運営者 Bitlet 姉妹サービス
2489件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-15 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号 アナジャコとアサリの因果関係は複雑でむずかしい問題とは思いますが、今後の対策についてお聞かせいただきたいと存じます。   もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 112 ◯中井教育長 教員の勤務時間がどの程度になるかというのは、さまざまな要素が絡み合って出てくるものでございますので、ちょっと正確ではないかもしれませんが、文科省の方で出しているものも、要は、さまざまな要因があるということで、子供の数だけでその因果関係が論じられるものではないということでいっているのではないかと、そのように認識をしております。 もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文 先ほどの高齢者の交通死亡事故というのが大変多くなっているという話であるが、これは信号機に限らず、交通安全施設、歩道等もあろうかと思うが、そういったものの整備状況との因果関係というものを、警察として、どのように判断されているのか、その2点をお伺いしたいと思う。 ◯交通部長  信号機の整備の状況から説明させていただく。 もっと読む
2019-02-15 滋賀県議会 平成31年 2月15日環境・農水常任委員会−02月15日-02号 そうすると、野生のイノシシが主犯だったら、野生のイノシシが多く死んでいくように思うのですけれども、先ほども言いましたように、そういう因果関係も含めてぜひ調査を進めてください。 ◎安田 自然環境保全課長  イノシシは、基本的に親は単体で、そんなに大多数で移動することはありません。子供がいるうちは親子で移動することはあります。   もっと読む
2018-12-11 長野県議会 平成30年11月定例会県民文化健康福祉委員会-12月11日-01号 そういう因果関係、ないしは歯周病からというデータがおありになったらお示しいただければと思います。なければ結構でございますが。 ◎西垣明子 保健・疾病対策課長 糖尿病の重症化と歯周病との関係についての御質問でございます。  委員おっしゃいましたように、関連性のエビデンスはあるんですけれども、申しわけございません、今、手元に細かいデータを持ち合わせておりません。 もっと読む
2018-12-11 福井県議会 2018.12.11 平成30年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文 もう一つ、捜査令状が紛失したということが、この逃走につながった、影響があったという因果関係はあるか。 ◯刑事部長  紛失したことそのものが本公務執行妨害に因果関係があるかというと、それは捜査もしているところであるけれども、今の時点では、そう判断していない。 もっと読む
2018-12-10 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月10日-04号 お手元にありますように、東京都の溺死者数の月別分布がよく引用されますので御紹介しますと、12月から2月の寒い時期に溺死者が顕著に多くなる傾向が確認でき、気温や室温との因果関係が認められるようです。(資料掲示)滋賀県はヒートショックによる浴室事故が多いと聞きますが、どういう状況でしょうか。この東京都の推移、参考にしてください。 ◎健康医療福祉部長(川崎辰己) お答えいたします。   もっと読む
2018-12-07 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月07日-03号 MCIから認知症に症状が進展する人の割合は年平均で10%、また、5年間で約40%の人が認知症へのステージが進行すると言われており、MCIの段階で認知機能低下との因果関係が深いとされている生活習慣病等の対策を行うことで認知症機能の改善が図れることが検証されています。  そのためにも、MCI検査の普及促進による早期発見、予防により認知機能の低下、抑制していくことが重要であります。 もっと読む
2018-12-05 福岡県議会 平成30年12月定例会(第5日) 本文 アスベストによる健康被害につきましては、長期にわたる潜伏期間を経て生命や健康に影響を及ぼすため、因果関係の特定が非常に困難であります。こうしたことから、個別の因果関係を問わず社会全体でアスベストによる被害者の経済的負担を軽減することを目的といたしまして、いわゆる石綿健康被害救済法に基づく救済制度が設けられたものであります。 もっと読む
2018-12-04 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月04日-02号 朝食の摂取率と子供たちの学力との因果関係、その辺、調査、分析されたことがあるのかないのか。また、なければどうされるのか。あればどんな分析されているのか、その辺のところ。  あわせてですが、朝食の摂取率。義務教育、つまり、市町が設置している小学校が221校でしたか。朝食の摂取率、これを私は公表すべきである。朝食の摂取率を市町の教育委員会、また設置者と協議しながら、私は公表すべきであると。 もっと読む
2018-12-03 三重県議会 平成30年定例会-12月03日−28号 平成29年の5月につかんだ情報の報告がなぜ12月なのか、そしてこの12月にも報告いただくということなんですけども、今回の生産体制と大量の雇い止めの因果関係等が明らかになるような情報収集ができているのかということをまず伺いたいと思います。   もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第3日目) 本文 報道の取材に対し、県は、土砂崩れと調節池の施工が未完了であることの因果関係について、施工前に調節池を完成させずに作業していたことが原因の可能性が高いとしています。なお、県が許可してから土砂崩れが起こるまでの2年弱の間、農林水産部の担当の所属は、平成29年6月に、梅雨時期を前に調節池等の防災施設の確認を行うため、環境生活部の担当課や市原市の担当課と現地の防災パトロールを行いました。 もっと読む
2018-11-29 三重県議会 平成30年定例会-11月29日−27号 ただ、人口の増減につきましては、少子化、高齢化等社会経済情勢の変化ですとか、議員も先ほどお話がありましたように、地域事情などございまして、様々な要因があるということから生じておるということで、因果関係というのを特定することはなかなか難しいかなというふうに思っております。   もっと読む
2018-11-27 三重県議会 平成30年定例会-11月27日−26号 厚生労働省の喫煙の健康影響に関する検討会が取りまとめた報告書(たばこ白書)では、能動喫煙は、肺がん、喉頭がん、胃がんなどに加え、循環器疾患や呼吸器疾患、認知機能の低下や歯周病などとも因果関係があり、受動喫煙は、能動喫煙とほぼ同様の健康被害を及ぼすとしている。また、国立がん研究センターは、受動喫煙による死亡者数を年間約1万5000人と推計している。 もっと読む
2018-11-07 山口県議会 平成 30年 決算特別委員会-11月07日 ◎農業振興課長  販売価格と生産コストというのが、直接の因果関係はないと思いますけども、全体的にお米の価格が上昇する、そして、平均的なコストが下がるということで言いますと、全体的には、農家の方の所得については上昇しているだろうというふうに考えております。 ◆河合喜代委員  それは何かデータがありますか。 もっと読む
2018-11-06 北海道議会 平成30年第15回保健福祉委員会会議録-11月06日-01号 ◎(及川地域保健課長) 健康被害の救済制度についてでございますが、子宮頸がん予防ワクチンが、平成25年4月に予防接種法に基づく定期接種とされる以前は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法、いわゆるPMDA法に基づき、それ以降は予防接種法に基づき予防接種と健康被害との因果関係があると認定された方に対し、医療費や医療手当等の給付が行われているところでございます。   もっと読む
2018-11-02 茨城県議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018.11.02 この因果関係と,渡邊博士の見解は決して無関係ではないと私は考えるところであります。  神奈川県は,健康寿命延伸施策の根幹に未病改善を据え,さまざまな施策を展開しているほか,国においても平成29年に「未病」の定義が新たに盛り込まれた国の「健康・医療戦略」が閣議決定されました。   もっと読む
2018-10-29 石川県議会 平成30年10月29日決算特別委員会−10月29日-01号 ◎北口義一 国際観光課長  単刀直入に、直接これとの因果関係は突きとめられませんが、これに関連して、JRあるいは名古屋鉄道、北陸鉄道さんが出されているような個人旅行者向けのパスが非常に反響を呼んでおり、そうしたものを利用して個人の旅行者がたくさんふえています。数については、事業者から公開できないということもあってお答えできませんが、非常に大きな成果を得ていると実感しています。 もっと読む
2018-10-12 山口県議会 平成 30年 9月定例会-10月12日−07号 受動喫煙につきましては、肺がん等の疾患と、科学的証拠に基づき、因果関係があるとされており、さらには、他人の快適な生活を妨げるおそれがあることから、県民の健康で快適な生活を維持するため、受動喫煙の防止に取り組むことは重要であります。  しかしながら、国や県の、これまでの取り組みにもかかわらず、依然として多くの人が、飲食店や職場などにおいて、受動喫煙の機会を有しているという実態がございます。   もっと読む
2018-10-09 山口県議会 平成 30年 農林水産委員会-10月09日 この調査は、国が農薬とミツバチが減少する因果関係を把握するという目的で実施したものでございます。調査方法は、各都道府県が調査を行って、その報告が上がってきたミツバチの死亡事例について農薬の散布とその因果関係について調査・分析をしたものでございます。  その結果としては、この3年間で全国から198件の報告が上がっております。 もっと読む