運営者 Bitlet 姉妹サービス
17791件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-16 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号 今年で四回目に当たりますが、応募者数も第一回目四千九百九十二名、第二回目四千四百五十二名、第三回目四千二百十七名、今年は約四千五百名の応募があっており、定員四百五十名でありますので競争率も十倍から十一倍ときわめて高く、過去三回応募したが全部抽せんにはずれてしまっている人がたくさんいると聞いております。「今回当たらないともう行けなくなります。どがんかでけんもんでしょうか。 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 156 ◯内藤福祉保健局長 都は現在、待機児童の九割以上を占めるゼロ歳児から二歳児の保育サービスにつきまして、年度当初の待機児童数以上の定員拡充等を行う区市町村に対しまして、保育所等の整備費負担を軽減しているところでございます。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 申し込みは窓口か電話のみ、夏場の土日などは定員オーバーになることもあることから、五日の朝から窓口に並ばなければなりません。  ある団体で、私が予約をとる担当になりまして、先日朝七時から並びました。タッチの差で一番先頭をとることができましたが、八時になりますともう五人が並んでおりました。予約開始の十時前には十人以上と。 もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日厚生・産業常任委員会−03月12日-01号 ◎片岡 労働雇用政策課長  これは、対象が物流、建設、介護、ITの人手不足分野で、訓練の定員を120名と予定していたのですが、なかなか受講生が集まりませんでした。定員120名のところ受講生が71名と47名少なかったため、減額補正をさせていただくものです。 ◆周防清二 委員  わかるのです。それにもかかわらず減っています。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会県民生活・土木交通分科会−03月07日-01号 定員の関係で、県としては事前に人数を把握したいという思いもあると思いますが、県にメールやファクスで申し込むとなると、非常に敷居が高く、なかなか行きにくいという印象を持っています。そういったこと一つをとっても、特定の行政の人や専門家だけでやっている印象を受ける部分がありますので、もう少し丁寧にやっていただきたいと思います。これは意見にしておきます。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日文教・警察常任委員会-03月07日-01号 ○柴田智恵美 委員長  私から1点、きょうの新聞には高校受験の一般選抜で7,317人春に挑むと載っていますが、志望校が確定した一覧表を見せていただいたときに、やはり定員割れをしている高校が多いなと。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日厚生・産業常任委員会-03月07日-01号 ◆生田邦夫 委員  発達支援センターの定員を下げる理由は何ですか。 ◎丸山 障害福祉課長  療育部の定員につきましては、現行の制度上、1日当たりの利用定員を定めることとなっています。この療育部につきましては、来年度から建てかえに向けて設計等に着手していく中で、定員を改めて定めて、その定員を元にした施設整備を図っていくところから今回改正しようとしたものです。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会厚生・産業分科会-03月07日-01号 また、各地域の状況ですが、御指摘のとおり一部の地域では特別養護老人ホームの人材が確保できないので、定員があるにもかかわらず、入所できていない実情も把握しているところです。  そうした中、今後の大きな方向としましては3点かと思っております。  まず一つは、介護人材の入り口の部分です。養成施設等にお願いをしまして、各高校など出前講座で福祉に関心をもってもらうことが一点です。   もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 先般、あわら市に住む方から嶺北特別支援学校へ子供が入学するが、スクールバスが定員いっぱいで乗車できないと、そういうように言われたということであった。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 第一回目の養成講座が本年実施され、定員二百名に対し、実に千百二十四名が応募し、八百名以上が受講されたと伺いました。都民の健康への関心の高まりのあらわれであり、この機運を大いに活用することが肝要と感じます。  そして、健康づくりは、啓発よりも実践が重要です。 もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 最後に、障害者グループホームへの支援についてでありますが、都は、障害者・障害児地域生活支援三か年プランを策定し、平成三十年度からの三年間でグループホームの定員数を二千人分ふやす目標を掲げ、国の制度に加え、整備費や運営費を独自に補助しております。   もっと読む
2019-02-26 福井県議会 2019.02.26 平成31年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 国内外の船会社や旅行会社などへの営業訪問など、さまざまな誘致活動に取り組んでおり、定員2,700名の大型クルーズ客船、ダイヤモンド・プリセスが、11月に敦賀港に寄港することが既に決まっている。  さらに、来年2020年は4回、4月、8月、9月、11月の寄港が先日、決定したところである。地元敦賀市や県内の観光地と協力しながら、受入準備を進めていく。 もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 警察委員会 本文 開催日: 2019-02-18 次に、第三六号議案「福岡県警察の組織及び定員に関する条例の一部を改正する条例の制定について」を議題といたします。執行部の説明を求めます。井澤警務部長。 もっと読む
2019-02-13 福井県議会 2019.02.13 平成31年第405回定例会(第1号 開会日) 本文 海外クルーズ船の誘致でありますが、国内外の船会社や旅行会社等への誘致活動を積極的に行っており、定員2,700名の大型クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」の本年11月の寄港が決まっております。さらに翌年は4回の寄港が既に内定しており、明日、クルーズを主宰する会社から正式に発表される予定であります。 もっと読む
2019-02-10 福岡県議会 平成31年2月定例会(第10日) 本文 待機児童を解消していくため、平成二十三年度から二十九年度までの七年間で二万二千四百二十七人分の保育所の定員をふやすとともに、保育士確保に取り組んでまいりました。しかしながら、待機児童は平成三十年四月に、この時点で福岡地域が八百四十一人、北九州地域が二十三人、筑豊地域が四十五人、筑後地域が八十六人で、全体の八五%を福岡地域が占めております。 もっと読む
2019-02-10 福岡県議会 平成31年2月定例会(第10日)〔資料〕 ─┨ ┃ 35 │福岡県公の施設の設置及び管理に関する条例及び福岡県立社会教育総合センター使用料条 │     〃     ┃ ┃   │例の一部を改正する条例の制定について                       │           ┃ ┠───┼─────────────────────────────────────────┼───────────┨ ┃ 36 │福岡県警察の組織及び定員 もっと読む
2019-02-07 福岡県議会 平成31年2月定例会(第7日) 本文 都市部の一部を除けば、施設は十分足りており、定員にはまだ余裕があるにもかかわらず、保育士が集まらないため、受け入れる子供の数を抑えざるを得ないという事例が多く出ています。このような深刻な保育士不足の問題を解決することなく無償化に踏み切れば、大きな混乱をもたらすことは火を見るよりも明らかであります。 もっと読む
2019-02-01 福岡県議会 平成31年2月定例会(第1日) 本文 第三三号議案  福岡県県立学校職員定数条例及び福岡県市町村立学校職員定数条例の一部を改正する条例の制定について  第三四号議案  福岡県公立学校職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について  第三五号議案  福岡県公の施設の設置及び管理に関する条例及び福岡県立社会教育総合センター使用料条例の一部を改正す          る条例の制定について  第三六号議案  福岡県警察の組織及び定員 もっと読む
2019-01-21 青森県議会 平成31年環境厚生委員会 本文 開催日: 2019-01-21 45 ◯奈須下医療薬務課長  まず、全体として医師がそもそも足りない、諸外国と比べても足りないんだという御意見ですけれども、これに関しましては、平成20年度、21年度あたりから、国の方でも、医師確保のための抜本的な様々な措置、大学医学部の定員増等を講じています。   もっと読む
2019-01-21 青森県議会 平成31年商工労働観光エネルギー委員会 本文 開催日: 2019-01-21 平成30年度からは参加定員をこれまでの2倍に拡大いたしまして、より多くの生徒に受講機会を提供するなど、その取り組みを拡充してきているところです。このような取り組みを通じまして、人材の育成を図っていきたいと考えているところであります。 もっと読む