27773件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-01 06月14日-04号

しかし、現在でも不平等な取り扱いが残っておりますし、家庭社会のしきたりなどには、男は仕事、女は家庭という伝統的な固定観念によって、女性が多くの分野で差別されている現状であります。 ところで、婦人平均寿命を見てみますと、昭和十五年では四十九・六歳でありましたが、現在では七十八・三歳となり婦人の一生も長くなっております。

兵庫県議会 2021-03-24 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第10日 3月24日)

女性差別撤廃条約の第16条では、夫婦別姓は、夫及び妻の同一の個人的権利であることを明記しています。国連女性差別撤廃委員会は、日本政府に対し、同姓の強制は女性差別撤廃条約に違反するとして、民法の差別的規定廃止を繰り返し勧告するなど、世界から問題視されています。政府が、この勧告に長年背を向け続けることはジェンダー平等の世界121位である日本女性蔑視・差別を温存し続けることになります。

兵庫県議会 2021-03-23 令和 3年総務常任委員会( 3月23日)

    監査第1課長    加 納 恵 子        ビジョン局長  守 本   豊    人事委員会事務局長 西 村 嘉 浩        地域創生局長  今 井 良 広    人事委員会事務局任用課長                                     森 本 剛 史        科学情報局長  吉 高 昌 広        県民生活局長  高 永   徹        女性青少年局長

兵庫県議会 2021-03-22 令和 3年総務常任委員会( 3月22日)

兵庫県民会館)    第 47号議案  公の施設指定管理者指定兵庫県立尼崎青少年創造劇場)    第 48号議案  公の施設指定管理者指定兵庫県立美術館王子分館)    第 49号議案  公の施設指定管理者指定兵庫県立東播磨生活創造センター)    第 50号議案  公の施設指定管理者指定兵庫県立丹波森公苑)    第 51号議案  公の施設指定管理者指定兵庫県立ひょう女性交流館

兵庫県議会 2021-03-22 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第9日 3月22日)

人生100年時代を迎えるに当たり、高齢者はもちろん女性障害者活躍を推進する施策の充実を図るとともに教育子供たちの生きる力を育むため、新たな文理融合型教育であるSTEAM教育の更なる展開を図るとともにICTを活用した教育を充実するなど、未来を担う人材の育成強化を図ることを求めます。  5点目は、災害に強い兵庫の実現であります。  

石川県議会 2021-03-18 令和 3年 3月18日厚生文教委員会-03月18日-01号

北野喜樹 健康福祉部長  委員御指摘のとおり、長寿ということで平均寿命のほうは男性でも81歳、女性もさらに長いということで、長生きという観点では非常に延びてきています。その中で、私どもこのプランもそうなのですが、元気で長く地域でそのまま暮らしができる、住み慣れたところでこれまでどおりに暮らしができるということでいろいろと考えているところです。  

石川県議会 2021-03-18 令和 3年 3月18日総務企画県民委員会-03月18日-01号

例えば防災士スキルアップ研修においても、同じように実際の災害を想定した避難所運営の演習、あるいは女性に配慮した避難所運営方法を学ぶ研修も実施しており、市町を支援しているという状況です。  今年度やはり違いますのは、さらにそこにコロナが入ってきているということです。

兵庫県議会 2021-03-03 令和 3年産業労働常任委員会( 3月 3日)

このような家族従業者の人権を認めない所得税法第56条の廃止を求める意見書は、全国で500を超える自治体で採択され、第4次男女共同参画基本計画は、女性家族従業者として果たしている役割が適切に評価されるよう、税制等各種制度の在り方を検討すると明記した。  また、世界主要国では、家族従業者働き分必要経費として認めている。

兵庫県議会 2021-03-03 令和 3年総務常任委員会( 3月 3日)

そのような中、先日、東京オリパラ会長森会長から、女性発言についてジェンダー平等や女性社会進出に対する意識の遅れが表面化し、大きな波紋を呼んでいる。このような状況を鑑みると、日本でも女性差別撤廃条約選択議定書を批准することで、ジェンダー平等を実現するための法整備を進めていくべきと考えている。  よって、本請願の賛同に趣旨に賛同し、採択を主張する。

兵庫県議会 2021-03-02 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第7日 3月 2日)

2019年10月、祖母介護仕事の両立に疲れ果てた神戸市の当時21歳の女性祖母を殺害してしまうという悲しい事件が起こりました。家族による介護においては、家族介護をするのは当たり前といった根強い規範意識介護する方、介護を受ける方を含めて社会全体として持っていることがあるため、介護をする方が孤立し、悩みを声に出しにくい環境に置かれてしまいます。  

兵庫県議会 2021-03-01 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第6日 3月 1日)

これらへの対応として、市町では、まず無料クーポン券の発行による検診料負担軽減、二つに、正しい知識普及を図るための受診対象年齢に達した女性への検診手帳の配付、三つに、受診しやすい環境づくりに向け、特定健診とセット検診や土日の診断の実施など、がん検診受診率向上に努められています。  県としても、受診率の低い市町重点市町として指定し、目標受診率の設定を含む向上計画の策定や実践を促しています。

東京都議会 2021-02-26 2021-02-26 令和3年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文

AYA世代では、女性がん患者が非常に多く、特に二十歳以降は約八割の患者女性です。子宮頸がんや乳がんが若い世代に多いためとされております。  女性男性に比べ、働き盛りの時期にがんを患いやすく、二〇一七年度の厚生労働省調べでは、女性がん患者数は、三十代で男性の約二・四倍、四十代では約二・六倍に上ることが示されました。  

東京都議会 2021-02-25 2021-02-25 令和3年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文

女性専用車両は、被害者にとってはシェルターで、被害経験者の中には女性専用車両しか乗れない方もいます。ところが、都営交通にはほとんどありません。計画的に導入すべきです。  特に、八両編成で被害の多い大江戸線再来年度車両を六両から八両にふやす三田線は、早期に導入すべきです。いかがですか。  

兵庫県議会 2021-02-25 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第4日 2月25日)

数の確保については、銃猟やわな猟の免許取得の働きかけや普及啓発を若者や女性、農業関係者等、これまでとは違う層にも積極的に広げていく必要があると考えます。  また、質の確保については、新規の狩猟免許取得者が気軽に射撃やわなの訓練ができるようにすることはもちろん、既存の狩猟者にも安定した訓練量が提供できる環境を整備することにより、狩猟者練度の維持・向上を促進すべきだと考えます。  

東京都議会 2021-02-24 2021-02-24 令和3年第1回定例会(第2号)(速報版) 本文

庁内の意識改革を一層進めるとともに、専門知識を有する女性を公募するなどによって目標を達成してまいります。  また、都職員の約四〇%を占める女性の力を最大限生かすことができるように、都庁の管理職に占める女性割合につきましても、令和七年に二五%へ向上させることを目指し、先輩管理職にSNSなどにより相談ができるキャリアメンター制度を拡充するなど、女性活躍推進に向けた取り組みをさらに進めてまいる。

愛媛県議会 2021-02-18 令和 3年議会運営委員会( 2月18日)

全国都道府県議会議長会では、女性を含めた多様な層の住民がより議会に参画しやすくなるよう、標準都道府県議会会議規則の一部を改正し、欠席事由の例示として育児及び介護を明記するとともに出産に係る産前産後期間の規定を新たに追加をいたしました。  この趣旨に賛同し、本県議会会議規則についても、欠席事由に係る規定について、今定例会で改正したいと考えております。  

兵庫県議会 2021-02-17 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第1日 2月17日)

大企業が集中し、正規雇用が多く、女性に期待される事務職やサービス産業割合も多いため、進学や就職を機に、東京に転出する傾向が続いてきました。しかし、過密の弊害も認識され始めました。特に、このコロナ禍において著しくなっています。  昨年、パソナグループが発表した本社機能の多くを東京から淡路島に移す試みは、大きな驚きを与えました。これまでの価値観では、想像できない出来事です。

兵庫県議会 2021-02-17 令和 3年総務常任委員会( 2月17日)

       新庁舎整備室長 日下部 雅 之    人事委員会事務局任用課長                                     森 本 剛 史        建設参事    柏 樹 容 子        ビジョン局長  守 本   豊        地域創生局長  今 井 良 広        科学情報局長  吉 高 昌 広        県民生活局長  高 永   徹        女性青少年局長