度になってございます。 もっと読む
2018-12-18 千葉県議会 平成30年_健康福祉常任委員会(第1号) 本文 2018.12.18 これによりまして、県立病院が行っている基本領域の研修は、小児科、精神科、放射線科、救急科、総合診療科の5科目のみということで、研修希望者の多い内科、外科の研修プログラムができないというふうな状況でございます。こうした状況から、今後の研修医の確保は難しい状況になるというふうに考えております。   もっと読む
2018-12-14 山口県議会 平成 30年11月定例会-12月14日−07号 輸出構想の具現化に向けたFS調査結果と今後の課題について O 本県への移住希望者に対する県及び東京での受け入れ支援の取り組みについて O 移住・定住に係るオーダーメイドツアー等の取り組み状況について O やまぐち元気生活圏の形成に向けた取り組みと成果について O 明治百五十年関連事業の若者「志」ミーティング等の開催状況及び参加者の感想について O 首都圏での県産品販路拡大の取り組み状況について O 救急搬送時 もっと読む
2018-12-14 福岡県議会 平成30年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2018-12-14 (四)の急性期を中心とした良質な精神医療の提供につきましては、措置入院者等の受け入れや、福岡県精神科救急医療システムにおきます救急患者や重症患者の受け入れを積極的に行っており、その役割を果たしているとの評価、(六)の社会復帰の促進につきましても、デイホスピタルや訪問看護の実施、患者家族会の支援によく取り組んでいるとの評価を受けております。   もっと読む
2018-12-14 滋賀県議会 平成30年12月14日厚生・産業常任委員会−12月14日-01号 このことに対して内部的に統合するとか、言葉は悪いけれども、要するに小児医療センターの不備な点、現在のいいところはいいところとして評価されますが、滋賀県の小児の救急で受け持っている力不足のところは、療育部をやっていることで免罪符的なところがあるではないですか。 もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 昨年2月の一般質問において、自殺対策について、救急患者が搬送される病院における自殺未遂者の搬送人数や原因について伺ったところ、答弁で、県では、新年度──今年度のことであるが──県内全ての精神科病院15病院と救急病院38病院で自殺未遂者の実態把握を新たに行い、その結果をもとに、平成30年度の県自殺対策計画の策定に生かしていきたいと考えているとあった。どのような結果になったのか、所見を伺う。 もっと読む
2018-12-13 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号 〔健康福祉部長(片岡穣君)登壇〕 ◎健康福祉部長(片岡穣君) 私からは一点、県防災総合訓練に関連し、ドクターヘリによる救急搬送訓練における関係機関からの声についてお答え申し上げます。  県立中央病院に導入したドクターヘリにつきましては、救急患者の早期の救命措置や高度医療機関までの搬送時間の短縮によりまして、平常時はもとより災害時においても患者の救命に大きく貢献することが期待されております。 もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会危機管理建設委員会-12月12日-01号 特に救急につきましては、具体的に副委員長からも値段の提示がございましたが、確かに実際出動しても、いわゆる不搬送になるケースが大分あるということで、事前の入口のところでそういったところがきちんと整理されれば、当然、救急の負担も減るわけでございますし、その後の対応も迅速にできるということになります。 もっと読む
2018-12-11 長野県議会 平成30年11月定例会危機管理建設委員会−12月11日-01号 一方で自治体の庁舎ですとか病院等につきましては、自治体庁舎については災害拠点施設として、また病院等につきましては救急救命の拠点施設ということで、建物としての被災後も平常の機能が求められるということから、耐震設計や補強では耐震性能に十分な余力を持たせることを目標として計画をされます。  一連の不正の行為につきましては、一つはこの余力の幅にかかわる部分ということが一つあるかと思います。 もっと読む