運営者 Bitlet 姉妹サービス
92件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 福井県議会 2018.12.06 平成30年第404回定例会(第4号 一般質問) 本文 また、ガリウムヒ素太陽電池にはヒ素が含まれていますが、ガリウムヒ素太陽電池は宇宙など特殊用途にしか使われていませんから心配ありません。などなど、太陽電池に含まれる有害物質はそれほど心配なく、また経産省はどのような材料が含まれているかを表示するようにメーカーに要求しているところでもあります。  こうした情報は、前回の県の答弁を聞いてがっくりきた県内業者の方々からのものです。 もっと読む
2018-10-25 福井県議会 2018.10.25 平成30年予算決算特別委員会総務教育分科会 本文 これについては、今若狭湾エネルギー研究センターで太陽炉を使ってマグネシウムの還元実験を行っている。現状としては、これは平成28年度の途中から始めているが、現在では還元実験を行っており、その効率の向上を目指して、いまだ研究の途中という段階である。2つ目は、藍藻という、バクテリアであるが、そのバクテリアを活用して水素製造を行うということを研究開発している。 もっと読む
2018-07-03 福井県議会 2018.07.03 平成30年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 あるいは、地球温暖化について、これは全然温暖化ではなくて、むしろ寒冷化に向かっていると言う科学者もいっぱいいらっしゃって、温暖化の理由はCO2なんかとは全く関係なくて、太陽の黒点の動きによって大きく変わっているだけなのだという指摘がある。 もっと読む
2017-10-19 福井県議会 2017.10.19 平成29年予算決算特別委員会総務教育分科会 本文 3つ目は、マグネシウムの酸化還元ということで、若狭湾エネルギー研究センターの太陽炉を使って、水素の効率的な発生の研究を始めている。平成28年度9月補正で予算を計上し研究を始めたところであるが、順調に進めている。 ◯斉藤分科会長  ほかにないか。       〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯斉藤分科会長  ほかにないようであるから、これで電源地域振興課の審査を終わる。   もっと読む
2017-09-13 福井県議会 2017.09.13 平成29年第398回定例会(第3号 一般質問) 本文 しかしながら、最近のサイバー攻撃や太陽フレアなど、情報伝達システムを狂わせる要素は非常に多く、常に機器の状態を確かめるとともに、機器取り扱いにもなれておくことが肝要であります。また、一部の地域だけでなく、県下一斉に訓練を行い、全市町の情報伝達システムをチェックするとともに、一人でも多くの県民が経験できるようなものでなくてはなりません。 もっと読む
2017-09-05 福井県議会 2017.09.05 平成29年第398回定例会(第1号 開会日) 本文 お米の袋のデザインも決定し、おいしいお米をつくる源である太陽をモチーフに最高級をあらわす金色で輝きを放っております。販売する百貨店等には「いちほまれ」の特徴やおいしい炊き方などを直接消費者に伝える「いちほまれコンシェルジュ」を置き、認知度向上と高価格販売にぜひともつなげてまいりたいと考えます。   もっと読む
2017-03-10 福井県議会 2017.03.10 平成29年予算決算特別委員会 本文 では、私も一つ提案をすると、例えば、朝倉氏遺跡だから、朝倉の風、朝倉の水、朝倉の空、朝倉の太陽というような、わらぶき屋根なども含めた5つぐらいのもっときゃしゃな格好のゾーンをつくって、そして、水が走り、きれいな庭ができて、できたら水車とか、風力とか、太陽光といったエネルギーも含めてやるようなイメージをもし提案をしたらどうなるのか。多分、「いや、それはできない」と言うであろう。 もっと読む
2016-09-26 福井県議会 2016.09.26 平成28年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 もう1つ、太陽電池の新たなスタイルとして、球状の太陽電池を布状にして、それをいろいろな場面で使うという研究も行っている。 ◯辻委員  繊維関係も福井県にとっては非常に重要な産業であるし、中小や零細規模の事業者も大変多い状況である。もちろん意欲のある方がどんどん技術開発をされると思うのだが、その成果がほかの事業者にも活用されて、繊維産業全体の発展につながっていくような支援もぜひお願いする。 もっと読む
2015-12-03 福井県議会 2015.12.03 平成27年第389回定例会(第3号 一般質問) 本文 スイスやドイツなどでは、木材などのバイオマスや太陽熱によって得られた温水を導管により各家庭に供給するシステムが広く普及しております。  一方、我が国におきましては、このような熱導管が整備されておりませんで、また、電気のような固定価格の買取制度が現在ございませんので、ヨーロッパのようなこうした地域の熱供給システムというものは限られている状況でございます。   もっと読む
2015-10-01 福井県議会 2015.10.01 平成27年予算決算特別委員会 本文 簡単に言えば、これは堀江健一さんがヨットでアメリカに行った話と一緒で、太陽の位置でもって緯度、経度をはかって進むということを、山にも当てはめようということである。もう時代が変わってきているということは言えると思う。  それから、土砂の災害、どこどこの山が崩れたとか、最近の例では、広島県であったか、土砂崩れで10何人が亡くなったと思うが、それらも起こった後に、どうするかということである。 もっと読む
2015-07-01 福井県議会 2015.07.01 平成27年第387回定例会(第3号 一般質問) 本文 福井市の上味見、また若狭など、県内各地で森林、水、太陽といったその地域にある資源を生かした集落単位でのエネルギー自給の構想が始まっています。平成23年3月に提言された「木質バイオマス利用プラン」は、地域エネルギー自給システムなど先進的な取り組みが盛り込まれており、積極的に実施すべきと考えます。  木質バイオマス利用の具体的な進捗状況及び今後の新たな取り組みについて伺います。   もっと読む
2015-02-25 福井県議会 2015.02.25 平成27年第385回定例会(第4号 一般質問) 本文 また、スポーツを愛し、こよなく酒を愛し、まさに太陽の似合うあなたでありました。独特のあの声がひっくり返った笑い声を、もう聞くことはありません。  笠松さん、私は同期であり同学年であります。しかし、私には兄も姉もいません。笠松さんは、私のよき兄貴でございました。また、平成19年当選の「一休会」にあっても親分的存在でありました。何の前ぶれもなしに片道切符に乗ってしまい、残念でなりません。 もっと読む
2014-12-04 福井県議会 2014.12.04 平成26年第384回定例会(第3号 一般質問) 本文 20世紀最高のイベントであった大阪万国博覧会のシンボルであった太陽の塔の製作者、岡本太郎氏が朝倉氏遺跡を「芸術」としていち早く発掘しました。歴史的にも、そして芸術的にもすばらしく、価値のあるものであります。  朝倉氏遺跡は、昭和46年、1971年7月に「特別史跡」の指定、平成3年、1991年5月に「特別名勝」の指定、そして平成19年、2007年6月に「重要文化財」の指定を受けています。 もっと読む
2014-12-02 福井県議会 2014.12.02 平成26年第384回定例会(第2号 代表質問) 本文 県の建設技術研究センターにおいては、近年、環境負荷の低減に役立つ技術開発を目指し、太陽熱や地中熱による融雪などの雪対策技術のさまざまな研究も行われていると聞いております。中でも、建設技術研究センターにおいては、安価な屋根雪融雪装置が開発されているとのことですが、その普及状況を含め、消融雪技術研究の進捗や実用化の状況、及び今後の展望について伺います。   もっと読む
2014-09-25 福井県議会 2014.09.25 平成26年厚生常任委員会 本文 さらに、福祉避難所においては、お湯で体を拭いてもらうなどの給湯需要があるので、バイオマスボイラーや太陽熱などの導入も対象である。主な避難所に通じる街路における太陽光パネルを供えた電気が切れないLED街路灯も対象となる。 ◯山本(正)委員  4年間で事業を実施するのであるから、ある程度の重点的な柱や、どの施設につけるかなど、具体的な計画が見えるといいと思う。   もっと読む
2014-09-19 福井県議会 2014.09.19 平成26年第383回定例会(第4号 一般質問) 本文 専業農家であった父の毎朝の日課は、空を見上げ、お天気次第だからなと、太陽に手を合わせることから一日がスタートしていました。この言葉どおり、降雨量の多い本県において、これまで農業を経験したことがない若者が農業を始める、園芸を始めることは簡単なことではありません。ふくい園芸カレッジなどでの農業技術の習得はもちろん、就農後の農業経営のアドバイス等、きめ細やかな支援が必要であります。   もっと読む
2014-09-18 福井県議会 2014.09.18 平成26年第383回定例会(第3号 一般質問) 本文 日中、太陽、青空、全く見えません。天気が雨や曇りではありません。遠くの山も近くの森も緑に見えません。中国で深刻化している微小粒子状物質「PM2.5」などによる大気汚染によるものでありました。列車の旅といえば、車窓から眺める風景も一つの楽しみですが、この1,650キロの区間中、全く緑が緑に見えない。もやっとしておりました。夜は、月、星が見えることはありません。中国の子供はかわいそうであります。 もっと読む
2013-12-09 福井県議会 2013.12.09 平成25年産業常任委員会 本文 さらに、世界初の太陽電池織物については、量産化に向けて、高速で織る技術や電線を守る保護膜の研究を進めている。今後、大手スポーツメーカーなどへの技術営業を強化する。  北陸3県による地方産業競争力協議会については、12月2日に初会合が開催され、各県が連携して取り組む産業の戦略分野などについて検討を行った。 もっと読む
2013-11-29 福井県議会 2013.11.29 平成25年第380回定例会(第2号 代表質問) 本文 また、例えば、工業技術センターで開発した炭素繊維を加工する技術が評価され、次世代自動車のボディに使用する炭素繊維強化プラスチックの開発を行う国の大型プロジェクトに自治体として唯一参画したり、また、先日発表されたフラーレン高効率生成の技術は、太陽電池や化粧品への活用が期待されるなど今後の需要が見込める製品への活用となるすばらしい成果が出ており、このように研究の成果を最大限に生かしていくことが重要と考えます もっと読む
2013-10-24 福井県議会 2013.10.24 平成25年産業常任委員会 本文 だから、早くやらないと焦点がぼけて、太陽に向かってけんかしているような話で、幾ら言ってもできなくなる。 ◯笠松委員長  その辺は、農村振興課というよりも農林水産部への要望として検討していただくことで締めたいと思う。  ほかに発言はないか。       〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯笠松委員長  ないようであるので、これで農村振興課の調査を終わる。   もっと読む