452件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北海道議会 2019-02-28 平成31年第1回予算特別委員会−02月28日-03号

◎(野口政策調整担当課長) 小農の権利宣言についてでありますが、昨年12月の第73回国連総会において決議されたこの宣言は、農村社会を維持発展させていくために、小農の重要性を主張する中で、小規模農家や農村で働く人々の食料生産、生物多様性の保全などへの貢献を踏まえ、食料主権労働安全健康権利などの保護とあわせ、協同組合権利を守り、参加する権利も明記されているものと承知しております。  

北海道議会 2019-02-14 平成31年第3回総合政策委員会会議録-02月14日-01号

初めに、趣旨についてでありますが、資料の上段に記載のとおり、このサミットは2015年の国連総会におきまして、11月5日が「世界津波の日」として採択されたことを機に、翌2016年に国内外の高校生が地震津波の脅威とその対応などを学び、将来、各国の国土強靱化を担うリーダーとして活躍することを目的として創設されたものでありまして、これまでに、高知県沖縄県和歌山県で開催されているところであります。  

千葉県議会 2019-02-03 平成31年2月定例会(第3日目) 本文

こうした制度を後押ししているのが、平成18年のモントリオール宣言ジョグジャカルタ原則であり、平成20年には国連総会性的指向、性自認に基づく人権を確認する内容の声明が提出され、日本を含め66カ国が賛同しました。しかしながら、日本における差別解消の取り組みは遅々として進まず、平成20年、国連人権委員会日本政府に対し勧告し、政府はこれを受け入れています。

富山県議会 2018-12-12 平成30年第5回定例会(第14日・12月12日) 本文

一九四八年の国連総会世界人権宣言が採択されたことを記念しています。世界人権宣言の第一条、全ての人間は生まれながらにして自由であり、かつ尊厳と権利とについて平等である。で始まります。職場のハラスメント防止法をつくろうということでセクシャルハラスメント、マタニティハラスメント、ケアハラスメントに続いて職場のパワーハラスメントも防止する法律をつくろうとする動きがあります。

富山県議会 2018-12-10 平成30年第5回定例会(第12日・12月10日) 本文

核兵器禁止条約が今、五十の批准する国が集まったときに発効されるということで、今十月から開かれている国連総会第一委員会において、条約の採択をリードしてきた五十三カ国が共同提案で核兵器禁止条約の早期署名批准を求める決議を百二十二カ国の賛成で採択し、昨年の条約採択時の国の数を維持しました。討論においては二十近い国が条約批准の準備を進めていること、九月現在、十九カ国が条例批准をしている。

宮城県議会 2018-12-07 平成30年 11月 定例会(第366回)-12月07日−06号

こうした中で、国連総会第三委員会は十一月二十日に小農と農村で働く人々の権利に関する国連宣言を採択いたしました。いわゆる小農の権利宣言です。その中で食料の安定生産に向けた種子の確保や協同組合の支援、小規模農家の評価や財政確保、農作業の安全確保などを訴えております。種子については管理、保護育成、自家採取の権利を盛り込んでおります。

宮城県議会 2018-12-06 平成30年 11月 定例会(第366回)-12月06日−05号

昨年末、国連総会家族農業の十年間の議案が国連加盟国百四カ国の賛成で可決され、日本も賛成しました。国際社会が小規模、家族農業の重要な役割を認識し支援することを呼びかけたものです。輸出偏重や企業農業の推進がもたらした貧困飢餓の拡大、地球環境の悪化を解決するには地域に定着する家族農業を守り発展させることが不可欠と言っています。

鹿児島県議会 2018-12-05 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文

近年、欧米建設されるアリーナは、二〇一五年九月の国連総会で採択された持続可能な開発目標、いわゆるSDGsを牽引することを考えてつくられております。例えば、アメリカサクラメントにあるサクラメント・キングスというプロバスケットボールNBAのチームの本拠地であるゴールデン1センター、皆様のお手元に配付させていただいております写真の四番です。

北海道議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会-12月04日-04号

次に、「世界津波の日」高校生サミットについてでありますが、平成27年の国連総会における「世界津波の日」の制定を機に創設された高校生サミットは、国内外の若者たちが、地震津波の脅威とその対応などの学びを通じ、将来のリーダーとしての成長につながる貴重な場であり、道では、現在、来年度の本道での開催に向け、関係省庁や関係機関との調整を進めているところであります。  

山口県議会 2018-09-27 平成 30年 9月定例会-09月27日−04号

国連総会では、安倍総理も日朝会談に前向きな意向を示されています。山口県でも、県民との相互理解の増進を目的とした朝鮮学校への補助金を再開することが急がれると考えますが、見解をお尋ねします。  三点目、長生炭鉱犠牲者の遺骨収集と返還についてお尋ねします。  一九四二年二月三日の朝、宇部市の長生炭鉱で水没事故が発生し、朝鮮半島出身者百三十六名を含む百八十三名の方が亡くなりました。  

北海道議会 2018-07-02 平成30年第2回予算特別委員会第1分科会-07月02日-03号

先住民族権利に関する国連宣言などについてでございますが、平成19年9月の国連総会における、先住民族権利に関する国際連合宣言は、平成20年6月の衆参両院における、アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議が全会一致で採択される契機となったものであり、その意義は大きいものと認識をしております。  

高知県議会 2018-06-27 平成30年  6月 定例会(第344回)-06月27日−02号

昨年12月の国連総会で、日本も賛成して全会一致で採択されました。国際社会は、これまで農地を大規模に集積して企業経営化し、そして機械、農薬化学肥料などの科学技術を投入して国際的な競争を促せば、飢餓貧困は解決できるとしてまいりました。しかし、市場原理主義や自由貿易の行き詰まりのもとで格差貧困は広がり、飢餓は減るどころか拡大傾向にあります。

山口県議会 2018-06-25 平成 30年 6月定例会-06月25日−02号

平成十八年に国連総会で採択された障害者権利条約では、「「言語」とは、音声言語及び手話その他の形態の非音声言語をいう」と定められ、手話が言語であることが明記されました。  本県議会では、平成二十六年十月に手話言語法の制定に向けた意見書を国に提出しています。また、村岡知事も含め全四十七都道府県知事参加している、手話を広める知事の会からも要望していますが、いまだ法制化には至っていません。  

三重県議会 2018-06-13 平成30年定例会-06月13日−14号

まず、2015年の国連総会で採択をされました2030アジェンダの前文の抜粋を紹介します。このアジェンダは、人間地球及び繁栄のための行動計画である。これはまた、より大きな自由における普遍的な平和の強化を追求するものでもある。我々は、極端な貧困を含む、あらゆる形態と側面の貧困を撲滅することが最大の地球規模の課題であり、持続可能な開発のための不可欠な必要条件であると認識する。  

北海道議会 2018-03-14 平成30年第1回予算特別委員会第3分科会−03月14日-03号

SDGsの中にこうしたターゲットが示され、昨年末に開かれた国連総会で、2019年から2028年を「家族農業の10年」として決定された背景には、現在、世界の食料の約8割が家族農業による生産で賄われており、世界じゅうの食卓を守る重要な役割を担っていることがあるものと受けとめているところでございます。  以上でございます。

大分県議会 2018-03-13 平成30年 第1回定例会(2月)-03月13日−07号

大気汚染海洋汚染気候変動、生物多様性の減少など地球体系の維持が限界に近づいていることなどを背景に、新たな取組として、2015年9月の国連総会で我々の世界を変革する持続可能な開発のための2030アジェンダが全会一致で採択され、2030年までの国際目標となる持続可能な開発目標SDGsが策定されました。