1725件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-15 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号

地球の内部から地表を通って宇宙空間へ放射される地熱エネルギーの量は、太陽エネルギーの五千五百分の一で、人類の一年間に使用する総エネルギー量の五・五倍に相当すると言われております。地熱エネルギーは純国産で、しかも豊富なエネルギーです。わが国には六十五の火山があり、それを含め二百カ所以上の地熱地帯があります。

鹿児島県議会 2019-06-24 2019-06-24 令和元年総務委員会 本文

「燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会」の開催日程や競技数、スローガンなどを、昭和四十七年の太陽国体と比較する形でお示ししております。  令和二年の「燃ゆる感動かごしま国体」は、太陽国体から四十八年ぶりの開催となり、第七十五回国民体育大会となります。  デモンストレーションスポーツを含めますと、県内四十三の全市町村において何らかの競技を実施することになります。  

群馬県議会 2019-05-27 令和 元年 第2回 定例会-05月27日-04号

先週の土曜日、真っ青な空に照りつける太陽のもと、みどり市草木ダムのほとり、富弘美術館で行われた第73回群馬県植樹祭に議長副議長、その他多くの同僚議員とともに出席をさせていただきました。「植樹から未来に繋ぐ緑の輪」とのテーマを掲げ、子どもたちとともに地球の未来を思いながら木を植えさせていただいたところであります。植樹祭終了後は富弘美術館にも立ち寄らせていただきました。

富山県議会 2019-03-12 平成31年 保健福祉常任委員会 会期中(第1日・3月12日)本文

152 環境部部長環境政策課長 今、とりあえず川越市のほうで補助等を出しているものが四つほどあるんですが、それは太陽光発電太陽熱に対するもの、エネファーム、いわゆるコージェネレーションというシステムなんですが、それから蓄電池、こういったものが今、再生可能エネルギー補助として、川越市として個人市民の方に出している補助ということになります。

富山県議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第13日・3月5日) 本文

経緯についてでございますが、本市は全国平均と比較して日照時間が長く、太陽エネルギーの活用に適した地域であり、今後普及が見込まれる太陽光発電システムには最適であること、さらに当時行っていた省エネ対策によって削減された経費を市民に還元するという考えにより実施されるようになったものでございます。  続きまして、補助対象の単価とどのぐらいの申請があったかについてでございます。  

群馬県議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会厚生文化常任委員会(こども未来部、健康福祉部及び病院局関係)−03月05日-01号

◆萩原渉 委員   常任委員会県外調査で大分県別府にある太陽の家を視察し、中村先生の功績を見てきた。障害者の自立には、体力をつけて社会に出て行く、そういう機運の中でパラリンピックが開催された。スポーツ局の設置を機に、障害者スポーツについても是非、連携してやっていってもらいたい。  次に、温泉資源保護のための取組について伺いたい。

鹿児島県議会 2019-02-22 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文

昭和四十七年の太陽国体以来、四十八年ぶりとなる「燃ゆる感動かごしま国体」と、本県で初めての全国障害者スポーツ大会「燃ゆる感動かごしま大会」の開催まで、残すところ一年六カ月余りになりました。  両大会は、国内最大のスポーツの祭典であり、先催県を見ると、観客も含めた総参加者数が約八十万人となり、また、経済波及効果額が数百億円にも及んだとのことであります。  

鹿児島県議会 2018-12-10 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第6日目) 本文

私が危惧するのは、今の答弁だと、知事、土木部長の頭の中にあるスタジアムというのが、鴨池陸上競技場、つまり太陽国体の時代でとまっているんじゃないかということです。  スタジアムは、単なるスポーツをやる場所だけではなくて、複合的に市民・県民が常に楽しめる場所というのが、今の世界のスタンダードです。

宮城県議会 2018-12-07 平成30年 11月 定例会(第366回)-12月07日−06号

長々と述べてきましたが、十六世紀に太陽の沈まない国と言われたスペインに始まる十七世紀から十八世紀にかけての各国覇権の争いと変遷の世界史のはざま、戦国時代から天下統一、信長、秀吉を経て家康、江戸幕府への日本史のはざまを主君政宗の命により生き抜いた常長は誇るべき郷土が輩出した歴史的人物であります。

千葉県議会 2018-12-06 平成30年12月定例会(第6日目) 本文

1つは、太陽電池モジュールなどの鉛の有害物質です。一部の製品ではありますけれども、有害物質が含まれており、その製品に有害物質がまじっているかどうかが非常に見分けがつきにくい一方、製品寿命自体は長いので、排出時に製造業者がいなくなってしまっている可能性が少なくありません。有害物質に関する情報製造業者から適切に伝達されなければ、処理業者も受け入れができません。

群馬県議会 2018-11-30 平成30年 第3回 定例会-11月30日-08号

本日の質問は、先行きの不透明な現代社会にあって、雲を突き抜けて太陽の光を届けるかのように、県民の生活の声にならない声を取り上げたものであります。ベートーベンではありませんが、若くして生活費のためにバイトをせざるを得ない高校生への支援の強化、また、障害者への支援と共生社会の構築などを取り上げさせていただきます。