運営者 Bitlet 姉妹サービス
4193件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 しかし一方で、待機児童の解消というのは、待機児童が多く出ているときは、保育園をつくれば待機児童は解消していくんです。しかし、ゼロに近づくにつれて待機児童の解消というのは極めて難しくなってくる。このあたりを踏まえて、少し冒頭、質問をさせていただきたいと思います。  例えば、昭島市で申し上げれば、昨年度の待機児童は四月一日で十七名でした。市の中で偏りがありませんでしたので、さてさてどうしたものかと。 もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 待機児童が三七%減というのは、それ以前、八千台で推移し、また、済みません、私の記憶では二十九年度に待機児童の算定方法が変わった、その中で数字上はまたふえていく。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 〔七十二番入江のぶこ君登壇〕 13 ◯七十二番(入江のぶこ君) 小池知事が初の女性知事であること、そして都民ファーストの会の女性議員十五名を初めとして、都議会に女性議員がふえたことで、きめ細やかな待機児童対策の強化や不妊治療助成の拡大など、多くの もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 待機児童対策について伺います。  知事は就任以来、待機児童対策を最重要課題と位置づけ、取り組んできました。本予算案にも千七百四十五億円が計上されていますが、これは、舛添都政時代と比較すると約一・八倍に相当し、女性の活躍推進、少子化対策など、東京の未来を切り開く取り組みです。   もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 ○政策企画局関係  一 二〇二〇年に向けた実行プランの実現のための検証を行い、都民の安全・安心、待機児童対策及び防災対策の強化等への対応、東京と地方の共存共栄に向けた取組の推進等に対し、総合調整部門として積極的に取り組まれたい。   もっと読む
2018-12-18 石川県議会 平成30年12月18日予算委員会−12月18日-01号 本県ではかねがね待機児童ゼロということが言われておりまして、石川県の保育というのは進んでいるな、こんなイメージがあるわけですけれども、保育の課題というのは何も待機児童ゼロをもって全てではない。そういう意味では、きょうはまず、果たして石川県の保育現場の実態はどうなのか、こんなことに突っ込んでお聞きをしたいというふうに思います。   もっと読む
2018-12-12 北海道議会 平成30年第16回少子・高齢社会対策特別委員会会議録-12月12日-01号 ◎(鈴木子ども子育て支援課長) 基準の見直しについてでございますが、道内では、一部の地域において、放課後児童クラブの待機児童が発生しており、この背景には、利用希望者がふえてきたことのほか、支援員の確保が難しいといったことが挙げられまして、こうした状況は、全国的にも同様と承知しているところであります。   もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 現在は、就学前の保育の待機児童の解消や、就学後の放課後児童クラブなどの学童保育対策等の量的確保が課題となっていますが、これらの施策においては、必ずしも子供への配慮が十分ではない場合もあります。  子どもの権利条約は、十八歳未満を児童、子供と定義し、生きる権利、育つ権利、守られる権利などを実現、確保するための具体的事項を規定しています。   もっと読む
2018-12-10 長野県議会 平成30年11月定例会県民文化健康福祉委員会-12月10日-01号 これに関連して本会議でも数字が上げられていましたが、待機児童がいる市町村が、ことしの4月現在では松本市と安曇野市ということです。本当はあそこの保育園に行きたいという潜在的なものはあるそうですけれども、松本市・安曇野市に現在待機児童がいるという状態は、県はどうとらえているんでしょうか。原因、あるいは解決策についてお願いします。 ◎米久保篤 こども・家庭課長 待機児童についてのお尋ねでございます。 もっと読む
2018-12-04 北海道議会 平成30年第4回定例会-12月04日-04号 道内において、待機児童数は本年4月現在で129名となっておりますけれども、労働力不足や女性の社会参画が進んでいることから、今後、共働き世帯の一層の増加が見込まれ、保育需要も拡大していくことが予想されているところであります。   もっと読む
2018-11-30 青森県議会 2018.11.30 平成30年第296回定例会(第4号)  本文 さらに、国の無償化は初年度だけで、あとは市町村に負担を強いるとか、民営化がさらに進み、認可保育所の基準に満たない保育施設が増加したり、保護者の立場からは待機児童解消が優先課題との指摘もあり、無償化の中身が問われています。  国の幼児教育(保育料)の無償化の主な内容と県の対応方針を伺います。  次は、就学援助制度の入学準備金と支給時期の問題です。   もっと読む
2018-11-02 茨城県議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018.11.02 次に,幼児教育の無償化に向けた待機児童対策について伺います。  先般,政府は,少子高齢化の克服に向け,「人づくり革命」の具体策をまとめました。高齢者中心の社会保障政策から,子育て世代など全世代型へと転換を図ったことは高く評価するものです。   もっと読む
2018-11-02 茨城県議会 平成30年第4回定例会(第3号) 発言通告事項一覧 開催日:2018.11.02 地方創生の姿                        知     事  (2)県財政の健全化                             総 務 部 長  (3)中小企業における人材確保対策                      産業戦略部長  (4)子どもの貧困における格差の是正                     保健福祉部福祉担当部長  (5)幼児教育の無償化に向けた待機児童対策 もっと読む
2018-11-01 佐賀県議会 平成30年11月定例会(第5日) 本文 一、待機児童の解消に向けて取り組んだ保育士確保プロジェクトや保育  士の処遇改善などの事業の課題を検証し、今後の施策に反映されたい。 一、特別支援学校のスクールバス運行に当たり、保護者や学校からの意  見、要望を踏まえ、今後さらなる改善に努められたい。 もっと読む
2018-10-25 愛媛県議会 平成30年少子高齢化・人口問題調査特別委員会(10月25日) ○(子育て支援課長) 放課後児童クラブの量的な面での状況だと思いますけれども、県としては、市町の要望を受けまして、どれだけの数が要るのかというニーズを市町で調べていただきまして、それに応じた施設が整備できますよう、国の補助金等を活用しながら支援しておりまして、ただどうしてもニーズに応え切れない部分が出ますので、若干の待機児童、希望しても入れない児童さんがいらっしゃるのは現実でございます。 もっと読む
2018-10-25 茨城県議会 平成30年決算特別委員会  本文 開催日:2018.10.25 表の1番目,安心こども支援事業は,待機児童の解消や子育て環境の改善を図るため,健やかこども基金を活用して,保育所,認定こども園等の整備等を実施する市町村に対して補助を行ったものでございます。   もっと読む
2018-10-22 東京都議会 2018-10-22 平成29年度各会計決算特別委員会第2分科会(第4号) 本文 5 ◯斉藤委員 私からは、待機児童対策、介護人材定着支援、不妊検査等助成、動物愛護の四つのテーマについてご質問させていただきます。よろしくお願いします。  まず、待機児童対策について伺います。  知事就任以降、矢継ぎ早に打ち出した多くの施策が実を結び、本年四月の待機児童が三千百七十二人減と大幅に減少しております。 もっと読む
2018-10-19 東京都議会 2018-10-19 平成29年度各会計決算特別委員会第2分科会(第3号) 本文 東京都はこれまで、保育所の整備を初めとする保育サービスの拡充を進めて、その結果、本年四月時点でございますが、東京都の待機児童は五千人余りに減少したというふうなことでございます。この点は本当に大きく評価をしたいと思います。   もっと読む
2018-10-17 長野県議会 平成30年 9月定例会本会議−10月17日-08号 このほか、待機児童が発生している状況から、保育士人材バンクの機能強化については期待される事業であるのでしっかり取り組んでほしいとの意見や、信濃美術館の整備については視覚に障害のある方も楽しめる美術館としての工夫を取り入れていくべきなどの意見が出されたところであります。  次に、健康福祉部関係についてであります。   もっと読む
2018-10-12 東京都議会 2018-10-12 平成29年度各会計決算特別委員会第2分科会(第2号) 本文 保育サービスの拡充では、待機児童の解消に向け、保育所等の整備促進、人材の確保・定着の支援、利用者支援の充実の三つの柱に対策を実施し、保育サービスの拡充や保育人材の確保、定着等につながる取り組みを加速させました。また、子供家庭支援区市町村包括補助事業や子育て推進交付金によりまして、区市町村における子育て支援全般の充実を図ったところでございます。  七ページをお開き願います。 もっと読む