762件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石川県議会 2021-03-18 令和 3年 3月18日商工観光公安委員会-03月18日-01号

米澤賢司 委員  今後の対応については、和田内委員の質問にもありましたので触れませんが、まさに金沢港は国際物流拠点港として利便性優位性等を見ると、非常にチャンスだと思っています。これからも利用促進に向けて、ポートセールスにしっかりと取り組んで、この優位性を最大限生かすように頑張ってほしいと思っています。  

石川県議会 2021-03-09 令和 3年 2月第 1回定例会−03月09日-05号

県内には、国際物流拠点化の推進を図る小松空港、そして小口混載貨物輸出体制の確立に取り組む金沢港があります。今後、県産品海外輸送に広く活用されることを期待いたします。  最後に、海外アンテナショップモデル事業には多くの県内企業が参加され、海外販路新規開拓拡大に至った企業も多くあるかと思います。

石川県議会 2021-02-24 令和 3年 2月第 1回定例会−02月24日-01号

この機を捉え、小松空港優位性を生かせる分野中心に新たな市場開拓を図り、さらなる国際物流拠点化に向けた取組を進めてまいります。  並行在来線対策につきましては、新幹線県内全線開業延期等に伴い、本年度に予定していた経営計画の策定時期を来年度以降とすることといたしました。

長野県議会 2020-11-26 令和 2年11月定例会本会議−11月26日-01号

特に、玉城知事との懇談では、沖縄アジア玄関口とした観光客の相互送客、沖縄国際物流拠点活用した県産品海外展開松本空港沖縄を結ぶチャーター便の運航、SDGsの視点を取り入れた学習旅行の実施など、様々な分野において未来志向での連携を深めていくことを確認することができました。  

北海道議会 2020-11-10 令和2年決算特別委員会第1分科会−11月10日-04号

◎(大須賀交通物流担当課長) 国際物流拡大に向けた取組についてでありますが、道では、これまで、国際物流拠点形成を目指し、空港港湾物流機能の強化や、国際航空路線国際航路拡大輸出商品増加に向けて貨物量増加に向けた取組推進してきており、航空国際貨物取扱量道産食品輸出額、道外からの企業誘致件数について、昨年度まで堅調に推移してきたところであります。  

石川県議会 2020-10-27 令和 2年10月27日決算特別委員会−10月27日-01号

次に、2、小松空港国際物流拠点化推進については、国際貨物取扱量拡大を図るため、荷主フォワーダーに対するPR等への支援を行ったものです。  4、のと里山空港利用促進機能充実の(1)については、羽田便旅客需要を確保するため、能登の魅力ある食や祭りイベントなどを活用した市町との連携による旅行商品造成や、「ぶらり能登ガイドブック作成PR等に対して支援を行ったものです。  

石川県議会 2020-07-14 令和 2年 7月14日観光・文化スポーツ・海外対策特別委員会-07月14日-01号

国際航空貨物需要動向等を注視しつつ、航空会社連携し、フォワーダー荷主に対する助成制度周知を図るなど、引き続き利用促進に努め、小松空港国際物流拠点化を推進していきたいと考えています。  次に、2、のと里山空港の(1)定期便の欄をごらんください。  

北海道議会 2020-02-26 令和2年第3回新幹線・総合交通体系対策特別委員会会議録-02月26日-01号

次に、「海上ネットワーク形成推進費」でございますが、令和2年度予算額では、4611万 8000円を計上しており、離島航路維持確保に対する支援国際物流拠点形成に向けた取り組みを推進するため、国際物流拡大推進事業費を拡充するほか、クルーズ船誘致に向けたプロモーション活動を行うこととしております。  

石川県議会 2019-11-01 令和 元年11月 1日決算特別委員会−11月01日-01号

次に、2、小松空港国際物流拠点化推進については、国際貨物取扱量拡大を図るため、荷主フォワーダーに対するPR等への支援を行ったものです。  4、のと里山空港利用促進機能充実の(1)については、羽田便旅客需要を確保するため、能登の魅力ある食や祭りイベントなどを活用した市町との連携による旅行商品造成や、「ぶらり能登ガイドブック作成PR等に対して支援を行ったものです。  

長野県議会 2019-09-25 令和 元年 9月定例会本会議-09月25日-02号

アジア中心に位置する地理的優位性から、観光リゾート産業国際物流拠点形成に着目し、我が国のアジア玄関口として、また、交流のかなめとして県土発展の礎を築こうとしております。そこで、今後の長野県の県外海外への物流拡大という観点からお伺いしてまいります。  長野県のターゲットとしている海外地域は、アジア地域としております。

大阪府議会 2019-09-01 10月04日-05号

冒頭に申し上げましたが、二〇二五年大阪・関西万博の開催が決まり、今後、国際観光拠点国際物流拠点として発展が期待されている夢洲は、西淀川区と海を挟んでいます。しかしながら、現状では、西淀川区と夢洲道路も鉄道もつながっていないため、道路で迂回せざるを得ない状況であります。 私は、夢洲と周辺のエリアとの水上アクセス整備は、海に囲まれた夢洲への道路アクセスをカバーする有効な手段になると考えております。

山形県議会 2019-09-01 09月13日-01号

酒田港国際定期コンテナ航路を運航する海運会社へのポートセールスでは、日本海側国際物流拠点としての酒田港重要性に対しての認識を共有し、酒田港取り扱い貨物量増加航路利便性向上に向け相互に協力していくことで合意しました。また、韓国の航空会社及び旅行会社を訪問し、本県への送客拡大を働きかけ、新潟空港などの定期便活用した秋冬期本県周遊旅行商品造成が決定しました。