24764件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福井県議会 2020-12-22 令和2年第413回定例会(第5号 閉会日) 本文 2020-12-22

(5)多文化共生推進プランについて    外国人への支援を充実させるだけでなく、特に短期滞在外国人共生の意味を理解して   もらい、歩み寄ってもらう施策が必要との提言に対し、「アンケートによると、地域とつき   あいのない外国人の4割以上はきっかけがないためであり、祭りイベント自治会活動な   どに地域担い手として入ってもらえるような工夫をして、自然にコミュニティ一員にな   れるように

福井県議会 2020-12-18 令和2年予算決算特別委員会 本文 2020-12-18

そういうことを踏まえて、これからお祭りとか、イベントとか、地域のいろんな行事ごとのほかにも清掃活動とか、自治会活動とか、いろんな形があるので、そういうところへ地域一員として、担い手として入っていただくような、そういう工夫をしながら、もちろん相手の方にも、言えば義務みたいなことがあるのかもしれないが、そういう堅苦しい形ではなくて、自然な形で何とかコミュニティ一員になっていただけるようなことをこれからも

鹿児島県議会 2020-12-17 2020-12-17 令和2年第4回定例会(第7日目) 本文

再造林に必要な担い手確保については、「林業就業希望者対象とした研修である鹿児島きこり塾を実施し、新規林業就業者確保に努めているほか、伐採事業者労働力植栽作業に活用するなど、林業事業体間の連携促進に努めているところである」との答弁がありました。  最後に、県政一般一般調査について申し上げます。  

福岡県議会 2020-12-14 令和2年 県民生活商工委員会 本文 開催日: 2020-12-14

最初に、個別選定理由でございますが、福岡国際文化情報センターが担う文化振興事業につきましては、本県文化行政の中核であり、長期的視点を持って、県と一体となって推進する必要がありますこと、このため、その担い手でございますが、営利を目的とせず、県の文化振興のために設立された団体であり、経営の効率化文化事業展開の両面で実績を有し、さらに地元経済団体地域との連携体制も備えている公益財団法人アクロス福岡

東京都議会 2020-12-09 2020-12-09 令和2年第4回定例会(第22号)(速報版) 本文

また、地域活動を支える組織体の中では、比較的年齢が若く、高齢社会を見据え、今後、さまざまな政策課題担い手としても期待がされます。  そこで、商店街に加入する店舗をふやし、多くの商店一体となって地域の活力を高める取り組みを強化することで、商店街活性化を一層図っていくべきと考えますが、都の見解を伺い、質問を終わります。

東京都議会 2020-12-08 2020-12-08 令和2年第4回定例会(第21号)(速報版) 本文

東京プロジェクトでは、若いアーティストが多く参加するなど、次代東京文化を担う原石の発掘にもつながったとのことでありますが、東京文化をより多様なものとしていく上で、そうした次代担い手がさらに磨かれる新たな支援を行うべきと考えますが、今後の取り組みについて知事の見解を伺います。  

福井県議会 2020-12-08 令和2年第413回定例会(第4号 一般質問) 本文 2020-12-08

このまま建設労働者の低い賃金水準が続けば、地域格差が福井県の地域振興に影響を与え、その先に危惧されるのは若年層技能労働者担い手不足、さらには次世代への技術継承が難しくなってきます。また、近年は民間工事を中心に、より単価の高い県外に流出しているということも聞き及んでおります。  先日の鉄道・運輸機構新幹線工事増嵩理由として、入札の不調、不落が頻発し積算単価を見直したという説明がありました。

茨城県議会 2020-12-04 令和2年防災環境産業常任委員会  本文 開催日: 2020-12-04

次に,(3)でございますが,野生鳥獣被害対策を担う人材育成等取り組みを行いまして,捕獲の担い手確保育成事業として,セミナー,研修会に加えまして,昨年度は,新規事業として,狩猟体験ツアーを開催いたしたところでございます。  また,(4)のその他といたしまして,イノシシの生態等に係る情報の収集・提供など,ごらんのような取り組みも行っているところでございます。  

福井県議会 2020-12-02 令和2年第413回定例会(第2号 代表質問) 本文 2020-12-02

農業担い手確保といえば、これまで若手の新規就農者定年帰農者等に焦点が当たっておりました。農福連携農業の新たな担い手確保につながるだけでなく、高齢者生活困窮者にとって、所得の確保社会参画の機会にもなります。農福連携の裾野をさらに広げるため、関係部局間の連携を強化することも必要ではないかと考えます。  

茨城県議会 2020-12-02 令和2年第4回定例会(第4号) 本文 開催日: 2020-12-02

かんしょのさらなる生産拡大を図るためには,担い手不足地域における新たな生産者の掘り起こし,陸田などの活用のほか,地域をまたいだマッチングなども推進していかなければなりません。  しかし,職員の数には限りがあるため,ICTを積極的に活用し,生産者農地の効率的なマッチングの仕組みを導入していくことが必要だと考えます。  

千葉県議会 2020-12-01 令和2年12月定例会 発議案

3.今後、都市部と比較して人口減少少子高齢化が著しく進行し、地域経済の  縮小や担い手不足等に対応する財政需要の増大が見込まれることから、地方交  付税の充実のほか過疎対策事業債対象事業拡大や総額の十分な確保など、過  疎地域市町村財政基盤確立を図ること。   以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。    

茨城県議会 2020-12-01 令和2年第4回定例会(第3号) 本文 開催日: 2020-12-01

こうした取り組みは,高齢化に伴う離農等により,営農継続が困難な農地担い手集積集約化することで,耕作放棄地の発生を未然に防止するとともに,担い手規模拡大による生産性向上を図ることが可能となるなど,地域農業振興を図る上で欠かせないものであります。  県では,県総合計画重要施策として,もうかる農業実現を掲げ,さまざまな施策を展開しております。

茨城県議会 2020-11-30 令和2年第4回定例会(第2号) 本文 開催日: 2020-11-30

私は,農業県である本県が,儲かる農業にしっかりと取り組み担い手確保優良農地集積集約化など重要な課題を解消し,日本農業を支えていく責任があると考えます。  県は,茨城県総合計画重点施策として,儲かる農業実現を掲げ,生産性付加価値向上販路拡大などの取り組みを進めております。

石川県議会 2020-11-18 令和 2年11月18日総務企画県民委員会-11月18日-01号

1の趣旨については、本県文化次代担い手を育成するため、トップレベル文化活動を実践している児童・生徒による創意あふれるステージ発表作品展示を通して、多くの子供たちが刺激を受け合う場を創出し、今後の文化活動のさらなる意欲の向上を図ることにしています。  2の概要ですが、来月13日に石川県立音楽堂において開催することにしています。  

千葉県議会 2020-11-16 令和2年_決算審査特別委員会(第6号) 本文 2020.11.16

また、団員サラリーマン化、あるいは高齢化による担い手不足に対応するということで、特定活動に限定します機能別団員制度ですとか、特定活動を実施する分団を設置する機能別分団制度の導入につきまして、市町村へ働きかけているところでございます。さらに、前年度から団員が増加したような消防団に対しましては、消防団装備等への補助率をかさ上げするというような制度も設けてるところでございます。

愛知県議会 2020-11-10 令和2年一般会計・特別会計決算特別委員会 本文 開催日: 2020-11-10

31 【消防保安課担当課長消防・予防)】  近年、消防団活動が多様化する中で、地域防災力を強化するため、学生をはじめとする若い人材消防団に関心を持ってもらうことは重要であり、今後の地域防災担い手確保にもつながる。このため県は、昨年度、学生消防団員活動活性化を図るために、学生消防団交流会を開催し、60人の学生団員が参加した。