382件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡山県議会 2020-09-11 09月11日-02号

さらに,例年9月以降,薄暮時間帯における高齢者道路横断中の事故が増加するため,運転者に対しては,「横断歩道歩行者優先」という交通ルール周知徹底歩行者に対しては,道路横断時における安全確認の確実な励行や,夜光反射材着用普及促進について,秋の交通安全県民運動と連動して,広報啓発活動などを強化してまいりたいと考えております。 以上でございます。   

鹿児島県議会 2020-03-12 2020-03-12 令和2年文教警察委員会 本文

また、歩行中に亡くなられた二十七人のうち高齢者十一人を含む十六人の方が夜間被害に遭われておられますが、うち十五人の方が夜光反射材着用しておりませんでした。  このような現状を踏まえ、交通指導取締り街頭活動を強化するとともに、高齢者交通事故防止対策等自治体関係機関団体連携した総合的な交通事故防止対策を図っているところであります。  

岡山県議会 2020-03-06 03月06日-06号

しかしながら,夜間薄暮や早朝時間帯で反射材等を身につけていない歩行者被害者となる交通死亡事故が増加したことなどから,今後県警察等連携し,夜光反射材着用や危険な道路横断禁止など,歩行者交通ルールの遵守と交通マナー向上についての広報啓発に取り組み,交通死亡事故減少に努めてまいりたいと存じます。 以上でございます。 ○副議長小倉弘行君)  警察本部長桐原弘毅君。   

岡山県議会 2020-02-27 02月27日-02号

全国的にも,歩行者の死者が多いことが我が国の交通事故の特色であることを踏まえ,ドライバーには,「歩行者を傷つけない運転徹底」や「夜間薄暮時間帯の早めのライト点灯対向車不在時のライト上向き点灯」,歩行者には,「横断歩道のないところを無理に横断しないこと」や「夜間夜光反射材着用すること」などの広報啓発活動等自治体関係機関団体等とも連携して積極的に進めてまいります。 

福島県議会 2019-12-19 12月19日-一般質問及び質疑(一般)-06号

歩行者安全意識向上につきましては、交通安全運動の期間を中心に地域での街頭啓発やさまざまな広報を通じて、無理な横断はしないことや歩行中の重大事故が多く発生している夕暮れ時等に外出する際は夜光反射材着用することなどについて、家族ぐるみでの実践を呼びかけているところであります。 引き続き、さまざまな機会を通じて歩行者安全意識向上に取り組んでまいります。    

鹿児島県議会 2019-12-11 2019-12-11 令和元年文教警察委員会 本文

また、歩行中に亡くなられた二十一人のうち高齢者八人を含む十三人の方が夜間被害に遭われておられますが、十二人の方が夜光反射材着用されておりませんでした。  このような現状を踏まえ、交通指導取り締まり街頭活動を強化するとともに、高齢者交通事故防止対策等自治体関係機関団体連携した総合的な交通事故防止対策を図っているところであります。  

鹿児島県議会 2019-09-26 2019-09-26 令和元年文教警察委員会 本文

また、歩行中に亡くなられた十四人のうち高齢者五人を含む九人の方が夜間被害に遭われておられますが、うち八人の方が夜光反射材着用されておりませんでした。  このような現状を踏まえ、交通指導取り締まり街頭活動を強化するとともに、高齢者交通事故防止対策等自治体関係機関団体連携した総合的な交通事故防止対策を図っているところであります。  次に、飲酒運転による交通事故についてであります。  

鹿児島県議会 2019-06-21 2019-06-21 令和元年文教警察委員会 本文

また、歩行中に亡くなられた四人のうち高齢者一人を含む三人の方が夜間被害に遭われておられますが、三人とも夜光反射材着用されておりませんでした。  このような現状を踏まえ、交通事故実態分析の上、交通指導取り締まり街頭活動を強化するとともに、高齢者交通事故防止対策等自治体関係機関連携した総合的な交通事故防止対策を図っているところであります。  

福島県議会 2019-02-27 02月27日-一般質問及び質疑(追加代表)-05号

また、夜間被害に遭う高齢歩行者も多く、そのほとんどが夜光反射材着用していない実態を踏まえ、交通安全行事高齢者宅への個別訪問機会夜光反射材着用促進へ向けた啓発活動を推進しております。 今後も高齢者特性事故実態を踏まえた効果的な対策に努めてまいります。 ○議長吉田栄光君) これをもって、高橋秀樹君の質問を終わります。 暫時休憩いたします。    

鹿児島県議会 2019-02-22 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文

高齢者が関係する交通事故については、身体機能低下要因の一つと思われる事故も発生していることから、県警察では、各種資機材により、加齢による身体機能低下を自覚していただいた上で、身体機能低下を補う運転方法道路横断方法教育夜光反射材着用などの広報啓発を行っております。  

鹿児島県議会 2018-09-27 2018-09-27 平成30年文教警察委員会 本文

また、歩行中に亡くなられた十一人のうち高齢者が約八〇%の九人で、このうち六人の高齢者夜間被害に遭われておられますが、全ての高齢者夜光反射材着用されておりませんでした。  このような現状を踏まえ、交通事故実態分析の上、交通指導取り締まり街頭活動を強化するとともに、高齢者交通事故防止対策等自治体関係機関団体連携した総合的な交通事故防止対策を図っているところであります。  

鹿児島県議会 2018-09-21 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第5日目) 本文

会費収入は、子供や高齢者交通安全教室交通安全啓発看板のぼり旗の設置、夜光反射材等交通安全用品の配布など、交通安全活動等公益目的事業等に使われております。  加入率減少要因としましては、運転者の方々の交通安全活動に対する参加意識低下や、協会の交通安全活動県民に十分理解されていないこと等があるのではないかと危惧しております。  

北海道議会 2018-03-13 平成30年第1回予算特別委員会第2分科会-03月13日-02号

また、ロゴマーク入りのバッジや夜光反射材を作成し、イベント等で配付したほか、包括連携協定を締結した企業等に御協力をいただき、ロゴマーク入りのステッカーを営業車両に掲示するなど、さまざまな活用に努めているところでございます。  今後とも、関係機関団体民間企業等連携を図りながら、ロゴマークを効果的に活用し、飲酒運転の根絶に向けた機運の醸成に取り組んでまいりたいと思います。  以上でございます。