282件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿児島県議会 2019-09-19 2019-09-19 令和元年第3回定例会(第4日目) 本文

三つの医療費の窓口無料で安心して医療が受けられるかごしまをつくる会は、全ての子供たちの三つの医療費、すなわち乳幼児医療、ひとり親家庭医療、重度心身障害者医療の窓口無料を求め、これまで四回にわたって、一万五百九十四筆の署名を三反園知事宛てに提出されました。  こうした状況を踏まえ、次の点について知事に伺います。  

鹿児島県議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年環境厚生委員会 本文

三、ひとり親家庭医療費助成事業につきましては、ひとり親家庭等に対して医療費助成を行う市町村補助するための経費でございます。  次に、児童福祉施設費でございます。入所施設整備費の入所施設整備事業につきましては、児童養護施設等のブロック塀の改修や非常用自家発電設備の整備に要する経費でございます。  続きまして、公衆衛生総務費でございます。  九十八ページをごらんください。  

鹿児島県議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年総務委員会 本文

主な内訳でございますけれども、第九目の安心・安全ふるさと創生基金繰入金につきましては、子供から高齢者まで全ての県民が生涯にわたって安心して安全に暮らすことができるというような目的に沿った事業といたしまして、高齢者元気度アップ地域活性化事業やひとり親家庭医療費助成事業などに充当するために、百七十一億八千二百万円余りを計上いたしております。  三十七ページをお願いいたします。  

愛媛県議会 2018-07-05 平成30年環境保健福祉委員会( 7月 5日)

4母子福祉費のひとり親家庭医療費公費負担事業費は、受診件数が当初の見込みを下回ったため、6,758万4,000円の減額補正を行ったものでございます。  131ページに移りまして、6児童手当費の児童手当制度実施事業費は、受給者が当初の見込みを下回ったため、8,818万4,000円の減額補正を行ったものでございます。  以上で子育て支援課関係の説明を終わります。よろしく御審議のほどお願いいたします。

鹿児島県議会 2018-03-09 2018-03-09 平成30年環境厚生委員会 本文

ひとり親家庭等自立促進事業費の三のひとり親家庭医療費助成事業につきましては、ひとり親家庭等に対して医療費助成を行う市町村補助するための経費でございます。  続きまして、児童福祉施設費でございます。  入所施設整備費の児童福祉施設環境改善事業につきましては、児童福祉施設等の入所児童等の生活向上を図るための環境改善に要する経費でございます。  百三ページをごらんください。  

鹿児島県議会 2018-03-09 2018-03-09 平成30年総務委員会 本文

こちらにつきましては、子供から高齢者まで全ての県民が生涯にわたって安心して安全に暮らすことができる地域社会の創生に向けた施策を推進することを目的とした特定目的基金でございまして、高齢者元気度アップ地域活性化事業や、ひとり親家庭医療費助成事業などに充当するため、百六十七億四百万円余りを計上してございます。  第十五目地域医療介護総合確保基金繰入金でございます。  

鹿児島県議会 2018-03-05 2018-03-05 平成30年環境厚生委員会 本文

六十ページの三のひとり親家庭医療費助成事業につきましては、医療費助成見込み額の減に伴う補正でございます。  児童福祉施設費の入所施設整備事業につきましては、事業費の実績見込みの減等に伴う補正でございます。  六十一ページをごらんください。  公衆衛生総務費でございます。母子保健費の二の母子健康対策事業につきましては、小児慢性特定疾病医療費助成見込み額の増等に伴う補正でございます。  

鳥取県議会 2018-02-01 平成30年2月定例会(第9号) 本文

次に、ひとり親家庭医療費助成に所得制限がある理由、実は、将来にわたり持続可能な制度にするためだと共産党予算要望の回答にございました。では、どんな所得制限なら持続可能だと計算をしたのか、答えてください。  次に、国保、資料3です。  国の軽減措置で8町で保険料が下がるのは、知事など、財政支援を求めた成果と私も思います。ただ、11市町村保険料が上がります。  

鹿児島県議会 2017-12-06 2017-12-06 平成29年第4回定例会(第4日目) 本文

次に、子育て支援に関連して、ひとり親家庭医療費助成制度の手続に関してお伺いします。  ひとり親家庭医療費の申請の手続が非常に面倒で、何とかならないのかという話をよく聞きます。現状は、ひとり親家庭の方は、医療機関を受診する際に、健康保険証とひとり親家庭医療費受給者証を提示し、ひとり親家庭医療費助成金支給申請書を病院に提出します。

群馬県議会 2017-12-01 平成29年 第3回 定例会−12月01日-09号

今後も、学校家庭医療関係の3者が連携をいたしまして、安全かつ確実な医療ケアの実施に努めまして、医療的ケアを必要とする児童生徒の教育の充実を図ってまいりたいと考えております。 ◆荒木恵司 議員 県内では現在72人の医療的ケア児が特別支援学校のほうに、これからまた新設される部分の中でも受け入れ体制を行っていく。  

鹿児島県議会 2017-11-28 2017-11-28 平成29年第4回定例会 目次

…………………………………………………………………………二八六     知事の政治姿勢について      ・今回の総選挙に関して      ・国の動向と連動した本県の基本的取組等について     伝統的工芸品産業振興に関して      ・後継者育成と販路拡大について      ・鹿児島港本港区エリアまちづくりの考え方について      ・無形文化財への指定と表彰制度の活用について     ひとり親家庭医療費助成制度

福島県議会 2017-09-26 09月26日-一般質問及び質疑(一般)-04号

ひとり親家庭医療費助成制度は、18歳未満の子供を持つひとり親に医療費の助成を行う制度ですが、受診時に一旦全額を支払わなければなりません。ところが、ひとり親の多くはダブルワーク、トリプルワークをせざるを得ないという状況の中で、経済的に医療を控える実態や償還払い申請のために休むことができない実態があり、子育てを行うひとり親への支援が必要です。 

愛媛県議会 2017-06-26 平成29年環境保健福祉委員会( 6月26日)

続いて、4母子福祉費のひとり親家庭医療費公費負担事業費は、受診件数が当初の見込みを下回ったため、4,815万9,000円の減額補正を行ったものでございます。  145ページに移りまして、6児童手当費の児童手当制度実施事業費は、受給者が当初の見込みを下回ったため、9,056万1,000円の減額補正を行ったものでございます。  続いて、同じ資料2の231ページを御覧ください。  

鹿児島県議会 2017-03-13 2017-03-13 平成29年環境厚生委員会 本文

陳情の趣旨は、本県のひとり親家庭医療費助成制度及び重度心身障害者医療費助成制度は償還払い方式のため、手元にお金がないと受診をやめたり、回数を減らしたりする受診抑制が働くことから、親の経済状況に関係なく必要な医療が受けられるよう、窓口での無料を早急に実現してほしいというものでございます。  状況説明をいたします。  

鹿児島県議会 2017-03-10 2017-03-10 平成29年環境厚生委員会 本文

ひとり親家庭等自立促進事業費の次の八十六ページになりますが、三のひとり親家庭医療費助成事業につきましては、ひとり親家庭等に対して医療費助成を行う市町村補助するための経費でございます。  続きまして、児童福祉施設費でございます。  入所施設整備費の入所施設整備事業につきましては、小規模グループケア施設の新築等に要する経費でございます。  続きまして、公衆衛生総務費でございます。  

鹿児島県議会 2017-03-10 2017-03-10 平成29年総務委員会 本文

次に、第十四目安心・安全ふるさと創生基金繰入金でございますが、こちらは、子供から高齢者まで全ての県民が生涯にわたって安心して安全に暮らすことができる地域社会の創生に向けた施策を推進することという目的のもとで、高齢者元気度アップ地域活性化事業や、ひとり親家庭医療費助成事業などに充当するため、百四十一億三千四百万円余りを計上したものでございます。  三十七ページをお願いいたします。