運営者 Bitlet 姉妹サービス
27966件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-14 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号 特に、最近のように複雑な国際政治の中で、エネルギーや資源が不安定となり大きな制約条件となってきたと言えると思います。  次に第三の変化は、国民の価値観、生活意識の多様化が言えると思います。わが国は、いまや世界でも指折りの豊かな経済先進国となり、個人所得も大幅に向上して、国民の生活目標も個性化、多様化、創造性を求める風潮が強くなってまいりました。  第四の変化は、高齢化社会の到来だろうと思います。 もっと読む
2045-06-11 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号 次に、計画が公表された直後の昨年七月、国の第二次臨時行政調査会からの行政改革に関する第一次答申が出されて以来、行政改革が政治上の大きな課題となっており、行政の簡素化やあるいは補助金等の整理合理化等いろいろのことが言われております。また、国、地方を問わず財政事情はきわめて厳しいばかりでなく、今後これが早い時期に改善されるということを期待できる状況にはございません。   もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 知事の政治判断です。その政治姿勢が問われるわけですよ。東京都全体の予算をどう使うのか、道路に使うのか、再開発に使うのか、それとも将来にわたって本当に財産となるような主権者を育てる、子供たちを育てるのか、それがかかっているというふうに思います。ぜひ、ご決断をお願いしたいと思っております。  先ほど、教員定数の話、この間やってきたんですけれども、学校で忙しいのは一般教員だけではございません。 もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 公約というのは、政治家が政治生命をかけて守らなければいけない有権者への約束です。  知事の政治家としての根本的な資質が厳しく問われているということを重ねて指摘し、公約を守るという立場に徹することを強く求めておきたいと思います。  次に、国民健康保険について伺います。  今年度から国民健康保険制度が変更されて、都道府県も保険者となりました。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 このように、人生においては多くの困難が突然起こりますが、必ず立ち直れる、必ず再チャレンジできる、そういう環境を整えることが政治の務めでもあります。  特に女性は、妊娠、出産や育児や介護や夫の転勤によって離職することがまだまだ多くあります。私の勤務していた企業では、女性社員が要望していたジョブリターン制度が開始されたと聞き、うれしく思いました。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 都議会が空転し、都民ファースト、公明党を除く都議会六会派合同で尾崎議長に申し入れを行った日に、知事は都庁の目と鼻の先のホテルで政治資金パーティーを開いていました。 もっと読む
2018-12-21 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会−12月21日-05号 いつまでこんなアメリカ言いなりの政治を続けようとするのか、その転換を求める意味でも各位の賛同を求めます。  第六号放課後児童クラブの「従うべき基準」を堅持するよう求める意見書について。現場からの声はどうでしょうか。学童では年齢の違う子供たちが部屋と外で思い思いに過ごしています。離れた場所で同時多発的にけんかなど、子供への対応が必要になります。職員一人ではとても対処できません。 もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 残念ながら、政治家であっても人は過ちを犯すものです。私自身、築地、豊洲の両立案をかつて支持した間違いを認め、昨年十二月にこの本会議場で謝罪、撤回を行いました。  もし、小池知事が一年前にこの有償所管がえの決断をされていれば、築地跡地の利用方法をめぐって係争状態にあった千客万来施設事業者とのわだかまりはなくなり、同施設は既に着工し、二〇二〇年東京大会に間に合った可能性が十分にあります。 もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日厚生文教委員会-12月19日-01号 ◎塩田憲司 学校指導課長  祝日について、小学校の学習指導要領の中を調べましたところ、小学校6年生の社会で、「政治の働きと国民生活との関係を具体的に指導する際には、それぞれの国民の祝日に関心を持ち、その意義を考えさせるように配慮すること」ということが載っていますので、しっかりと小学校で教えなければならないことです。 ○室谷弘幸 委員長  ほかにないようですので、次に請願の審査を行います。   もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日総務企画県民委員会-12月19日-01号 プログラムの概要としては、国連本部等において、国際政治の第一線で働くユネスコやユニセフなどの国連機関の職員から直接、国連の組織や活動内容、国連を取り巻く世界情勢、グローバル経済などについて講義を受けることとしています。   もっと読む
2018-12-18 石川県議会 平成30年12月18日予算委員会−12月18日-01号 (拍手) ◆田中哲也 委員  今まで一度も欠かさずに傍聴に来ていました父親の姿が傍聴席にないことが残念に思いますけれども、しっかりと質問し、県政に携わっていくことが政治家だった父が一番喜ぶことになることを頭の片隅に置いて、質問に入らせていただきます。   もっと読む
2018-12-18 鹿児島県議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第7日目) 本文 限られた県財政の中でどう予算を執行していくのか、知事の政治姿勢が問われています。国の国民いじめと言えるような悪政の具体化や、一部の県外資本の大企業のためではなく、九九・九%を占める県内の中小企業・小規模事業者のため、県民の暮らしや福祉優先のため、全ての子供たちに行き届いた教育を保障するための来年度予算の編成を願うものです。   もっと読む
2018-12-18 福井県議会 2018.12.18 平成30年第404回定例会(第5号 閉会日) 本文 (2)県行政の推進手法について    知事は就任後、長期計画を策定せずマニフェスト政治を続けているが、マニフェストに対   する評価が変化しているなか、知事にとってマニフェストとは何か、また県民はもとより議   会がオーソライズしていない政策合意なるものを継続していくのか、との質問に対し、「マ   ニフェストは県民と約束し、その実現を通して県民に尽くすものであり、政策合意は目標設   定や検証結果など もっと読む
2018-12-17 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会−12月17日-11号 県議会では、若者の政治への関心を高める取組として、今年度も議員が県内の高校に出向いて議会や政治の仕組み等を説明し、生徒と意見交換を行う「GACHi(ガチ)高校生×(かける)県議会議員」を実施するとともに、県内の大学との連携のもと、大学生の政治に対する考え方を把握し、あわせて同世代の若者への県議会情報の発信を期待した「ぐんまシチズンシップ・アカデミー」を実施しております。 もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 概要  委員       1 特急存続について ………………………………………………… 47       2 原子力行政について ……………………………………………… 51       3 土地改良法の一部改正について ………………………………… 53 8 田村 康夫 委員       1 県政全般について ………………………………………………… 54 9 糀谷 好晃 委員       1 知事の政治姿勢 もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 それは政治的に少し動かなければならないと。実はこの話は事務方ではいろいろ話は聞いているんだろうと思う。しかし、政治的な課題で解決しないと、この問題というのはなかなか解決がつかないだろうなというふうに思っており、今、PTをこの間立ち上げたが、自民党のPTの会長は高木君がなったし、そしてまた、鉄道調査会の会長は稲田さんがなった。そしてまた、先行開業等検討委員会もまた存続しているわけである。 もっと読む
2018-12-13 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号 能登歴史公園(国分寺地区)は古くから能登半島の政治経済の中心地であったことを示す能登国分寺跡と、能越自動車道、国道百五十九号バイパスに囲まれた位置にあり、歴史的遺産を保存・活用しつつ、多様なレクリエーションや、あるいは防災の拠点として整備している能登地区唯一の県営都市公園であります。 もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 これは放っておけないと、足立区で認可保育園の増設を求める運動を立ち上げたことが私の政治家としての原点です。  その運動の中で、保育施設で最愛の我が子を亡くしてしまった親御さんたちがいることも知り、ご遺族のお母さんたちと一緒に、保育の基準を緩和していく対策は絶対にしないでほしいと、都や国に何度も足を運んで訴えてきました。   もっと読む
2018-12-11 長野県議会 平成30年11月定例会環境産業観光委員会−12月11日-01号 今月1日、米中両国で追加関税の発動猶予による一時停戦が合意されましたが、依然、先行きは不透明であり、極めて政治的にも流動性が高い。そしたまたトランプ大統領という大変異質な方と、片や永久政権を持った習近平さんの、2つの大国の動向によって、大変、経済面においてはリスクの高い状況になってきております。   もっと読む
2018-12-11 北海道議会 平成30年第4回予算特別委員会−12月11日-02号 知事の任期は来春までとなっており、その後、どうなされるのかは、少なくとも今の段階では、御自身の考えを明らかにしておられませんが、今後も、北海道をホームグラウンドとする政治家として歩んでいくお考えがもしあるのであれば、JR北海道の路線見直し問題に関しては、法的課題の整理等を最も優先順位の高い課題として、全力で取り組んでいただきたい、そのように考えているところであります。   もっと読む