1041件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滋賀県議会 2022-08-03 令和 4年 7月定例会議(第3号〜第9号)−08月03日-05号

平成28年の台風10号に伴う暴風豪雨災害により、岩手県の高齢者グループホームにおいて多数の利用者がお亡くなりになるという痛ましい被害を受け、児童福祉施設等における利用者安全確保および非常災害時の体制整備強化を図るため、平成29年に水防法および土砂災害防止改正され、市町村地域防災計画に位置づけられた要配慮者利用施設には、避難確保計画作成避難訓練の実施が義務づけられ、また、全ての児童福祉施設等

長野県議会 2022-06-27 令和 4年 6月定例会危機管理建設委員会−06月27日-01号

一つは、イエローゾーンレッドゾーン土砂災害防止に基づく区域指定をしっかりして、危ないところにやはり建たせないというのは一つ、頑張っていかなければいけないところだと思います。こちらの区域指定につきましては、一通り、県内一円、指定を終わっておりまして、レッドゾーンの中では、要配慮者利用施設を建てるときに、しっかりと安全な対策をするというのを求められているところでございます。

長野県議会 2022-06-22 令和 4年 6月定例会本会議-06月22日-03号

今まで、盛土をするに当たっては、森林法農地法土砂災害防止、砂防法河川法宅地造成等規制法廃棄物処理法など個々の法律に照らして行われてきたと承知しています。しかし、危険な盛土に対する全国統一の基準、規制がないことから、災害も起こる中で、全国知事会法整備を求めてきましたが、さきの通常国会全会一致盛土規制法が可決、成立しました。  

岡山県議会 2022-02-25 02月25日-02号

このため,県では,土砂災害防止に基づき,土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域指定し,市町村ハザードマップ作成避難体制整備を支援するなど,ソフト対策に取り組んでいますが,区域指定について,住民の中には地域実情が考慮されていないのではないかと,疑問に感じられる方もおられると聞いており,実情を踏まえた区域指定ができるよう,国に求めていく必要があります。 

長野県議会 2021-12-07 令和 3年11月定例会危機管理建設委員会−12月07日-01号

林孝標 参事兼砂防課長 土砂災害危険箇所の把握の状況ということでございますけれども、長野県内全域におきまして、土砂災害防止に基づくイエローゾーンだとかレッドゾーンといった区域指定は、一通り全域で終了しているということで、今、我々は二巡目と呼んでおりますけれども、地形の改変や、災害があったところなどの見直し、また、新たな箇所抽出作業をしている段階でございます。  

三重県議会 2021-12-02 12月02日-34号

土砂災害防止は、平成11年6月の広島県における大規模土砂災害契機として、国民の生活を守るため、土砂災害のおそれのある区域について明らかにし、警戒避難体制整備、一定の開発行為制限等ソフト対策を推進することを目的として平成13年4月に施行され、その後、改正を経て、現在に至っています。  この図は、(パネルを示す)これまでの、この法の改正の変遷を示したものです。

広島県議会 2021-11-22 2021-11-22 令和3年度決算特別委員会(第9日) 本文

17: ◯答弁教育長) 土砂災害防止などにより、レッドゾーンにおきましては、新たに建物を建築する場合などに、構造の強化などが求められており、イエローゾーンにおきましては、市町に対し、地域防災計画において、土砂災害に関する情報伝達方法や、避難場所に関する事項などを定め、警戒避難体制整備することが求められています。  

長野県議会 2021-10-04 令和 3年 9月定例会危機管理建設委員会−10月04日-01号

ただ、今回御質問のあったところだと、多分、人家がないようなところではないかと思いますので、多分、砂防で所管している土砂災害防止に基づく土砂災害警戒区域などの指定の要件には当てはまってこないところかと思っております。 ◆向山公人 委員 今回、令和3年8月、9月の大雨災害への対応ということで補正予算を計上しております。

長野県議会 2021-09-30 令和 3年 9月定例会本会議-09月30日-04号

いわゆる土砂災害防止は、平成11年の広島土砂災害契機に、平成12年に成立、公布された法律です。その後、幾度かの改正を経て、全国30万か所の土砂災害警戒区域、いわゆるイエローゾーン、17万か所の土砂災害特別警戒区域レッドゾーン指定されております。  今回の8月豪雨において岡谷市川岸地区で発生した土砂災害では、3名の方の貴い命が犠牲になってしまい、いたたまれない事故でございました。

滋賀県議会 2021-09-27 令和 3年 9月定例会議(第11号~第17号)-09月27日-04号

しかしながら、やっぱり、先ほどうちは、要綱を持ってる限り、やっぱり強い姿勢で疑わしきを調べるんであれば、滋賀県はもう少し厳しい態度で臨むんだよという、そういうメッセージ性が要るんではないかという思いをしまして今回の質問になってるんですが、例えば国への法整備なんですけど、実はこれ、調べますと、地すべり防止法、急傾斜地法土砂災害防止、宅地造成等規制法砂防法、こういったものは国土交通省、確かにございます

滋賀県議会 2021-09-17 令和 3年 9月定例会議(第11号〜第17号)−09月17日-02号

その方針は、地すべり防止法、急傾斜地法土砂災害防止、宅地造成等規制法、また、自然の土石流対策砂防法での対応道路法による道路崩壊対策や、山林では治山、造林対策と様々な法律に基づく対策があります。  予防というからには、災害が発生しないようにどう対応するかです。県が取り組む国土強靱化5か年計画による対策事業だけでは限りがあります。

大分県議会 2021-09-17 09月17日-05号

土砂災害防止に基づく土砂災害警戒区域イエローゾーン)、土砂災害特別警戒区域レッドゾーン)については、国が同法7条及び9条に基づき指定しています。最近の長雨の異常気象国交省では、土砂災害警戒区域全国で約66万3千か所、九州、山口ではその4分の1にあたる17万か所もあるという新聞記事も出ていました。 

香川県議会 2021-09-01 令和3年[9月定例会]環境建設委員会[土木部] 本文

そのような状況の中、土砂災害対策法律としては、平成11年6月29日に広島県で発生した集中豪雨により325件の土砂災害が発生し、全壊家屋65棟、死者24名と甚大なる被害が生じたことを契機として、平成13年4月に土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律、いわゆる「土砂災害防止が施行されました。

鳥取県議会 2021-09-01 令和3年9月定例会(第5号) 本文

鳥取県には土砂災害防止に基づき指定された土砂災害警戒区域、いわゆるイエロー地域、そして土砂災害特別警戒地域レッド地域があります。質問の第1に、それぞれこれらの箇所の報告をいただきたいと思いましたが、先ほど濱辺議員により箇所が明らかになりましたので、この部分については省略をいたします。  ただ、土砂災害防止に基づき、県が指定したこれらの警戒区域についての政策につき、何点か質問をいたします。