59件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北海道議会 2020-11-24 令和2年第15回食と観光対策特別委員会会議録-11月24日-01号

併せて、札幌市街部分定山渓等扱いについてですが、市街地ホテルに宿泊した場合は、夕食飲食店に行く場合が多いと思いますが、定山渓などの温泉旅館等に宿泊した場合は、夕食旅館内で取ることが多いと思いますし、旅行者の行動も大きく違うと考えられますが、札幌市内であれば同じ扱いにするということなのか伺います。

埼玉県議会 2019-12-01 12月09日-03号

また、栗橋大利根バイパスは四車線整備が進められ、沿線では加須インターチェンジ東地区産業団地も並行して進行しておりますが、既に開通している東武伊勢崎線をまたぐ神戸陸橋など、加須市及び羽生市内の一部区間が暫定二車線のままで、四車線化整備がされていない区間があるため、各市街部分において、今後交通渋滞発生することが懸念されているところです。

岡山県議会 2017-09-12 09月12日-03号

都市の将来像をどういうふうにしていくかというので,きちっと計画的に市街化区域は広げていっていただきたいと,私は思っておりますので,そういう意味で,でき上がったからそこは入れていくんだというのですと,ばらばらばらばらになることもありますので,やはりそこはきちっと,まず市町のほうで将来像をつくっていただいて,その中できちっとやっていただいていくということが必要で,ただ今の答弁でもお答えしたように,既成市街部分

愛媛県議会 2017-04-27 平成29年行政改革・地方分権特別委員会( 4月27日)

それから、それに関連して、今ブルーラインの話がありましたが、四国一周サイクリングコースをつくるときにブルーラインとして整備せざるを得ない市街部分と、いわゆる市街地も含めてですけれども郊外を主にした自転車道として整備できる部分、例えば高知だったら高知でも足摺の方も四万十の方もできていますが、高知安芸自転車道として一般道路と別に自転車専用道路をつくっております。

富山県議会 2011-11-22 平成23年防災対策等特別委員会 開催日: 2011-11-22

まず、先ほど稗苗委員からありました断層帯、私は呉羽山断層帯市街部分の調査について伺っておきたいと思います。  先ほど課長答弁をされましたが、大切なことだと思います。防災の基本は、最悪の事態を予測して、日ごろから危険性を正しく県民に伝えておくこと。みずからの頭でいざというときの対応、判断ができるような防災教育、生涯教育をきちんとしておくこと。

新潟県議会 2011-10-03 10月03日-一般質問-04号

特に五十嵐川や刈谷田川の市街部分では河川からのはんらんによる被害、これがなかったということから、これまでの整備が一定の効果を発揮したものと認識をいたしております。 一方、上流部、そしてまた支川については被害発生をしております。このたび設立をしました平成23年7月新潟・福島豪雨対策検討委員会検討を行ってまいりたいと思います。

福岡県議会 2007-02-10 平成19年2月定例会(第10日) 本文

さらにこれに並行しまして、中心市街部分住宅居住というのが減ってまいっております。そしてまた、居住郊外まで行きませんけれども、外側に移っているということがありまして、お客さんの数が減っておるということがあるわけであります。総じてこういうような状況になっておりますけれども、一番中心的な理由は、これを支えるモータリゼーションが徹底的に進んだということであると思います。

長崎県議会 2003-12-08 12月08日-04号

3、JR長崎本線市街部分立体交差化について。 長崎市街地にとって長崎新幹線と連動したJR長崎本線市街部分立体化についてであります。 長崎市内を南北に走るJR長崎本線立体化は、市街地平面踏切における交通渋滞を解消し、鉄道により分断されている東西市街地の一体化を実現できる事業として期待されております。

福井県議会 2003-07-04 平成15年第334回定例会(第4号 一般質問) 本文 2003-07-04

下流の日野川改修とも関連すると思いますが、ホテル料理屋さんの多い市街部分だけでも明るく清潔な河川にしていただきたいし、木田橋から大瀬橋間は柳や草木など整備を望みますが、対応策や見通しを伺います。  福井加賀線、いわゆる芦原街道福井市北部は、長年、朝夕の交通渋滞がひどく、渋滞の車は中には住宅街へ入り込み、大変危険な状況です。

青森県議会 2002-08-21 平成14年建設公営企業委員会 本文 開催日: 2002-08-21

それから、上流の金木町の市街部分その区間につきましては、治水安全度の向上を図る必要があるということで、平成2年度から改めまして、旧十川合流点から上流津軽鉄道橋までの間、2,660メートルでございますが、先生今おっしゃったように、広域基幹河川改修事業整備を進めてございます。  

宮崎県議会 2002-08-04 09月17日-04号

しかしながら、県内にはまだ慢性的な渋滞の続いている箇所が残されており、例えば日向市の塩見大橋から以南の財光寺の市街部分や美々津までの区間においては、深刻な交通渋滞が続いております。このほかにも、宮崎市近郊や都城市内なども慢性的な渋滞発生しており、早急な対策が望まれているところであります。そこで、国道10号における渋滞対策取り組み状況について、土木部長にお伺いをいたします。 

熊本県議会 2002-06-01 06月25日-04号

この実態の解消のためには事業の延伸が当然と思われますが、市街部分については、既に菊池市議会において、市街地活性化に最も有効と思われる現道の拡幅を決議されておりますし、平成十年九月議会では、当時の土木部長も、菊池市内の四車線化が必要で、事業採択に努力すると答弁されております。 旭志村から菊池市街地への四車線化に取り組む中で、その具体的な着工年度について、土木部長お尋ねをいたします。  

福井県議会 2001-07-09 平成13年第324回定例会(第6号 閉会日) 本文 2001-07-09

次に、福井鉄道福武線について言及があり、委員より、「車両の軽量化による市街部分高架化可能性高架下有効利用」についてただしたのに対し、理事者より、「事業者赤字経営であり、困難であると考えるが、今後この点も含めて研究、検討していきたい」との見解が示されたのであります。