311件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東京都議会 2020-10-05 2020-10-05 令和2年総務委員会 本文

この夏、九州地方中心とした豪雨災害発生しました。その際、避難所での生活や救助の際のボランティアのあり方などが、新型コロナウイルス禍のもとで従前とは違う対応が求められました。  避難所では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のためにソーシャルディスタンスが必要となり、避難所収容人数に制限が出る可能性も指摘されました。

新潟県議会 2020-09-29 09月29日-開会、議案説明、委員長報告-01号

激甚化頻発化する豪雨災害に備え、防災減災対策を着実に進める重要性は年々高まっています。洪水被害軽減に向けた河川河床掘削等を集中的に進めるとともに、新たに河川監視カメラを123か所に設置し、河川水位と画像を一体的に確認できるよう河川防災情報システムを改修し、監視体制強化を図っているところです。 

石川県議会 2020-09-28 令和 2年 9月28日予算委員会−09月28日-01号

そのため、もともと県の地域防災計画では大規模水害などの発生に備え、市町河川氾濫などで水没するおそれのある地域住民が、市町の境を越え、安全な地域事前避難できますよう、あらかじめ他の市町広域避難に関する応援協定の締結など、広域避難体制の整備に努めることとしてございます。

福井県議会 2020-09-16 令和2年第412回定例会(第3号 一般質問) 本文 2020-09-16

原子力災害時の広域避難につきましては、基本的には高速道路ですとか、それから国道、こういった幹線道路を使うということになっています。狭い道路に入り込みますと、何かあったときに救出等に時間がかかったりもいたしますので、基本的にはそういった大きな幹線道路を使うということになっておるわけでございます。  

茨城県議会 2020-09-09 令和2年第3回定例会(第2号) 本文 開催日: 2020-09-09

また,さきの豪雨災害では,他県からの応援職員が感染していた事例も発生し,被災地入りする前のPCR検査必要性など,実に多くの課題が浮き彫りとなった次第であります。  それゆえ,甚大な被害が広域的に発生した場合には,単独の市町村で対応することは極めて困難であり,あらゆる事態を想定し,市町村域を超えた広域避難所の設置などを視野に入れて,県は,より主体的に市町村を支援していくべきであります。  

千葉県議会 2020-09-04 令和2年9月定例会(第4日目) 本文

市町村の要望の中にもありますが、利根川や江戸川等の大規模河川氾濫した場合には、河川に隣接する多くの自治体が被災をし、数十万人を超える地域住民広域避難を余儀なくされ、混乱が予想されることは火を見るよりも明らかであります。  国においては、広域避難計画を策定するに当たり、江東5区、墨田・江東・足立・葛飾・江戸川区をモデルに検討しております。

埼玉県議会 2020-09-01 10月02日-04号

また、新型コロナウイルス感染症並び豪雨災害でお亡くなりになった方々に心より哀悼の意を表します。 それでは始めます。 子供医療費助成について。 昨年六月定例会の初めての一般質問でも最初に取り上げました、子供医療費助成拡大についてお伺いいたします。埼玉県の施策では、乳幼児医療費支給事業という事業名です。私はあえて子供医療費の名目で質問したいと思います。 

大阪府議会 2020-09-01 09月30日-05号

各地で頻発する豪雨災害地震災害におきまして、消防職員が、災害現場の最前線で生命と財産を守るために活動をしていただいておりますが、大阪府内消防本部でのドローンの活用状況と併せて、さらなる活用に向けて府としてどのように取り組んでいくのか、危機管理監にお伺いをいたします。 ○副議長(しかた松男君) 橋本危機管理監

岐阜県議会 2020-09-01 10月01日-03号

続きまして、新型コロナウイルス感染拡大令和二年七月豪雨災害影響により厳しい状況に置かれている中小小規模事業皆様への支援について、二点お尋ねをいたします。 言うまでもなく、新型コロナウイルス感染拡大により多くの中小小規模事業者皆様影響を受けています。そして、さらに令和二年七月豪雨発災により、県内の事業所店舗等にも被害が及びました。

山梨県議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第5号) 本文

また、昭和通り緊急輸送道路に指定され、沿道には昭和町の広域避難地である押原公園のほか、昭和町役場などがあり、地域住民防災拠点を支える重要な道路でもあります。  県は、これまで無電柱化事業を進める中、飯喰東交差点から釜無工業団地入口交差点間の事業を完成してきており、道路から電柱・電線が消えた景色を見るにつけ、災害に強い道路になったという安心感を抱きます。  

新潟県議会 2020-06-16 06月16日-開会、議案説明、委員長報告-01号

さらに、その後就任されました泉田県知事には、就任直前中越大震災中越沖地震東日本大震災福島原発事故による避難民の多くを受け入れられ、豪雨災害、豪雪災害、まさに泉田県政災害の連続で、その後始末に大変御苦労なされ、復興資金調達等、確保され、感謝の念で頭が下がります。 その後登場されました米山前県知事

千葉県議会 2020-06-04 令和2年6月定例会(第4日目) 本文

国も、昨今の各地で頻発している豪雨災害を受け、過去の最大雨量のみを指標とするのではなく、気候変動を踏まえた治水対策に方針転換したとのことであります。国土交通省流域治水多重防御治水への転換を検討しており、あらゆる関係者流域全体で治水対策に取り組んでいくことを目指しております。入間川流域緊急治水対策プロジェクトなどにも、新しい国の考え方が導入されることになっております。

宮城県議会 2020-02-27 03月03日-07号

宮城野区のほぼ全域と若林区の一部の雨水排水が集中する梅田川流域では、一九八六年、八・五豪雨災害以来三年から四年に一度のペースで内水氾濫を起こし、集落丸ごと規模床上浸水襲区域が点在しています。そこで、地元有志が国に直接働きかけ、一九九二年都市河川内水対策特別緊急事業に梅田川が指定され、仙台市を通じて国から三カ年百八十億円の予算投下が実施されました。