47件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀県議会 2014-09-25 平成26年産業常任委員会 本文 開催日:2014年09月25日

ただ、片や、エネルギーがないから太陽光とかをいっぱいしようという、素朴なそういった意向に対して、九電がちょっと申し込みを留保、ストップとなることに対して、一般の方は非常に、再生可能エネルギーがふえて、逆に今度は待ったがかかると、何でだと、冷や水にかかったような受けとめもあるようです。

佐賀県議会 2012-12-17 平成24年有明玄海・環境対策特別委員会 本文 開催日:2012年12月17日

この発生要因ですが、自動車の排気ガスや工場からの排出ガスに含まれております窒素酸化物や揮発性有機化合物などの物質が太陽の光線、主に紫外線ですけれども、これを受けて光化学反応を起こして発生すると言われております。特に、春から秋にかけての晴れた日に高濃度となる傾向がございまして、気温が高く、日差しが強く、風が弱い日は注意が必要となると言われております。  

佐賀県議会 2012-09-25 平成24年産業常任委員会 本文 開催日:2012年09月25日

現状のままでは再稼働はできないのじゃないか、水力、火力、あるいは太陽ソーラーでいいじゃないかというふうな議論をされて、再稼働はいかがなものかという話でありました。その中で議論が一つ抜けているのは、国府が原油を買うことによって、あるいはガスを買うことによって、年間どれくらいそがれているのかという議論が国会でも県議会でも全然あっておりません。

佐賀県議会 2012-06-04 平成24年有明玄海・環境対策特別委員会 本文 開催日:2012年06月04日

これは月と太陽との回るところが少し傾いていることによってこういうことが起こります。これは事実です。環境省の委員会では両論併記しました。その原因は締め切りのせいであるとする人と、それから、締め切りの影響は少ないという人がいましたので、両論併記をした。これから先が環境省の委員会以降の成果です。  まず、キーワードとして、M2分潮の十八・六年周期という言葉が出てきます。

佐賀県議会 2012-03-14 平成24年地域経済・雇用対策特別委員会 本文 開催日:2012年03月14日

太陽光発電システム関連分野における県内企業の現在の参入状況につきましては、薄膜系太陽電池に係る製造装置メーカー一社や、軽量フィルム型太陽電池を活用した板金屋根施工会社一社、そのほか住宅用太陽光発電の施工を手がけている企業がございます。  以上でございます。

佐賀県議会 2011-09-21 平成23年産業常任委員会 本文 開催日:2011年09月21日

本県への事業者の接触動向でございますが、吉野ヶ里メガソーラーの設置表明をしました本年五月臨時県議会以降、メガソーラー事業者や太陽パネルメーカー、商社などから吉野ヶ里メガソーラーの物件情報や事業条件の照会、さらには現地調査が行われており、事業用地は高い評価を得ているところでございます。  

佐賀県議会 2011-07-01 平成23年原子力安全対策等特別委員会 本文 開催日:2011年07月01日

こうしたことをやっていくことによって、非常に太陽の降り注いでいるこの佐賀県の特性というものを発揮することができますし、これからの時代にふさわしい、それぞれの家がエネルギーを生むことになっていく、こうしたことにつながっていくのではないかと私は期待しているところでございます。  一方で、こうした再生可能エネルギーが、果たして基幹電源になり得るのかという指摘もございます。

佐賀県議会 2011-03-02 平成23年文教厚生常任委員会 本文 開催日:2011年03月02日

あわせて、こうした場合に、今このドクターヘリの一つの基本的な弱点というのは、いわゆる太陽が出ている明るいうちだけしか運航できないという基本的な問題があります。こうした場合に、夜間の運航についてはできないという状況の中で、いろんなところで特色のある使い方をしている。

佐賀県議会 2010-12-13 平成22年産業常任委員会 本文 開催日:2010年12月13日

地熱であるとか、太陽熱であるとか、それから、前もちょっと言いましたかね、佐賀の方が磁気の発電も研究していらっしゃると聞きました。磁気というのは場所さえ変われば磁気は変わるわけですから、これもすごいものだと思います。地熱発電なんていうのは掘らなきゃいけないわけですね。  

佐賀県議会 2010-11-17 平成22年度決算特別委員会(第8日) 本文 開催日:2011年11月17日

78 ◯池上建築住宅課長=当然、こういった助成金につきましては経費を伴うわけでございますが、このアベニュー与賀団地につきましては、開発された当時から良好な住宅地の造成ということで、ウッドタウンとしての取り組みだとか、あるいは環境に配慮した団地の取り組みと、そういったものを大きな販売戦略としてとられたものでありますので、こういった太陽光とかエコキュート、こういった省エネ対策について支援を

佐賀県議会 2010-11-01 平成22年11月定例会(第7日) 本文

関係国、周辺国が北朝鮮の挑発に乗るのではなく、太陽政策で努力していくことが歴史的に見ても求められていることを強く指摘いたします。  こういう意見書は上げるべきではないとして、反対を表明いたします。 37 ◎議長(留守茂幸君) 以上をもちまして、討論を終了し採決に入ります。         

佐賀県議会 2010-09-21 平成22年産業常任委員会 本文 開催日:2010年09月21日

ところが、本丸歴史館の、展示物が太陽でやけないように暗くした部屋があるでしょう。そこで副島種臣展がありました。副島種臣展のときは、それはレプリカですから、本物は国会図書館かどこかに置いてあると思います。それが展示されました。展示されてから、「戻してください」と私は何度でも言いますけれども、せからしかおばっちゃんとしか思われていないのか、戻らないわけです。だから、みんなで言わないとですね。

佐賀県議会 2010-06-25 平成22年有明玄海・エネルギー対策特別委員会 本文 開催日:2010年06月25日

二番目、「石炭、石油、天然ガスよりは排出量が少ないが、再生可能エネルギーよりも多く出る」、だから、太陽熱とか太陽光にしなさいと書いてある。「今後の方向、負の遺産をふやし続けている産業政策を根底から転換する」、「再処理費用に関する無制限な費用徴収を可能とする制度を改める」、「再生可能エネルギーの普及のための電気料金の再設計をし、エネルギー政策の転換をすべし」と。

佐賀県議会 2010-03-19 平成22年有明玄海・エネルギー対策特別委員会 本文 開催日:2010年03月19日

一つは新エネルギー・再生可能エネルギーについてということですが、この委員会で、鳥栖市にある木質バイオマスの燃料利用の環境関連会社や軽量タイプの太陽電池の開発会社を視察いたしました。特に軽量タイプの太陽電池には本当に驚き、感心もいたしました。新エネルギー、省エネルギー、そして再生可能エネルギー、これは地球温暖化対策として、今注目を集めております。

佐賀県議会 2010-03-18 平成22年地域経済・雇用対策特別委員会 本文 開催日:2010年03月18日

次に、中長期的な対策としては、今後、飛躍的な需要が期待されます太陽電池ですとか二次電池、あるいは発光ダイオードといったようなエネルギー・環境関連産業や、高齢化の進展に伴いまして今後成長が見込まれます健康、医療、介護分野の産業誘致に力を入れていきたいと考えております。  

佐賀県議会 2010-03-12 平成22年産業常任委員会 本文 開催日:2010年03月12日

次に、中長期的には、今後、飛躍的な需要が期待されます太陽電池や二次電池、発光ダイオードなどエネルギー・環境関連産業や、高齢化の進展に伴い今後成長が見込まれます健康・医療・介護分野の産業誘致に力を入れていきたいと考えております。  誘致に当たりましては、今後とも、本県の特徴でございます全国的にも最も地震の発生件数が少ない県の一つであること。

佐賀県議会 2009-12-15 平成21年有明玄海・エネルギー対策特別委員会 本文 開催日:2009年12月15日

学者は、プルトニウムはリサイクルするたびに劣化していって使いにくくなって危険度が増すと言われることをここに置いて、何とか資源小国、資源小国なら太陽エネルギーを使えばいいじゃありませんか、無限ですよ。  それで、話があちこちいってますが、もんじゅが動いて初めて自然の節約になるということは、初めからわかっていたじゃありませんか。もんじゅはまだ動いてないじゃありませんか、十年以上。