15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

青森県議会 2017-11-21 平成29年環境厚生委員会 本文 開催日: 2017-11-21

をとるのかということの中で、弘前市を含む津軽地域の圏域だけが構想ができていないということは、本当に地元の私としましても大変恐縮に思っているのですが、弘前市が市民会議という形で、市民から意見を聴取したということがきょうの新聞報道なのでありますして、その前までの動きもありますので、前にもこの委員会でお話ししましたけれども、県が圏域の中で中核病院は必要だということで、前任の一戸健康福祉部長が弘前市立病院国立病院機構弘前病院

青森県議会 2017-09-27 平成29年第291回定例会(第2号)  本文 開催日: 2017-09-27

一点目は、弘前市立病院国立病院機構弘前病院の機能を統合した新たな中核病院の整備に関する県の考え方についてお伺いいたします。  二点目として、新たな中核病院の整備に関する協議の現在の進捗状況と今後の方向についてお伺いいたします。  質問の五項目めは児童虐待についてです。  

青森県議会 2017-09-20 平成29年環境厚生委員会 本文 開催日: 2017-09-20

弘前市立病院国立病院機構弘前病院の統合の件ですが、先般、弘前市議会でも問題になりまして、こういうことの質問があって、市長がこういうふうに答えたという新聞の切り抜きを持ってきたのですが、市長サイドでは協議は停滞状況であると。それも、国立病院機構に対し、具体的な整備計画を求めているがいまだ示されず、詳細な検討や説明ができないと述べ、協議が停滞している状況だと市長が議会で答弁をしている。  

青森県議会 2017-03-03 平成29年第289回定例会(第4号)  本文 開催日: 2017-03-03

青森県は、二〇一四年に成立した医療介護総合法に基づく地域医療構想を二〇一六年三月に策定し、十月七日に開催された津軽地域対象の地域医療構想調整会議で津軽地域における病院の機能分化・連携の方向性として、弘前市立病院国立病院機構弘前病院の機能を統合した中核病院を整備する案を提案しました。地元紙は、早速、二病院統合異論なしとの見出しで報じ、市民医療関係者の多くは驚きを隠せませんでした。  

青森県議会 2016-12-01 平成28年第288回定例会(第3号)  本文 開催日: 2016-12-01

十月七日に津軽地域地域医療構想調整会議が開催され、弘前市立病院国立病院機構弘前病院の機能の統合を県が提案したとのことであります。この各病院は、弘前市のみならず、平川市を含め、近隣の住民も多く利用していることから、統合の方向性については大きな影響があるものと考えています。  

青森県議会 2011-03-04 平成23年第265回定例会(第4号)  本文 開催日: 2011-03-04

弘前地域を見た場合、弘前大学医学部附属病院を核として、独立行政法人国立病院機構弘前病院、弘前市立病院などの公立病院、健生病院を初めとする民間の各種病院が集中いたしております。また、医療機能も高まってきているのではないかと思います。  弘大附属病院には、昨年、念願の高度救命救急センターが開設され、県内救急医療の拠点として整備が進められました。

青森県議会 2006-12-08 平成18年環境厚生委員会 本文 開催日: 2006-12-08

続きまして、51人の内容でございますけれども、県立中央病院が8人、青森市病院が3人、弘前大学医学部附属病院が10人、国立病院機構弘前病院が2人、弘前市立病院と西北中央病院が共同で臨床研修を実施した津軽自治体病院群が1人、健生病院が3人、国保黒石病院が1人、八戸市立市民病院が10人、八戸赤十字病院が3人、青森労災病院1人、十和田市立中央病院が3人、むつ総合病院が6人となっています。  

青森県議会 2006-12-04 平成17年度決算特別委員会(第2号)  本文 開催日: 2006-12-04

次に、国立病院機構弘前病院と弘前市立病院が、ともに老朽化が著しく、近距離に存在していて非効率であることなどから、両病院のあり方について協議してきたところですが、結果的に、国立病院機構弘前病院は、老朽化及び耐震基準への対応のため平成十九年度にも病棟整備に取りかかることが判明し、両病院の統合は困難な状況となりました。  

青森県議会 2006-09-29 平成18年第247回定例会(第3号)  本文 開催日: 2006-09-29

津軽圏域の機能再編成計画については、圏域からの要請に基づき県主導で策定作業を進めており、昨年三月に開催した津軽地域保健医療自治体病院機能再編成推進協議会において、弘前市立病院国立病院機構弘前病院医療連携と機能分担による中核病院群の形成などを内容とする基本的な枠組み案を提示いたしました。  

青森県議会 2004-10-01 平成16年第239回定例会(第4号)  本文 開催日: 2004-10-01

性差を考慮した女性の健康をはぐくむための取り組みとして、本県においても、県立中央病院青森市病院独立行政法人国立病院機構弘前病院において女性専用外来が開設されました。完全予約制で、診察に十分な時間をかけてくれることから好評を得ていると聞いておりますが、これまでの受診状況と効果、さらには今後の課題など、特徴的なことがありましたらお聞かせいただきたいと思います。  

  • 1