4464件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森県議会 2019-09-25 令和元年第299回定例会(第2号)  本文 開催日: 2019-09-25

まだまだ若い政党ですが、これからも弱い立場にいる方々に寄り添って、住みやすい青森県をつくるために、努力していく所存です。  また、議員各位並びに三村知事初め、理事者の皆様方や県庁職員の皆様方からの御指導、御鞭撻を賜りますようお願いを申し上げます。  それでは、通告に従いまして質問いたします。  質問の一項目めは、健康寿命平均寿命の延伸に向けた取り組みについてです。  

石川県議会 2019-09-20 令和 元年 9月20日予算委員会−09月20日-01号

そして、ことし7月の参議院選挙を前にした5月に各政党に対して、最低賃金の引き上げ及び地域格差の解消を求める提言を出しているんですよ。  知事会副会長としてこの最低賃金の引き上げ、全国一律最低賃金を求める知事の意気込みをこの機会にぜひお聞きしたいと思います。知事、いいですか。国会の答弁がどうこう、それはもうわかってますから、知事会の副会長としての決意をお示しいただきたい。

石川県議会 2019-07-31 令和 元年 7月31日総務企画県民委員会-07月31日-01号

どこの政党会派を推すかは別の話として、やっぱり投票行動により民意をしっかりと反映していくということが必要だと思います。有権者の皆さんが今の選挙の状況に対して納得や満足しているかといえば、決してそうではないと思うので、選管としては各市町の選管と連携し、このことについてしっかりと取り組んでいただきたいと思います。  

滋賀県議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会議(第2号〜第8号)−07月02日-07号

一度、民主党として政権についた政党の流れをくむ皆さんだからこそ、私は、こういうのはやめたほうがいいだろうと。共産党は別にいいんです、一貫してるんで、そのまま頑張ってください。  さきのダムの話でも、知事には丁寧な説明をチームしがは求めていますけど、もう少し私は丁寧な説明をしていかないと、こういったことを知事に言うのも大変気の毒だなというふうに思っております。

島根県議会 2019-06-25 令和元年_総務委員会(6月25日)  本文

現実問題として、今の安倍内閣、河野談話は否定をしてないという限りは我々はそれを論拠としており、自民党の政権政党が河野談話を否定をしないと、こう言ってる以上は。だったとするならば、我々としては今、遠藤委員が言ったように、女性の人権という面からも、いろんな面からいっても、それは申しわけなかったというわけであって、学説じゃないんですよ。  

長野県議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例会本会議-06月25日-02号

文献などで調べてみますと、スウェーデンでは、小学校から民主的な選挙政党政治の本質や利点、欠点を学び選挙を自分の意見を表明できる機会として捉えて、積極的な政治教育民主主義教育主権教育を行っているようです。  とかく権力者は国民政治から目をそらそうとするものです。特に、今の政権はその傾向が強いように思われて仕方がありません。我が国は、シルバー民主主義が進み、若者は政治に興味を失う一方です。

佐賀県議会 2019-06-25 令和元年文教厚生常任委員会 本文 開催日:2019年06月25日

去年、「政治分野における男女共同参画の推進に関する法律」が成立いたしまして、「政党等の政治活動の自由及び選挙の公正を確保しつつ、必要な施策を策定し、及び実施するよう努めるものとする。」と、このように県の責務も示されておりますが、県は今後どのように取り組むのでしょうか。

滋賀県議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会議(第2号〜第8号)−06月20日-03号

政党等の政治活動用ポスター、いわゆる2連ポスターにつきましては、公職選挙法第201条の14の規定により、告示日のうちに撤去しなければならないと定められております。  県選挙管理委員会は、告示日に先立ちまして、事前に立候補予定者等に対し、3月11日付で撤去されるよう警告通知を行ったところで、長浜選挙区では、合計2,938枚の2連ポスターについて通知を行ったところであります。  

鹿児島県議会 2019-06-17 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文

高校の公民科の授業においては、議会制民主主義地方自治政党政治選挙などを扱って政治参加への意識を養うよう指導しております。また、総合的な探究の時間等においては、討論等を通して主体的に社会の形成に参画しようとする態度を身につけ、物事を多面的・多角的に考察して表現する力を育むよう指導しております。  

石川県議会 2019-06-14 令和 元年 6月第 3回定例会-06月14日-03号

投票に行かない若年層へのアプローチ、支持政党がない多数派の方々の心に響く盛り上げ方についてもみんなで知恵を絞っていきたいと考えます。  次に、選挙公報についてお尋ねします。地盤、看板、かばんのない新人候補として立候補いたしましたときに、選挙公報のあり方についても疑問を持ちました。

福岡県議会 2019-06-13 令和元年6月定例会(第13日) 本文

その中で地方公共団体には、政党等の政治活動の自由及び選挙の公正を確保しつつ、必要な施策を策定し、実施するように努める責務があるとされています。  そこでまずは、この法律の制定された意義について知事の認識をお聞きします。  また、この法律の第五条から第八条には、地方公共団体は、実態の調査及び情報収集等、啓発活動、環境整備、人材育成等、この四つを行うように努めるものとするとされています。  

栃木県議会 2019-06-13 令和 元年度栃木県議会第357回通常会議−06月13日-02号

今、7月に行われる予定の参議院議員通常選挙が近づいている中で、知事が特定政党の特定候補者と2人で写っているポスターが県内に多く見受けられるようになってまいりました。知事は常々、オール栃木を標榜しており、県民益の最大化のために公平、平等、中立の立場で県政に取り組んでおられるものと信じておりますが、こうした状況を踏まえ、7月の参議院選挙に向けて、改めて知事の政治姿勢についてお伺いいたします。

島根県議会 2019-06-10 令和元年6月定例会(第10日目) 本文

立憲君主制の我が国では、複数の政党存在し、それぞれの政党には基軸となるイデオロギーがあり、政党によっては明文化されたものもあれば、観念的に同じ価値観共有しているものもあります。政党においては、その基軸となるイデオロギー政党の魂というべきもので、政党存在意義そのものである。民主主義の我が国では、政党存在は認め合うが、絶対的に理解し合えないイデオロギーの違いは厳然と存在しています。

福岡県議会 2019-06-09 令和元年6月定例会(第9日) 本文

ただし政治的、宗教的メッセージを伝えることを目的とする方、公職選挙法に規定する公職にある方や公職の候補者、また政党政治団体の党首などは聖火ランナーになることができないとされております。  その選考方法でございます。聖火ランナーの人数は、組織委員会から各都道府県一日当たり最大九十人というふうに示されておりまして、聖火リレーを二日間実施する本県では最大百八十人となるわけであります。

千葉県議会 2019-06-07 令和元年6月定例会(第7日目) 本文

政党機関紙しんぶん赤旗の購読については、各所属において、情報収集の一環として購入されており、このことについては私も理解できないわけではありませんが、各所属において、本当に必要なものなのか甚だ疑問を抱いていたところであります。そのため、2月定例県議会予算委員会執行部質問したところ、平成31年度の購入部数は55部の予定となるとの答弁はありました。

千葉県議会 2019-06-06 令和元年6月定例会(第6日目) 本文

多少、小路は自民党だったかどうかわからないような質問も出るかもわかりませんけれども、そこは懐の広い責任政党自由民主党の一員として頑張ってまいりたいというふうに思います。ぜひ、再質問は最低限にとどめたいと思いますので、再質問の必要のない答弁を期待を申し上げながら始めさせていただきます。  初めに、消費税軽減税率対策について伺います。  

青森県議会 2019-05-21 令和元年総務企画危機管理委員会 本文 開催日: 2019-05-21

3、政治資金規正法に関すること、4、政党助成法に関すること、10、選挙に係る啓発に関することなどとなっております。  次のページをお開きください。  機構につきましては、まず、選挙管理委員会は、柿崎光顕委員長、新岡千覚委員長職務代理者、櫻田靜子委員、木村豊委員の4名で構成されています。