263件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

愛媛県議会 2021-03-08 令和 3年第373回定例会(第6号 3月 8日)

暴力被害支援、DV防止対策などこの分野での取組では、どう関係機関連携を図り強化していくのか、御説明ください。  次に、コロナ禍における児童生徒へのケアについてお聞きします。  文部科学省が、2020年に自殺した児童生徒数が前年比で約4割増、暫定値479人に上り、過去最多だったと発表しました。特に女子高校生が倍増しているとのことで、鬱病などの悩みが増える傾向もあると言われています。  

東京都議会 2021-02-25 2021-02-25 令和3年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文

次に、性犯罪等被害者支援周知についてでございますが、都はこれまで、痴漢を初めとした性暴力被害についても、ワンストップ支援センターにおきまして、相談対応警察等への付き添い支援精神的ケアなどを実施していることをホームページやSNS暴力被害支援ガイド等により情報提供してまいりました。  

兵庫県議会 2021-02-12 令和 3年警察常任委員会( 2月12日)

尼崎総合医療センター田口奈緒先生などはNPO法人暴力被害支援センター兵庫のような形で、そういった被害に遭われた方の窓口になって心のケア、体のケアも含めてやられているようであるが、当然医療機関との連携性犯罪にとって非常に重要だと思う。逆に、そういった医療機関からこういった方へ性犯罪ではないか、性暴力ではないかと問うて犯罪につながることも多々あるのではないかと思う。

千葉県議会 2021-02-01 令和3年2月定例会 発議案

2.性犯罪性暴力被害者のためのワンストップ支援センター整備促進支援  員育成財政支援を行うとともに、警察への届けの有無に関係なく、適切かつ  十分な被害者支援を行う体制を整える「暴力被害支援法」を制定すること。 3.夫婦間での性被害や、男性やLGBT被害者ワンストップ支援センターを  利用できるよう周知を図り、適切に対応すること。   

千葉県議会 2020-12-02 令和2年12月定例会(第2日目) 本文

次に、環境生活部に係る件についてですが、2017年に千葉性犯罪暴力被害支援協議会が発足し、県もNPO法人千葉性暴力被害支援センターちさとなどとともに、ワンストップ支援体制を構築するに至っています。  そこで伺いますが、ワンストップ支援現状課題、また、課題解決に向けた取り組みはどうか。  

北海道議会 2020-12-01 令和2年第4回定例会-12月01日-03号

私は、先般、児童虐待未然防止に係る意見交換会に出席し、保健福祉部中央児相札幌児相幼児教育推進センター、要対協、暴力被害支援センター北海道SACRACHさくらこ)の6機関から、現状課題意見を伺い、今後一層の連携協力を確認し合いました。子どもたちの権利が守られるためには、多角的な視点で支援を重ねる必要があると考えます。  そこで、以下伺います。  

香川県議会 2020-11-03 令和2年11月定例会(第3日) 本文

本県で設置されている暴力被害支援センターオリーブかがわでも、より充実した支援ができるよう、県内窓口の増設とともに、二十四時間三百六十五日化や、若年層相談しやすいSNSを含む多様な方法の提供について要望しておきたいと思います。  さて、性被害に関して子供に目を向けた場合、さらに状況は深刻で、特に学校現場等での性被害防止は喫緊の課題であります。

愛知県議会 2020-11-01 令和2年11月定例会(第3号) 本文

ハートフルステーション・あいちは、大雄会病院内にある警察病院公益社団法人被害者サポートセンターいちといった民間の第三者によるサポートセンターであり、なごみは、性暴力被害に対する相談治療警察通報などの医療、司法、行政にまたがる総合支援拠点病院一か所、ワンストップ被害直後から中長期、回復までを継続して提供しており、支援員(アドボケーター)、暴力被害支援専門看護師、医師、医療ソーシャルワーカー

滋賀県議会 2020-10-19 令和 2年決算特別委員会−10月19日-02号

それから、内閣府がこの3年間、性犯罪暴力被害支援に力を入れておりますので、この10月1日から内閣府がつくりました全国共通ダイヤルというものが設定されております。それの広報などもございますので、それに併せてSATOCOの周知に努めてまいりたいと思います。 ◆桑野仁 委員  先ほどの物品ですけれども、湖南省からの寄贈品の金額は幾らですか。

北海道議会 2020-09-11 令和2年第3回定例会-09月11日-02号

昨年の第3回定例会の我が会派の代表質問において、道が平成24年に開設した暴力被害支援センター北海道、通称・SACRACHさくらこ)の体制強化について伺い、具体的に検討を進めるよう指摘しているところですが、新たに国の方針が示されたことを踏まえ、ワンストップ支援センターとしての体制充実に向けた取組を一層加速する必要があります。