運営者 Bitlet 姉妹サービス
68件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-01 島根県議会 平成30年度決算特別委員会(第1分科会) 本文 開催日: 2018-10-01 これ、一つ一つを、例えば、それこそこの間、話題に出ました待機児童対策という事業そのものの評価、点検も個別にやって、ほかの要素も合わせて少子化対策の施策として評価をしていくと。 もっと読む
2018-09-01 島根県議会 平成30年9月定例会(第3日目) 本文 課題克服のためには、さらに子育てしやすい環境づくりが必要であり、待機児童の解消や働き方改革、子育てに必要な費用負担の軽減、さらに妊娠、子育てに関する支援など、取り組むべき課題は幅広く、まだまだ道半ばであります。ヨーロッパ諸国と比べても、日本の家族関係社会支出は低いとの指摘もあるところです。   もっと読む
2018-05-21 島根県議会 平成30年_文教厚生委員会(5月21日)  名簿 年度国の施策及び予算編成等に係る重点要望について   (3)報告事項     1)第7期介護保険事業計画期間における介護保険料について(高齢者福祉課)     2)老人福祉法に基づく改善措置命令処分等取消請求事件について                                (高齢者福祉課)     3)児童養護施設「安来学園」損害賠償請求事件について(青少年家庭課)     4)保育所入所待機児童 もっと読む
2018-02-01 島根県議会 平成30年2月定例会(第5日目) 本文 県では、総合戦略の中で「結婚・出産・子育ての希望をかなえる社会づくり」を図る重点施策として、先ほど健康福祉部長がお答えした結婚支援のほか、待機児童解消に向けた保育所の整備や保育人材の確保、若い子育て世代の経済的負担軽減を図るための保育料軽減、育児休業の取得と復職の支援などによる仕事と子育ての両立支援などを行っております。 もっと読む
2018-01-10 島根県議会 平成30年_建設環境委員会(1月10日)  本文 一番最後のゼロ歳から5歳の人口に対する待機児童数の比っていうのは、ゼロ歳、5歳の子ども全部を分母として、そのゼロ歳から5歳までの待機児童数を分子としたんですよね。これ、そんなに悪いんですかね、島根県。ちょっと意外だもんで、32位。いや、間違いないんでしょうね。どうやるんでしょうね、これ。  何かあったら。   もっと読む
2017-11-01 島根県議会 平成29年11月定例会(第9日目) 本文 また、保育所入所待機児童の状況、10月1日現在速報値についてでは、委員から、待機児童を解消する対策について質問があり、執行部からは、保育所の整備、定数増、幼稚園の利用などさまざまな方法が考えられるが、市町村がニーズと状況に応じて最適なものを選択していくことになるとの回答がありました。   もっと読む
2017-09-01 島根県議会 平成29年9月定例会(第5日目) 本文 待機児童がある保育所と定員を大幅に下回っている幼稚園の状況は、とても無関心ではいられないはずです。特に、国は2歳からの保育を幼稚園で開始するという方向を示しています。  島根県は、今後もこのスタンスを継続されるのかお尋ねいたします。   もっと読む
2017-06-01 島根県議会 平成29年6月定例会(第6日目) 本文 次に、待機児童の問題について伺いたいと思います。  4月1日時点での待機児童数が、松江市で30人、出雲市で78人、雲南市で9人、大田市で2人というふうになりました。  まず、知事に伺います。  児童福祉法24条の1項には、保育を必要とする場合において、保育所において保育を実施しなければならないというふうに規定がされています。 もっと読む
2017-06-01 島根県議会 平成29年6月定例会(第4日目) 本文 ことし4月1日時点での県内の保育所の待機児童数は119人でした。松江、出雲、大田、雲南市で保育所入所希望の需要に追いついていない状況です。  保育所入所希望者は、基本的に就労希望があるからで、待機児童のお母さん方の多くは働くことを希望され、すぐにでも雇用が見込まれるということです。そのためにも県として保育所の待機児童解消は急務であると思っています。   もっと読む
2017-06-01 島根県議会 平成29年6月定例会(第5日目) 本文 また、待機児童の解消に向け、新たな子育て安心プランが発表され、平成34年末までに必要となる保育の受け皿を確保するため、保育園等の整備などによる受入児童数の拡大を図る。また、幼稚園における2歳児の受け入れや預かり保育の推進や病児保育事業の運営安定化など、あらゆる政策により保育政策の充実を図ろうとする意気込みを感じます。   もっと読む
2017-03-10 島根県議会 平成29年_地方創生・行財政改革調査特別委員会(3月10日)  本文 81 ◯角委員  待機児童ゼロ化の事業のことなんですけども、目標数を上回るっていうんですか、これ、目標数っていうんですか、待機児童数が非常にふえているということがあります。 もっと読む
2017-03-09 島根県議会 平成29年_文教厚生委員会(3月9日)  本文 (3)保育士確保が困難であるために保育サービスにどのような支障が出たかというアンケートでございますが、一番多かったのが保育士にゆとりがなく勤務の負担が大きくなった、60.6%、次に、年度中途の入所申し込みに応えたいが、必要な保育士を確保できない、48.4%、朝晩の保育士が配置しにくいに32.9%で、保育士確保のしにくさが業務負担の増であるとか、あるいは、年度途中の受け入れが難しく待機児童につながってるという もっと読む
2017-03-08 島根県議会 平成29年_文教厚生委員会(3月8日)  本文 3、待機児童ゼロ化事業でございますが、来年度につきましては待機児童が発生している6市町への助成を予定しておりまして、保育定員をふやして年度途中の受け入れをしてくれる保育所に対して人件費補助をいたします。   もっと読む
2016-12-09 島根県議会 平成28年_文教厚生委員会(12月9日)  本文 ここには記載しておりませんけれども、待機児童にはならなかった入所未決定者数は全体で194名、うち私的な理由によるものは181名ほどおられました。中ほどの待機児童の推移の表をごらんいただきたいんですけれども、一番上の黒四角のついた折れ線グラフがこれは就学前児童数でこれは年々減少しております。 もっと読む
2016-12-09 島根県議会 平成28年_文教厚生委員会(12月9日)  名簿 号議案 職員の休日及び休暇に関する条例等の一部を改正する条例(関係分)     第160号議案 職員の育児休業等に関する条例等の一部を改正する条例(関係分) (3)陳情の審査    新規1件(第126号)    継続1件(第50号) (4)報告事項    1)松江市の中核市移行に伴う共同設置保健所について(健康福祉総務課)    2)まめネットの普及状況について(医療政策課)    3)保育所入所待機児童 もっと読む
2016-11-22 島根県議会 平成28年_文教厚生委員会(11月22日)  本文 待機児童解消に向けて、保育士の確保・定着につながる保育環境の改善を図ることで、年度途中の入所希望にも対応できるようにするなど、保護者が安心して働くことのできる環境づくりを加速すること。  3、仕事と子育ての両立に向けた支援について。   もっと読む
2016-11-01 島根県議会 平成28年11月定例会(第4日目) 本文 テレビ、新聞を問わず、ほとんど毎日のように待機児童と保育士の待遇という言葉が躍り、保護者、とりわけ女性が社会で活躍できないのは子どもを保育園に預けることができないからだとばかりの報道が続いております。   もっと読む
2016-09-01 島根県議会 平成28年9月定例会(第3日目) 本文 保育の分野では、待機児童の増加、保育士不足とその要因である劣悪な処遇が社会問題として注目され、改善が急がれています。しかし、この間の国の施策は、基準を切り下げて保育室にたくさんの子どもを詰め込むことや無資格者の活用など、保育環境を無視した受け皿づくりが中心となっています。これでは、根本的な問題解決にならないばかりか、幼い子どもの命や安全を脅かし、保育の質の低下へとつながりかねません。   もっと読む
2016-05-10 島根県議会 平成28年_文教厚生委員会(5月10日)  本文 この点では、今、待機児童問題等、大きな問題になっているということで、私としてはこれは基本的に認可保育所を増設するということと保育士の処遇改善をきちっと行うと、このことが基本だというふうに思っております。しかしながら、今、国のこの問題の対応を見ると、いわゆる基準の緩和、人的基準の緩和、それから企業を参入させるなどの規制の緩和ですね、こうなってくると質の低下が懸念されるということになると思うわけです。 もっと読む
2016-02-19 島根県議会 平成28年_全員協議会(2月19日)  本文 保育を受けることができる環境の整備につきましては、待機児童ゼロを目指し、私立保育所等が待機児童解消のために保育士を確保することを支援したり、病児・病後児保育の開設の支援、放課後児童クラブの整備を進めてまいります。  次に、結婚、出産のためのサポートの充実でございます。 もっと読む