運営者 Bitlet 姉妹サービス
22878件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-14 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号 特に、最近のように複雑な国際政治の中で、エネルギーや資源が不安定となり大きな制約条件となってきたと言えると思います。  次に第三の変化は、国民の価値観、生活意識の多様化が言えると思います。わが国は、いまや世界でも指折りの豊かな経済先進国となり、個人所得も大幅に向上して、国民の生活目標も個性化、多様化、創造性を求める風潮が強くなってまいりました。  第四の変化は、高齢化社会の到来だろうと思います。 もっと読む
2045-06-11 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号 次に、計画が公表された直後の昨年七月、国の第二次臨時行政調査会からの行政改革に関する第一次答申が出されて以来、行政改革が政治上の大きな課題となっており、行政の簡素化やあるいは補助金等の整理合理化等いろいろのことが言われております。また、国、地方を問わず財政事情はきわめて厳しいばかりでなく、今後これが早い時期に改善されるということを期待できる状況にはございません。   もっと読む
2019-03-20 兵庫県議会 平成31年 2月第343回定例会・速報版(第10日 3月20日) また、国内・県内でも請願要旨にあるように、広島、長崎の被爆者が核兵器を禁止し、廃絶する条約を結ぶことを全ての国に求めますとするいわゆる被爆者国際署名は、政治信条の違いを超えて広がり、兵庫県でも井戸知事とともに26市長、12町長が賛同しています。  県議会でも、2017年12月、世界の恒久平和と核兵器廃絶を希求する兵庫県宣言を全会派一致で採択しました。   もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 知事の政治判断です。その政治姿勢が問われるわけですよ。東京都全体の予算をどう使うのか、道路に使うのか、再開発に使うのか、それとも将来にわたって本当に財産となるような主権者を育てる、子供たちを育てるのか、それがかかっているというふうに思います。ぜひ、ご決断をお願いしたいと思っております。  先ほど、教員定数の話、この間やってきたんですけれども、学校で忙しいのは一般教員だけではございません。 もっと読む
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) ○(小西彦治委員)  先ほども申し上げたように、私は伊丹市の農家で生まれて、都市農業の農家の生まれなのだが、さまざまな取組、問題とかも生産緑地問題とか、近隣の消防団の先輩とかからも聞いたりして、それを政治の仕事として反映させていただいたが、すごくいろいろな取組をされている。 もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 公約というのは、政治家が政治生命をかけて守らなければいけない有権者への約束です。  知事の政治家としての根本的な資質が厳しく問われているということを重ねて指摘し、公約を守るという立場に徹することを強く求めておきたいと思います。  次に、国民健康保険について伺います。  今年度から国民健康保険制度が変更されて、都道府県も保険者となりました。 もっと読む
2019-03-06 福井県議会 2019.03.06 平成31年第405回定例会(第5号 閉会日) 本文 中でも私、記憶に深いのは、2007年の政治倫理条例でございました。ここへ皆さん方上がっていただいて、青と白の記名投票をしていただいて、3票差であれが通ったことがございます。それが今の議員の品位を保ち、そして福井県議会のその積極性が生まれているということでございますので、さらにこれを伸ばしていただきますと大変うれしいなと思っています。   もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 そういったところからすれば、年に片手ほどの信号しかつかないというのも理解できるなということであるが、私自身、政治家としての経歴がそんなに長くないもので何とも言えないのであるが、イメージでは昔はもっと地域の要望に応じて結構設置されたのではないかという気がする。 もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 概要  52       3 雇用問題について ………………………………………………… 53 9 佐藤 正雄 委員       1 原子力行政について ……………………………………………… 55       2 地方自治について ………………………………………………… 59       3 福祉・教育行政について ………………………………………… 62 10 糀谷 好晃 委員       1 知事の政治姿勢 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 このように、人生においては多くの困難が突然起こりますが、必ず立ち直れる、必ず再チャレンジできる、そういう環境を整えることが政治の務めでもあります。  特に女性は、妊娠、出産や育児や介護や夫の転勤によって離職することがまだまだ多くあります。私の勤務していた企業では、女性社員が要望していたジョブリターン制度が開始されたと聞き、うれしく思いました。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 都議会が空転し、都民ファースト、公明党を除く都議会六会派合同で尾崎議長に申し入れを行った日に、知事は都庁の目と鼻の先のホテルで政治資金パーティーを開いていました。 もっと読む
2019-02-20 広島県議会 2019-02-20 平成31年建設委員会 本文 あなたたちの立場では、今からそれを5年に延長するというのは言えないだろうけれども、これは政治が言わなくてはいけない。これは通るか通らないかわかりませんが、閉会日に意見書が出てくる。あなたたちは3年でやるということで一生懸命頑張ってくれているけれども、もしかしてできないときはという予備の気持ちぐらいは持っていないといけない。 もっと読む
2019-02-10 福岡県議会 平成31年2月定例会(第10日) 本文 ここはまさに自民党の指摘のように、強いリーダーシップを持って、政治家小川として、自信を持って堂々と旗を立てるべきではなかったかと思います。知事三選をめぐって、これまでの知事与党にさまざまな混乱を起こしております。もっと早く小川知事が決断し、内外に打って出たならば、全く別の展開になったのではないかと、私は残念に思っております。  今議会は、私どもにとって任期中最後の議会であり、最後の機会であります。 もっと読む
2019-02-09 福岡県議会 平成31年2月定例会(第9日) 本文 緑友会の私が言うのもなんですが、民主主義は、少数意見を大事にしながらも、やはり政治は数が力です。私たち議員は継続が力、そして知事並びに行政は信用が力ではないかと思うんです。信用とは、信じて任用することと書きます。したがって、信用を得るためには、受けた恩を忘れてはいけません。うそをついたり欺いたりしてはいけません。難局のときは、決して逃げたりぶれたりしてはなりません。 もっと読む
2019-02-08 福岡県議会 平成31年2月定例会(第8日) 本文 まず、知事の政治姿勢についてお尋ねいたします。小川知事は、今議会初日の議案説明において、自慢顔でとめどなく実績を述べられました。そこで四点についてお尋ねいたします。  まず一点目として、地域経済の活性化と魅力ある雇用の創出についてであります。県内経済を見ると、生産、輸出は高水準、消費も緩やかに増加するなど、好調を維持しています。 もっと読む
2019-02-07 福岡県議会 平成31年2月定例会(第7日) 本文 この八年、知事の政治力によってどの程度の達成率があったのか。各部にわたる大勢の職員を帯同させて上京されているのですから、これに要する経費もばかにならないでしょう。行政評価を言うなら、要望活動のコストパフォーマンスもあわせて明確にしておく必要があると考えます。答弁を願います。  次に、既にさきにも少し触れましたように、宿泊税についてであります。 もっと読む
2019-01-21 青森県議会 平成31年商工労働観光エネルギー委員会 本文 開催日: 2019-01-21 そうはいっても、アルバイトとか学生も含めて、外国人が定住するという実態が120万人とか130万人という数字も出ていますので、実態としては移民政策という観点で、子供等の受け入れとか、そういうものを腹に入れて対策をとらないと、今のヨーロッパみたいに難民・移民問題で政治まで混乱する事態になりかねませんので、日本にあってもきちんとした対策、とりわけ、県とか市町村にかかわる部分が非常に大きいと思って、前回も県庁 もっと読む
2018-12-21 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会−12月21日-05号 いつまでこんなアメリカ言いなりの政治を続けようとするのか、その転換を求める意味でも各位の賛同を求めます。  第六号放課後児童クラブの「従うべき基準」を堅持するよう求める意見書について。現場からの声はどうでしょうか。学童では年齢の違う子供たちが部屋と外で思い思いに過ごしています。離れた場所で同時多発的にけんかなど、子供への対応が必要になります。職員一人ではとても対処できません。 もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 残念ながら、政治家であっても人は過ちを犯すものです。私自身、築地、豊洲の両立案をかつて支持した間違いを認め、昨年十二月にこの本会議場で謝罪、撤回を行いました。  もし、小池知事が一年前にこの有償所管がえの決断をされていれば、築地跡地の利用方法をめぐって係争状態にあった千客万来施設事業者とのわだかまりはなくなり、同施設は既に着工し、二〇二〇年東京大会に間に合った可能性が十分にあります。 もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日厚生文教委員会-12月19日-01号 ◎塩田憲司 学校指導課長  祝日について、小学校の学習指導要領の中を調べましたところ、小学校6年生の社会で、「政治の働きと国民生活との関係を具体的に指導する際には、それぞれの国民の祝日に関心を持ち、その意義を考えさせるように配慮すること」ということが載っていますので、しっかりと小学校で教えなければならないことです。 ○室谷弘幸 委員長  ほかにないようですので、次に請願の審査を行います。   もっと読む