1096件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滋賀県議会 2019-12-09 令和 元年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月09日-04号

こうした中、地方団体の中核である全国知事会が、地方の現状を踏まえた制度や施策となるよう政府に提言するとともに、国と地方が一体となってこの難局を乗り越えていくことが求められます。  全国知事会には10のプロジェクトチームが設けられており、三日月知事が次世代育成支援対策プロジェクトチームのリーダーの任を拝命されたと本会議場で報告がありました。

愛媛県議会 2019-06-19 令和元年第364回定例会(第4号 6月19日)

しかしながら、地方自治体財政力等により、子供医療費の負担に格差が生じている現状は解消されなければならず、この問題は国がナショナルミニマムとして、子供医療費助成制度を創設すべきと言い続けてまいりましたし、その信念が揺らぐものではなく、全国知事会を初め、地方団体と十分連携して、地方の総意として、国に今後とも強く要請し続けていきたいと考えております。  

愛媛県議会 2019-02-26 平成31年第362回定例会(第2号 2月26日)

引き続き、全国知事会を初め、地方団体が結束して、国に要請を続けてまいりたいと思います。  次に、スポーツを通じた地域活性化についての御質問でございます。  スポーツには、する、見る、応援する、支えるといったさまざまな楽しみ方があり、健康増進や生きがいづくり、さらには交流人口の拡大や地域活性化などにも寄与する多面的な力があるのではないでしょうか。  

鳥取県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第2号) 本文

そして現在までに全国35県で合区解消の意見書が採択されており、昨年4月27日には、私たち4県連が最終目標としていた地方団体主催の合区の早期解消促進大会の開催も実現し、各政党代表にも御参加いただきました。盛り上がった会場で問題決着への期待と達成感を覚えたほどでありました。  しかしながら、事態は、この夏の第25回参議院議員選挙を再び合区で戦うという展開になってしまいました。

滋賀県議会 2018-12-12 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月12日-06号

このため、JR西日本に対しましては、かねてから、地方団体の要望や湖西線利便性向上プロジェクト推進協議会の意見交換会でも、関空から乗りかえなしで湖西地域に乗り入れる新たな特急の創設や、気軽に滋賀の鉄道の旅を楽しめるルートの設定を提案しているところでございます。  

滋賀県議会 2018-11-22 平成30年11月22日総務・政策・企業常任委員会−11月22日-01号

でも、全国知事会、市長会、町村会、議長会等々の地方団体における統一された見解であれば、政府も意見書を受けて回答するという法の仕組みもあるので、議長には我々がということですが、知事などに、そういった議論について、全国知事会でも滋賀県知事がリードしていただければと思うので、念のために申し上げておきたいと思います。 閉会宣告  11時07分  県政記者傍聴:なし  一般傍聴  :なし...

鳥取県議会 2018-11-01 平成30年11月定例会(第7号) 本文

私どもも2004年、ですから三位一体改革のはしりのときに約2.9兆円、地方交付税が減額になろうとしたときに、初めて地方団体で国と地方の税における協議の場を設けたのですね。そういう場を大事にされて、やはり発言をされることを東京都知事には望んでおきたいと思いますが、概括、今のような考え方でよろしいでしょうか。  

鳥取県議会 2018-11-01 平成30年11月定例会(第5号) 本文

我々も今要望活動をしているところでございますので、ぜひそれは、例えば地方団体で私どもも東京のほうに要望に行こうという年末の季節になりましたけれども、そんなときにでもこの志戸坂峠道路の問題なども出させていただければありがたいなというふうに思いますし、この予算編成過程等でどういうふうに動いてくるかということも見ながら、今後の運動展開、岡山側も一緒にやっていただけるのであれば、ぜひそういうような形でお願

愛媛県議会 2018-06-28 平成30年第357回定例会(第2号 6月28日)

子供が住む場所によって医療費の負担に格差がある現状を解消し、安心して子供を産み育てることのできる制度とするためには、国は、こうした分野を地方任せにするのではなく、ナショナルミニマムとして子供医療費助成制度を創設すべきであり、これまでもこのことにつきましては全国知事会を初め、地方団体が結束して国に要請をし続けてまいりましたけれども、国の対応は、国保の国庫負担額減額措置の見直しにとどまるなど、不十分で

愛媛県議会 2018-06-25 平成30年第357回定例会(第1号 6月25日)

まず、4月27日に東京都で開催されました合区の早期解消促進大会に出席し、地方団体とともに、次期参議院議員選挙において、早期に合区を解消し、都道府県単位による代表が国政に参加できる選挙制度とするよう国に強く要請いたしました。  次に、5月31日から6月1日まで、2018日台観光サミットin台中出席のため、台湾を訪問いたしました。

鹿児島県議会 2018-03-01 2018-03-01 平成30年第1回定例会(第6日目) 本文

年末の地方財政対策が出ますと、それに対して、全国知事会を含む地方団体の共同声明が出されます。その文脈を読んでみますと、評価する、期待するという言葉が、平成二十七年度対策に関しては二回、平成二十八年度は二回、平成二十九年度は三回、平成三十年度は四回出てきます。景気回復に伴い、地方団体の要求に少しずつ応えてきている様子がわかります。

香川県議会 2018-02-02 平成30年2月定例会(第2日) 本文

さらに、骨太方針で定める地方一般財源総額の確保は来年度で終了し、平成三十一年度以降の新しい財源保障枠がどのような水準で、どのように設定されるのか、全く不透明な状況であり、いずれにしても、今後は全国知事会を初め、地方団体地方の意見を一層積極的に主張していくべきと考えますが、御所見をお伺いいたします。