1016件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福岡県議会 2019-02-18 平成31年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2019-02-18

課題として、若年層を中心とした大麻事犯の増加がございます。そのため、目標として、若年層を中心とした社会全体への啓発活動の強化・推進により、薬物乱用の未然防止を目指します。そのための取り組みとしまして、小・中・高等学校における薬物乱用防止教室の開催や大学での啓発、有職・無職少年への啓発など、大麻等違法薬物に関する若年層を中心とした啓発の強化を行ってまいります。  次に、取り締まりでございます。

石川県議会 2018-12-11 平成30年12月第 5回定例会−12月11日-03号

最後に、最近社会問題化している大麻問題について伺います。  全国的にも大麻栽培の摘発がふえている状況である中、先日、地元能美市の手取川にかかる天狗橋に近い山中において大麻を栽培していた男が摘発されたという報道がありました。薬物犯罪が我々県民の身近に迫っていることを痛切に実感しました。

北海道議会 2018-12-06 平成30年第4回予算特別委員会第1分科会−12月06日-02号

こういった部分を含めて、塔を地域のシンボルとして受けとめた厚別地区や大麻地区の方々がいらっしゃると思います。  そういったことで、それぞれが解体の判断について納得して、今後につながるような未来志向の考え方で取り組んでいかなければならないというふうに考えているところであります。  

山口県議会 2018-12-05 平成 30年11月定例会-12月05日−04号

その内訳につきましては、窃盗罪二件一名、傷害罪一件一名、器物損壊罪一件一名、準強制わいせつ罪一件一名、銃砲刀剣類所持等取締法違反の罪二件二名、大麻取締法違反の罪三件三名であります。  この十件についての検察庁の処分結果についてですが、全て不起訴、起訴しなかったとの連絡を同庁から受けております。 ○議長(柳居俊学君) 木佐木大助君。     

茨城県議会 2018-11-07 平成30年文教警察常任委員会  本文 開催日:2018.11.07

主な内訳といたしましては,覚醒剤が193人と前年同期に比べ7人減少する一方で,大麻が40人と12人増加しております。  次に,2の覚醒剤・大麻事犯の年代別検挙人員の推移をごらんください。  覚醒剤事犯につきましては,本年9月末で,30歳代が44人,40歳代が65人と多く,30歳代と40歳代で全体の5割以上を占めております。

山口県議会 2018-11-02 平成 30年 決算特別委員会-11月02日

また、特別法犯につきましては、いわゆる銃刀法、これで2件2名、それから、大麻取締法違反で3件3名、計5件5名を検挙しております。  なお、増加要因でございますけれども、先ほど主な要因としてお話したとおりでございますが、個別具体的にどういった原因で増加しているのかについては、分析しておりません。 ◆河合喜代委員  これは、専門家による分析や検証がないと、県民からすると、これ防いでほしいと思いますよ。

茨城県議会 2018-10-25 平成30年決算特別委員会  本文 開催日:2018.10.25

薬事費でございますが,薬事指導費,血液対策費及び麻薬大麻取締費のいずれも需用費等の節約による,不用残でございます。  次に,3)の歳入において500万円以上の超過または不足を生じたものでございます。保健福祉費国庫補助金は,原子力安全対策費につきまして,交付決定後に事業費が減額になったことによる歳入超過でございます。  4)以降につきましては,該当はございません。  

山口県議会 2018-10-10 平成 30年 文教警察委員会-10月10日

今、日本全体で外国人観光客であったり、外国人労働者も増加しており、都会では外国人による覚醒剤や大麻、違法ドラッグの売買などをよく耳にしますし、特に隣の福岡県ではクルーズ船が多いのですが、クルーズ船で入国した方が船に戻らず、不法就労している事案もふえているということをお聞きしていますけれども、県内の来日外国人犯罪の現状は、どうなっているのでしょうか。

東京都議会 2018-09-27 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第13号) 本文

本年三月の目黒区五歳女児虐待死事件は、私の一般質問後、痛ましいノートや義父の大麻所持等、新たな事実が次々と発覚し、日本全国を揺るがす社会問題となりました。これまでも葛飾区愛羅ちゃん事件、足立区玲空斗ちゃん事件、江戸川区海渡君事件等、児童相談所が虐待と判断せず死に至る事例が繰り返されてきました。  

茨城県議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.09.07

全国薬物事犯の最近の特徴としては,大麻事犯の検挙人員が昨年過去最高となり,その内訳を年齢層別に見ますと,若年層を中心とした増加が顕著となっています。また,覚醒剤事犯では,密輸事犯の摘発が相次ぎ,ここ2年押収量が倍増している状況にあります。  当県の薬物事犯検挙人員は,近年400人前後で推移しておりましたが,平成28年は358人,昨年は306人と,ここ2年減少傾向にあります。

香川県議会 2018-09-01 平成30年[9月定例会]環境建設委員会[土木部] 本文

葛西土木部長  平成30年7月豪雨の影響で、善通寺市の大麻町で山腹が崩壊し、その一部の土砂が下流に流れ出ました。県で現地確認を行ったところ、今回の土砂災害が、国の交付金により砂防ダム建設工事を発注していたところであり、直ちにその工事の受注者に対して、土砂や雨水が住宅へ流入しないよう、大型土のうによる土どめや、排水工などの応急対策の実施を指示したところです。  

愛媛県議会 2018-07-06 平成30年スポーツ文教警察委員会( 7月 6日)

大麻事犯の検挙人員は3,008人で、過去最高を記録しております。  同じく昨年中における県内の薬物事犯の検挙人員でございますが、117人であり、そのうち覚醒剤事犯が104人、大麻事犯が12人、向精神薬事犯が1人ということで、ほぼ前年並みでございます。  また、本年5月末現在の統計では、覚醒剤事犯が前年同期比マイナス12人の27人でございます。

長崎県議会 2018-06-27 平成30年  6月定例会 文教厚生委員会-06月27日−03号

次に、今、薬害の問題といいますか、大麻問題が大きくあるんじゃないかと思っています。実は、この前の新聞でも、大麻経験者が、推定133万人全国でおるということで、長崎も、主要な地域別に見ると、高いという状況がありました。佐世保でも長崎でも薬害のキャンペーンが、先週行われておりましたけれども、高校教育においてどういう取組をされるのか。  今、G7では、カナダが大麻を合法化しました。

石川県議会 2018-06-18 平成30年 6月18日商工観光公安委員会-06月18日-01号

もう1点、けさの新聞を見ると、県内でも大麻が相当出回っているようです。全国的には130万人の大麻経験者がいると言われています。何年か前に石川県で危険ドラッグに関する条例がつくられているわけですが、それ以降、大麻や危険ドラッグの汚染状況はどうなっているのですか。 ◎舟山修 組織犯罪対策課長  まず、大麻の状況についてお答えします。  平成30年5月末現在、県内における大麻事案の検挙人員は4人です。

京都府議会 2018-06-12 2018.06.12 平成30年子どもの健やかな育みに関する特別委員会初回 本文

うち、大麻乱用少年につきましては19人ということで、これも6人減少しております。  以上、統計資料に基づき御説明を申し上げました。今後とも引き続き、関係機関・団体等と連携し、少年の規範意識の向上と非行を生まない社会づくりに努めてまいります。  私からは以上でございます。   (発言)   発言なし 5 今後の委員会運営   今後の委員会運営全般について、正副委員長に一任された。

京都府議会 2018-06-11 2018.06.11 平成30年総務・警察常任委員会初回 本文

さらに、少年による大麻乱用や非行の低年齢化等を踏まえ、薬物乱用防止教室等の開催、関係機関やボランティア等と連携をした立ち直り支援、街頭補導活動の強化等、総合的な少年非行防止対策を推進しております。  3点目は、推進重点3の「府民に不安を与える犯罪の徹底検挙と組織犯罪対策の充実・強化」についてであります。  

石川県議会 2018-06-06 平成30年 5月第 3回定例会−06月06日-03号

次に、薬物大麻問題についてお伺いをいたします。  危険ドラッグの規制が強化をされ摘発が減少している中で、大麻に絡んだ逮捕や書類送検は全国で前年より四百七十二人増加をし、初めて三千人を超え、その中では十代から三十代の若い世代への拡大が目立っております。今年二月に金沢市内で、大麻を売買をしたとして金沢西署は大麻取締法違反の疑いで逮捕。自宅などの捜査で大麻が大量に見つかりました。