32339件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-01 06月15日-05号

また横浜市では、昨年四月以降に四人が発病し、五十六年十二月現在で十三人の子供が治療を受けています。 どうか本県においても、神経芽細胞腫を早期発見するために、六カ月児の集団検診をぜひ実施していただきたいと思いますが、衛生部長答弁をお願いします。  〔衛生部長清田幸雄君登壇〕 ◎衛生部長清田幸雄君) 小児がん、特に神経芽細胞腫につきましてのいまの問題提起につきましてお答えを申し上げます。 

熊本県議会 2045-06-01 06月14日-04号

また、一番末の子供が結婚をする年齢は五十四・七歳となり、夫が死亡するまで夫婦二人で暮らす年数は十五・八年であると言われ子供が独立したあとの生活も人生の三分の一を占めるということであり、婦人のこのようなライフサイクルの変化による対応が大変重要になってくると思います。 

熊本県議会 2045-06-01 06月12日-03号

また、その先生は、スポーツをやる児童生徒は勉強も当然のことながら熱心にしなければならないという信念を持っておられますので、教えを受けておる子供たちがそれこそ両方に精を出して、親はこんなにありがたいことはないと心から感謝していると聞いております。このような先生は恐らく全県下にかなり多くおられると思いますけれども、まことに結構なことで本当にありがたいと、このように思うわけでございます。 

兵庫県議会 2021-03-24 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第10日 3月24日)

子供悪影響が及ぶとの懸念がありますが、この姓は出生時に決定するので、子が混乱をすることはなく、逆に親の離婚や再婚で子が姓の変更を余儀なくされるという悪影響を回避できます。日本伝統が損なわれるとの懸念がありますが、夫婦同姓は、明治31年に当時のドイツに倣って導入されたもので、日本古来伝統ではありません。なお、夫婦同姓を法律で義務付けている国は、現在、世界で日本のみであります。  

兵庫県議会 2021-03-22 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第9日 3月22日)

安全安心兵庫づくりについては、新型コロナウイルス対策として、県民の生命と健康を守る医療提供体制の充実・強化、全県における円滑なワクチン接種に向けた体制の構築、医療介護従事者へのPCR検査の拡充、県立病院の持続可能な経営と職員の負担軽減コロナ禍を考慮した避難行動避難所の運営、コロナ禍における自殺予防対策子供の心のケア、暮らしの安心確保のための緊急雇用対策技能習得訓練などが求められました。

石川県議会 2021-03-18 令和 3年 3月18日商工観光公安委員会-03月18日-01号

4、運動重点については、子供高齢者をはじめとする歩行者の安全の確保、自転車の安全利用推進歩行者等保護をはじめとする安全運転意識向上などの3点です。  5、主要行事については、運動初日の4月6日に知事メッセージ伝達式街頭キャンペーン街頭交通推進隊等の皆様と連携した県下一斉赤ランプ作戦等を実施する予定です。  

石川県議会 2021-03-18 令和 3年 3月18日厚生文教委員会-03月18日-01号

子供たち学びとの兼ね合いは非常に難しいので、その辺りは、私はさきに一歩一歩着実にという言葉を申し上げましたが、これまでの取組方針に掲げていることを一つ一つ着実にやっていく。当然、法令上はゴールをいつまでにゼロにするというのはうたってありますが、そこは現場の状況を見ながら一つ一つやっていかなければならない。  それと、委員言われましたが、教育の問題はこれだけではありません。

兵庫県議会 2021-03-03 令和 3年文教常任委員会( 3月 3日)

○(山本敏信委員)  私の考えだと10万円に対して15万とか20万とか、そういう高額な費用を組むのだったらそういう話も分かるけれども、基準に対しての許容範囲だと思うので、その辺学校側に、これからもやはり生徒先生保護者のそういう話をする中で、子供たちのために、よりよい修学旅行ができるように、配慮をお願いしたい。

兵庫県議会 2021-03-03 令和 3年農政環境常任委員会( 3月 3日)

大人の都合は別にしても、子供にとってみれば、とてもおいしい学校給食が食べられてよかったということである。私も芦屋の学校にも行かせていただいたし、兵庫県に社会科見学に来られた子供たちも、この学校給食はとてもおいしかったと言っていた。子供たちの顔と喜びを見ると、とてもよかったんだなと思った次第である。  少し前の一般質問知事答弁で、思い出を持つということをおっしゃっていた。

兵庫県議会 2021-03-02 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第7日 3月 2日)

○(中野郁吾議員)  子供たちがこのコロナ禍で、すごいストレスを抱えてたというところで、やっぱり不安なところから他人に対し攻撃的なところが出てきたりしますけれども、学校地域、また子供たち同士でも助け合いの心を持つという精神を育んでもらいたいと思います。  再質問させてもらいます。  

兵庫県議会 2021-03-01 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第6日 3月 1日)

仮に、皆さんのところに施設子供が、お金はないが大学へ行きたいと相談に来たら皆さんはどんな返事をしますか。貸与型奨学金金融機関からお金を借るように勧めますか。全て借金になることを含めて勧められますか。家庭が貧しいとか、児童養護施設で育ったことは子供の責任ではありません。貧困家庭施設子供は、社会人になっても貧困の連鎖の荷を負わなければならないのは理不尽だと思いませんか。  

東京都議会 2021-02-26 2021-02-26 令和3年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文

次に、子供アドボケートについてでございますが、子供意見表明支援し、必要に応じてその意向を適切に代弁する子供アドボケートは、子供権利擁護をより一層推進する観点から重要な取り組みでございます。  現在、国は、子供意見表明支援する仕組みのあり方などを検討するため、ワーキングチームを設置し、子供アドボケートの役割や求められる資質要件などについて議論しております。  

兵庫県議会 2021-02-26 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第5日 2月26日)

一方、国では、Society5.0時代の到来や子供たち多様化の一層の進展などの状況を踏まえ、誰一人取り残すことなく、全ての子供たち可能性を引き出す教育に転換し、個別最適な学び協働的学びを実現することが必要なことから、一人ひとりの教育的ニーズに応じたきめ細かな指導を可能とする指導体制と安全・安心教育環境を整備するために、昨年末の12月21日、閣議決定した令和3年度予算案の中で、2025年度までに

東京都議会 2021-02-25 2021-02-25 令和3年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文

未来に向かって、まだまだたくさんの時間があるはずの子供に余命が宣告され、子供を亡くす親の悲しみは筆舌に尽くせません。  しかし、佐藤さんはそのことをばねに、この悲しみの全てを力に変えて、がんと闘う子供たちとその家族を支えていこうと立ち上がり、東京こどもホスピスの設立に向け奔走しています。  

兵庫県議会 2021-02-25 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第4日 2月25日)

児童遊園子供中心の遊具だけではなく、高齢者も利用できるストレッチなどの健康遊具を設置し、健康寿命ロコモ対策環境整備を行うべきです。  2012年、公営住宅法改正入居要件は、同居親族以外も可能となりました。ルームシェア明舞学生向けに募集されていますが、地域活動など細かい条件をつけずに全県営住宅で実施すべきです。学生には金がない。

東京都議会 2021-02-24 2021-02-24 令和3年第1回定例会(第2号)(速報版) 本文

コロナ禍であっても子供を産み育てやすい東京を築き、東京の目指す姿、合計特殊出生率二・〇七を達成していく東京都としての力強い支援が求められます。  東京未来を担う子供たちのためにも、妊娠、出産に係る支援を一層強化していくべきですが、見解を伺います。  社会全体で子供を見守り、育てる社会にしていくためには、子供や子連れの方が安心・安全かつ楽しく移動できる環境を整備していくことが必要です。