42件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北海道議会 2019-11-07 第31期 令和元年第9回産炭地域振興・エネルギー問題調査特別委員会会議録−11月07日-01号

「(4)地域主体の新エネ導入支援事業」でございますが、「ア 設備設計」については、滝上町の木質バイオマスを活用した熱供給システム設計や、幌延町におけるペレット燃料使用したボイラーの設計に対し、また、「イ 設備導入」については、当別町や士別における木質バイオマスの利用、上川町の温泉熱や占冠村の木質バイオマスの熱利用に必要な設備導入に対し支援するものでございます。  

北海道議会 2019-10-01 令和元年第3回予算特別委員会第1分科会-10月01日-04号

◆(滝口信喜委員) きょうの報道では、士別で、来年の庁舎移転にかかわって、勤務中、職員禁煙ということを市長が言ったという報道があります。  職員には、職務専念義務があるので、勤務時間中は喫煙せず、職務に専念してもらうということでありますから、こういったこともひとつ心にとめておいていただきたいというふうに思います。  

北海道議会 2019-02-05 平成31年第2回総合政策委員会会議録-02月05日-01号

地域振興派遣による派遣先市町村の一覧を掲載しておりますが、派遣先での業務内容を幾つか御紹介いたしますと、空知管内の浦臼町では、エゾシカ被害対策として実施いたしますジビエの利活用に関する業務、食や体験・滞在交流型観光の推進に関する業務、檜山管内の江差町では、日本遺産選定を受けて実施する地域活性化に資する各種の取り組みやDMOへの総合支援に関する業務、上川管内の士別では、スポーツ合宿の聖地を目指して実施

北海道議会 2018-12-06 平成30年第4回予算特別委員会第1分科会−12月06日-02号

7月23日に上川北部地域で開催された、地域医療構想に関する説明会において、士別から、医療機関の再編統合ということを一つの方向性としてしっかり議論していかなければならないと、今後の方向性について言及され、さらに、地域がそれを進めようとしたときに道として果たしていただける役割を問う発言があったと承知しております。  

北海道議会 2018-11-13 平成30年決算特別委員会第1分科会−11月13日-05号

具体的には、物資輸送訓練といたしまして、十勝港、石狩湾新港、留萌港におきまして、港湾運送業者や倉庫業者、運送業者と連携し、船舶からの荷おろし、物資集積拠点での集約や仕分け、トラック、ヘリコプターへの積み込み、各避難所への輸送を行うとともに、避難所運営訓練として、足寄町や士別におきまして、多くの機関の御協力をいただき、展示ブースの設置や、避難所生活などに関する防災講話を行ったほか、住民が参加した宿泊訓練

北海道議会 2018-11-06 平成30年第14回総務委員会会議録−11月06日-01号

続いて、避難所運営訓練についてでございますが、メーン会場となりました足寄町と士別において、多くの機関の御協力をいただき、啓発ブースの設置や車両の展示、子どもを対象とした防災教室などに取り組んだほか、士別におきましては、住民の参加をいただき避難所宿泊訓練を実施し、実際に体育館の電気を消灯した暗闇の中で発動発電機を動かして投光器を設置したり、避難所内のレイアウトを検討するなどの訓練を実施したところでございます

三重県議会 2018-09-27 09月27日-21号

今年も私、士別の市立博物館で別件でお邪魔させてもらったんですが、地元の道議会議員に案内していただきました。そのときに、そこの学芸員の方から、いや、本当に武四郎さんというのは地域の、アイヌの人たちをすごく大事にしていただいたんだ、アイヌの人たちがいたからこそ、これだけの仕事ができたという、そのようなお話をかなり長い時間、そのことをおっしゃっておりました。 

北海道議会 2018-07-03 平成30年第2回予算特別委員会第2分科会−07月03日-04号

◎(岸学校教育局長) ホストタウン等の取り組みについてでございますが、2020年の大会に向けまして、道内では、ホストタウンとして、事前合宿を行う外国選手団を受け入れる網走市釧路市士別名寄市登別市や、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップの会場となっている札幌市では、小中学校において、相手国の選手等が自国の言語文化紹介する出前授業、子どもたちのラグビー競技体験など、さまざまな

北海道議会 2017-09-25 平成29年第3回定例会-09月25日-06号

現在、道内各地の市町村では、国際スポーツ大会の合宿誘致が活発化しており、2018年平昌オリンピック・パラリンピックに向けては、伊達市や美深町での海外チームの合宿が決定しており、2019年ラグビーワールドカップに向けましては、江別市など8自治体が、公認チームキャンプ候補地として申請しておりますほか、2020東京オリンピック・パラリンピックに向けましては、現在、名寄市士別網走市釧路市がホストタウン

北海道議会 2017-08-02 平成29年第11回人口減少問題・地方分権改革等調査特別委員会会議録-08月02日-01号

その他、③の士別名寄市スポーツを通じたまちづくりや、⑤の余市町・仁木町の連携によるワインツーリズムなど、交流人口の拡大に向けた取り組みも展開されているところであります。  なお、それぞれの取り組み概要につきましては、別添のカラー印刷しております資料1-2に整理させていただいておりますので、後ほどごらんいただきたいと思います。  

北海道議会 2017-06-30 平成29年第2回予算特別委員会第1分科会−06月30日-02号

そうした中、近年、道内の自治体の中には、広報活動の強化、電話や訪問などによる受診勧奨に力を注いでいるところが見られまして、こうした継続的な取り組みの結果、例えば、道北の士別においては、平成20年度には33.3%と、全道で58位であった受診率が、平成26年度には61.6%で、全道で7位と大きな伸びを見せているものと承知いたしております。

北海道議会 2017-03-09 平成29年第1回定例会-03月09日-06号

私が住む士別では、1899年――明治32年に最後の屯田兵が入植をされ、開拓のくわがおろされ、翌1900年――明治33年には士別駅まで鉄道が開通し、その鉄道を利用して全国各地から開拓者が訪れ、現在の基礎をつくってくれました。  さらに、大正になってからは、士別―朝日間の馬車軌道も運行され、木材の運搬に大きな役割を果たしたのであります。  

北海道議会 2016-10-04 平成28年第3回予算特別委員会第1分科会−10月04日-04号

一方で、南富良野町では、住家の浸水が多発し、住家被害を把握するための職員派遣の応援要請がありましたことから、協定に基づきまして、旭川市名寄市士別富良野市札幌市、上川総合振興局から、延べ19名の建築士などの職員を道の調整により派遣いたしまして、応急対策に従事したところでございます。  

北海道議会 2016-09-28 平成28年第3回定例会-09月28日-07号

震災後、再生可能エネルギーへの期待が高まる中、士別から、朝日発電所建設に向けた要望が出されているにもかかわらず、企業局は取り組む姿勢を見せておりません。  私は、新たな電源開発や、地域の声に応えるためにも、企業局として、積極的に、再生可能エネルギーの普及拡大、そして新たな電源開発に取り組むべきと考えますが、公営企業管理者の見解を伺い、私の質問を終わります。

北海道議会 2015-11-06 平成27年決算特別委員会−11月06日-03号

◎(根本発電参事) 過去の新規事業の計画についてでありますが、企業局におきましては、所管する岩尾内発電所との一体管理や水系の一貫運用が図られるなど、立地条件がすぐれております士別朝日町での発電所建設につきまして、平成5年度から、開発の可能性の検討を進めたところでございます。