690件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北海道議会 2019-09-27 令和元年第3回予算特別委員会第2分科会−09月27日-02号

一方、地方競馬特別会計として独立採算性が求められる財政運営は、ここ数年に限って言いますと、収支改善が図られまして、この4年間、一般会計への長期借入金の返済、あるいは、特別会計基金会計への積み立てに一定額が充てられているということであります。  そこでまず、特別会計の概要について、過去から現在まで、時系列での収支の推移をお伺いいたしたいと思います。

石川県議会 2019-09-24 令和 元年 9月24日環境農林建設委員会-09月24日-01号

本年3月、金沢競馬所属の調教師が雇用しておりました厩務員1名が金沢競馬場内の場外売り場で、他の地方競馬の勝馬投票券を購入したものです。  競馬法では、地方競馬の競走に関係する調教師、騎手及び厩務員は全ての地方競馬の勝馬投票券を購入してはならないとされておりまして、この法の規定に抵触したものです。  (2)処分に至る経緯と(3)処分の内容についてです。

北海道議会 2019-06-04 令和元年第6回農政委員会会議録-06月04日-01号

に係る決算見込みに関する  報告聴取の件 1.農畜産物等の輸出の現状に関する報告聴取の件   午後1時16分開議 △開議 ○(中野委員長) 開議を宣し、会議録署名委員に松本将門委員、新沼透委員を指名し、本日の議事は、  1.所管事務概要説明聴取の件  1.平成30年度北海道地方競馬特別会計に係る決算見込みに関する    報告聴取の件  1.農畜産物等の輸出の現状に関する報告聴取の件 である旨を述べ

石川県議会 2019-05-27 令和 元年 5月27日環境農林建設委員会-05月27日-01号

売得額の内訳については、自場発売、これは金沢競馬場に来場されたお客様に勝ち馬投票券を買っていただいた分ですが、対前年度比10.3%の減、他場発売、他の地方競馬場で金沢競馬の勝ち馬投票券を発売した分が対前年度比6.4%の減となっております。一方、在宅投票、インターネットを利用した発売分でありますが、対前年度比8.7%の増となっております。

石川県議会 2019-03-13 平成31年 3月13日環境農林建設委員会-03月13日-01号

次に、売得額の内訳ですが、自場発売は対前年度比11.5%の減となっており、他場発売は金沢競馬の勝馬投票券を他の地方競馬場で発売した額は、対前年度比7.8%の減となっています。在宅投票、いわゆるインターネットによる発売額でありますが、これは年々増加してきており、対前年度比7.9%の増で、総売得額に占める割合も7割を超え、売り上げの主軸となっています。  

北海道議会 2019-02-20 平成31年第1回定例会-02月20日-02号

議案第95号 平成30年度北海道公共下水道事業特別会計補正予算       (第2号) 議案第96号 平成30年度北海道流域下水道事業特別会計補正予算       (第1号) 議案第97号 平成30年度北海道住宅事業特別会計補正予算       (第2号) 議案第98号 平成30年度北海道住宅供給公社経営健全化資金貸付事業       特別会計補正予算(第1号) 議案第99号 平成30年度北海道地方競馬特別会計補正予算

北海道議会 2019-02-15 平成31年第1回定例会-02月15日-01号

会計予算 議案第10号 平成31年度北海道林業木材産業改善資金貸付事業特別        会計予算 議案第11号 平成31年度北海道公共下水道事業特別会計予算 議案第12号 平成31年度北海道流域下水道事業特別会計予算 議案第13号 平成31年度北海道住宅事業特別会計予算 議案第14号 平成31年度北海道住宅供給公社経営健全化資金貸付       事業特別会計予算 議案第15号 平成31年度北海道地方競馬特別会計予算

北海道議会 2019-02-14 平成31年第3回農政委員会会議録−02月14日-01号

次に、「2 特別会計歳出予算額」につきましては、「就農支援資金貸付事業等特別会計」では、国への償還金の減少などにより、前年度に比べまして約6800万円減の6億8519万3000円、また、「地方競馬特別会計」では、好調なネット発売の拡大などを見込みまして、前年度に比べまして約9億600万円増の295億5521万3000円となっております。  次に、2ページをごらんいただきたいと思います。  

北海道議会 2019-02-05 平成31年第2回農政委員会会議録-02月05日-01号

「1 再発防止に向けた取組み」についてでございますが、まず、「(1)決勝審判業務の体制強化」につきましては、決勝審判員を2名から3名体制にするとともに、動作確認を徹底するため、決勝審判員3名体制に応じた判定マニュアル農林水産省地方競馬全国協会に協議の上、2月中に作成するとともに、決勝審判業務に関します執務能力の向上を図るため、1月24日から25日にかけて、大井競馬場で実務研修を実施したところでございます

北海道議会 2018-11-27 平成30年第4回定例会-11月27日-01号

───────────────────────────────── 議案第1号 平成30年度北海道一般会計補正予算(第5号) 議案第2号 平成30年度北海道一般会計補正予算(第6号) 議案第3号 平成30年度北海道住宅事業特別会計補正予算(第1号) 議案第4号 平成30年度北海道地方競馬特別会計補正予算(第1号) 議案第5号 北海道総合政策部の事務処理の特例に関する条例の一部を       改正する

石川県議会 2018-11-22 平成30年11月22日環境農林建設委員会−11月22日-01号

◎竹本重久 競馬事業局長兼金沢競馬対策室長  競馬事業は公の関係でやっていますので、地方競馬全体の思いとして、全てが参加しているわけではありませんが、全国からの支援という形で、全国協会も含めて協力するという基本的な考え方を共有しています。要は複数でやっており、金沢だけが単独でやっているという状況ではなく、全ては参加していませんが、地方競馬全体の考えで、複数が参加して支援競走をやっています。

北海道議会 2018-11-06 平成30年第14回農政委員会会議録-11月06日-01号

その後、全馬がゴールして、20時9分に到達順位を確定しましたが、6分後の20時15分に誤審であることが判明し、20時30分に地方競馬全国協会に報告し、対応の検討を行った上で、翌日に報道発表を行ったところでございます。  また、農林水産省から再発防止策を求められておりましたことから、11月5日に競馬監督課長に報告したところでございます。