16707件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

広島県議会 2019-05-17 2019-05-17 令和元年警察・商工労働委員会 本文

先ほど出原委員からも人材方策についての質問がありましたが、企業立地促進対策事業や地域産業IoT等活用推進事業といった複数の事業に関係すると思います。  先週、東京に本社がある社員約2,300名の大手IT企業の社長と意見交換する機会がありまして、そこで聞いた話です。

兵庫県議会 2019-03-19 平成31年建設常任委員会( 3月19日)

○港湾課長(雨宮 功)  ① 当該事故繰越は、明石港東外港地区再開発推進事業における物件補償等に時間を要したことによるものである。 ○(いそみ恵子委員)  ② 第181号議案の繰越明許費、「公共事業道路橋りょう新設改良事業」は東播磨南北道路と浜坂道路を含む。繰り越し理由を教えてほしい。 ○道路街路課長(小山健一)  ② 東播磨南北道路では橋梁下部工事が繰越額の大部分を占める。

滋賀県議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会−03月14日-04号

市町も限りある人員の中で地籍調査を実施していることから、思うように進捗していないと仄聞しているので、市町に対して補助をするだけでなく、県は、率先して有効な事業の進め方を検討されたい、近江文化発見・発信事業について、歴史を学ぶには適切な史料に基づくことが基本であることから、受けの良さやはやりだけでなく、奥深い滋賀の歴史を広く県民に周知できるように事業を展開されたい、プロスポーツ等を活用した県民スポーツ推進事業

兵庫県議会 2019-03-13 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日)

第2に歳出面では、財務会計事務の適法性、正確性の確認はもとより、委員ご指摘の3Eの観点から、事業の効果が適切に発現されているかどうか、地域創生推進事業やひょうご地域創生交付金等を中心に検証していく。第3に財産管理の面からは、埠頭用地など県有地が有効活用されているかどうかを確認していく。

滋賀県議会 2019-03-12 平成31年 3月12日厚生・産業常任委員会−03月12日-01号

◎堀井 子ども・青少年局副局長  利用しやすい保育所づくり推進事業費ですが、今回の減額で大きなウエートを占めていますのが、保育体制強化事業です。これにつきましては、保育に係る周辺業務である清掃、遊具消毒、給食配膳、寝具の用意、片づけなどに従事する支援者の配置に要する費用の補助をしておりました。

滋賀県議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日予算特別委員会環境・農水分科会−03月08日-01号

◆加藤誠一 委員  59ページの気候変動適応推進事業ですが、この前の委員会でセンターの設置など、いろいろと聞きましたが、予算1,180万円の事業の中身を教えてください。 ◎天野 温暖化対策課長  平成31年度の1,180万円の内容ですが、まず気候変動の予測と、それに基づいて気候変動の影響の評価や適応策の検討をやっていこうということで、委託で570万円ぐらいです。

滋賀県議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日予算特別委員会県民生活・土木交通分科会−03月08日-01号

美の滋賀プロジェクト推進事業、アール・ブリュットの魅力発信事業、アール・ブリュット振興事業の内容について、説明してください。  それから、みんなで創る美術館プロジェクト事業は、新生美術館事業と一体でしていたことだと思うのですが、どのようなことを来年度するのか、内容を教えていただきたいと思います。

滋賀県議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日厚生・産業常任委員会−03月08日-01号

○岩佐弘明 副委員長  (4)にある「滋賀SDGs×イノベーションハブ」推進事業について、SDGsの理念を踏まえたビジネスモデルの創出に取り組むとありますが、どういうことか教えてください。 ◎望月 商工政策課長  これにつきましては、SDGsの17の目標に向けて、世の中にはさまざまな社会的課題があります。

滋賀県議会 2019-03-07 平成31年 3月 7日予算特別委員会文教・警察分科会−03月07日-01号

もう一点だけ、211ページの学びをつなぐ幼小連携・接続推進事業で、幼小の連携について書いていただいています。大変重要なことなのですが、この社会状況、制度の変化によって、幼稚園だけではなく、保育施設やさまざまな施設に入っている子供たちがいます。そういう子供たちも含めて、幼児教育および小学校教育の質の向上を目指すものだと思うのです。

滋賀県議会 2019-03-07 平成31年 3月 7日予算特別委員会県民生活・土木交通分科会−03月07日-01号

◎饗庭 流域政策局水源地域対策室長  1つ目のダムの魅力発信ツーリズム推進事業につきましては、政策課題協議として全庁的に取り組んできました自治体SDGsモデル事業として取り組もうとしているものです。目的は、持続可能な社会の担い手づくりです。ダムを一つの観光資源として、観光振興のパンフレットを地元の観光協会の方と一緒につくるなどして、観光につなげていくというものです。  

鹿児島県議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年環境厚生委員会 本文

30 ◯き久委員 八十一ページ、高齢者生き生き推進課、健康づくり推進費で、シニア元気生き生き推進事業一千七十一万七千円減、シニア元気生き生き推進事業費補助八百六十万円減となっておりますが、説明の中の事業費の実績見込み減に伴う補正という部分ですが、このシニア元気生き生き推進事業は具体的にどのような事業ですか。

鹿児島県議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年企画観光建設委員会 本文

二の口之島周辺海流発電推進事業及び三のエネルギーパークかごしま推進事業につきましては、事業費確定等に伴う補正でございます。  八ページをお開きください。  環境衛生費の環境保全対策費、環境管理費につきましては、百四十四万七千円の減額補正をお願いしております。  このうち一の水素・再生可能エネルギー普及啓発事業につきましては、事業費の確定によるものでございます。  

鹿児島県議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年産業経済委員会 本文

1)食品関連産業連携推進事業から、次の八ページになりますが、八ページの9)食品関連産業就職支援事業までの事業につきましては、平成二十九年度に立ち上げました新かごしま「“食”と“職”」の魅力向上・加速化プロジェクトとして実施するものでございます。