運営者 Bitlet 姉妹サービス
33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-03-06 福島県議会 平成30年  2月 定例会-03月06日−一般質問及び質疑(一般)−08号 公明党は、かねてより太陽水素系社会の構築を訴えてきており、国のエネルギー政策の進展に大いに期待するところであります。安倍首相は会議で「基本戦略は、日本が世界の脱炭素化をリードしていくための道しるべだ。」 もっと読む
2017-09-26 福島県議会 平成29年  9月 定例会-09月26日−一般質問及び質疑(一般)−04号 太陽電池モジュールは、2014年度より全国で約2500トンが排出されており、2030年代にはその排出量は80万トンにまで増加すると予想されております。それを受け、平成28年3月、環境省は将来の太陽光パネルの大量廃棄等に備え、太陽光発電設備のリサイクル等の推進に向けたガイドラインを発表いたしました。   もっと読む
2016-06-29 福島県議会 平成28年  6月 定例会-06月29日−一般質問及び質疑(一般)−05号 浜の太陽を浴びて、会津の歴史・文化を満喫し、中通りのおもてなしを受ける、この動線を引くことこそが福島県の観光の底上げにつながると思います。  そこで、浜通り、中通り、会津地方の魅力を生かした広域の観光誘客について、県の考えをお尋ねいたします。  次に、浮体式洋上風力発電実証研究事業について質問いたします。   もっと読む
2014-06-25 福島県議会 平成26年  6月 定例会-06月25日−一般質問及び質疑(一般)−05号 一方で、適度な運動や太陽の光を浴びることによって、または親子の触れ合いといった人と人との良好な関係によってストレスを和らげる物質が体内で盛んに分泌されることも解明しています。   もっと読む
2013-12-17 福島県議会 平成25年 12月 定例会-12月17日−委員長報告〜閉会−06号 今回審査いたしました議案は、知事提出議案第1号平成25年度福島県一般会計補正予算(第5号)のうち本委員会所管分、同第7号平成25年度福島県立病院事業会計補正予算(第1号)、同第11号福島県衛生研究所検査手数料条例の一部を改正する条例、同第24号福島県立病院事業の設置等に関する条例等の一部を改正する条例、同第28号福島県総合社会福祉施設太陽の国条例の一部を改正する条例、同第29号福島県勤労身体障がい者体育館条例 もっと読む
2013-12-11 福島県議会 平成25年 12月 定例会-12月11日−一般質問及び質疑(一般)−05号 また、私たち公明党は、今後あるべきエネルギー政策として太陽・水素系社会を訴えております。太陽光と燃料電池のセットで家庭電力を賄い、エネルギー自給時代を目指しております。国も積極的な動きをしており、今後の再生可能エネルギーの行方を示すものと期待をしております。   もっと読む
2013-12-05 福島県議会 平成25年 12月 定例会-12月05日−一般質問及び質疑(代表)−02号 豊かに存在している風、水、太陽熱、光、森林の活用などでエネルギー確保を地産地消型に転換し、装置の生産や設置工事によって地域の中小企業に仕事をつくり、農林業などの発展につなげています。  まさに本県こそ、この分野で先陣を切る取り組みを行い、復興へつながる元気を示していく必要があります。 もっと読む
2012-12-07 福島県議会 平成24年 12月 定例会-12月07日−一般質問及び質疑(代表)−03号 さて、先月、商工労働部長はドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州経済省や環境省、太陽エネルギーシステム研究所などを訪問されました。再生可能エネルギー開発の先進国というだけではなく、医療関連産業が発達しているドイツは、本県復興にとって目指すべきモデル国家であり、視察は大変意義深いものと考えます。   もっと読む
2012-10-02 福島県議会 平成24年  9月 定例会-10月02日−一般質問及び質疑(一般)−04号 産業技術総合研究所福島拠点の研究につきましては、地元企業や大学等の参画を得ながら、次世代太陽電池パネルの量産技術や高効率ヒートポンプの製造技術、分散型エネルギーの安定的な運用技術など、太陽光からスマートグリッドまで広範な分野における早期の実用化を目指すものであります。 もっと読む
2012-06-21 福島県議会 平成24年  6月 定例会-06月21日−一般質問及び質疑(代表)−02号 次に、再生可能エネルギーの導入につきましては、福島県地球温暖化対策等推進基金を活用し、災害時に避難所等としての機能を有する県有施設へ導入することとしており、本年度には太陽の国病院、福島高等学校、アクアマリンふくしまなど10施設程度で太陽光パネルや蓄電池などを整備してまいります。   もっと読む
2011-03-07 福島県議会 平成23年  2月 定例会-03月07日−一般質問及び質疑(一般)−07号 背景には、前政権下でのグリーン電力証書の需要創出モデル事業の推進や、さらには平成21年4月より太陽熱についてグリーン熱証書の運用が開始され、平成23年1月からは雪氷エネルギーとバイオマス熱によるグリーン熱証書の認証が開始されるなど、年々対象範囲も拡大しています。雪氷グリーン熱証書については、積雪寒冷地における地域振興策としてもその取り組みが期待されています。   もっと読む
2011-02-17 福島県議会 平成23年  2月 定例会-02月17日−開会〜知事説明−01号 このため、「うつくしまから太陽へ」県民運動等を引き続き展開し、生活習慣病の予防啓発に努めるとともに、市町村における子宮頸がん予防ワクチン等の接種事業を支援し、疾患の予防に努めてまいります。  また、新型インフルエンザの感染予防、拡大防止のため、医療機関等との情報ネットワークを構築し、迅速な対応を図ってまいります。   もっと読む
2010-12-14 福島県議会 平成22年 11月 定例会-12月14日−委員長報告〜閉会−06号 今回審査いたしました議案は、知事提出議案第1号平成22年度福島県一般会計補正予算(第2号)のうち本委員会所管分、同第6号平成22年度福島県立病院事業会計補正予算(第1号)、同第15号福島県総合社会福祉施設太陽の国条例の一部を改正する条例、同第16号福島県知的障害者援護施設条例の一部を改正する条例、同第31号公の施設の指定管理者の指定について、同第32号公の施設の指定管理者の指定について、議員提出議案第 もっと読む
2010-03-02 福島県議会 平成22年  2月 定例会-03月02日−一般質問及び質疑(一般)−05号 そのためには、来年度より進められる太陽電池等の産業集積との連携を含めた個人や企業の太陽光発電やメガソーラー誘致などに対する総合的で積極的な支援策を取りまとめた導入計画を策定し、施策展開すべきであると考えております。  そこで、県は今回の東北電力のメガソーラー建設計画をどのように受けとめているのかお伺いいたします。   もっと読む
2010-02-24 福島県議会 平成22年  2月 定例会-02月24日−一般質問及び質疑(代表)−03号 さらに、新年度からは「うつくしまから太陽へ」チャレンジ事業として、県内各地で行われるさまざまなウオーキング大会やマラソン大会に参加をした方々の歩いた距離、走った距離を積み上げ、県のマスコットであるキビタンを太陽へ送り届けることを目標に掲げることで多くの県民の参加を促し、運動の機会をふやすとともに、生きがいづくり、健康づくりにつながる県民健康運動を展開してまいりたいと考えております。   もっと読む
2010-02-16 福島県議会 平成22年  2月 定例会-02月16日−開会〜知事説明−01号 このような取り組みの第1歩として、健康づくりの観点から、県内各地で行われるウオーキング大会やマラソン大会、駅伝大会等の走破距離を積み上げて太陽までの到達を目指す「うつくしまから太陽へ」県民健康運動を推進してまいります。   もっと読む
2009-10-01 福島県議会 平成21年  9月 定例会-10月01日−一般質問及び質疑(代表)−02号 しかし、地球温暖化、環境問題は太陽電池、太陽光パネルを主要エネルギー源とすることを後押ししていると私は考えます。  日本は、太陽光パネル、いわゆるソーラーパネルの技術水準において世界一と言われております。家庭へのソーラーパネル設置の補助金がことし1月復活いたしましたが、廃止されている間に設置水準はドイツに抜かれてしまいました。極めて残念です。 もっと読む
2009-03-19 福島県議会 平成21年  2月 定例会-03月19日−委員長報告〜閉会−09号 また、米国のオバマ大統領が掲げるグリーン・ニューディール政策に象徴されるように、今後は環境問題への関心がさらに高まり、リサイクル技術やバイオマス、太陽電池などの環境やエネルギー関連の技術革新が進むとともに、これらの市場が拡大していくことが予想されるため、この分野の集積についても積極的に検討する必要があります。  次に、地域間交流促進対策についてであります。   もっと読む
2009-03-09 福島県議会 平成21年  2月 定例会-03月09日−委員長報告〜採決−08号 財政構造改革プログラムのもと、県の財政負担を軽くするため、重度障がい者の入所施設太陽の国きびたき寮や低所得者の知的障がい者の施設である浪江ひまわり荘及び県唯一の直営だった養護老人ホーム希望ケ丘ホームの民間移譲を進め、本来公で担わなければならない公共サービスを切り捨ててしまいました。   もっと読む
2003-12-09 福島県議会 平成15年 12月 定例会-12月09日−一般質問及び質疑(代表)−03号 新エネルギーにつきましては、持続可能な循環型社会の構築等を目指す上で、石油等の代替として貴重なエネルギーであり、本県の地域特性から見て賦存量が多い太陽エネルギー、バイオマスエネルギー及び雪氷冷熱エネルギーについて、今後の技術進展を考えると、その開発利用の可能性は大きいものと見込まれるところであります。   もっと読む
  • 1
  • 2