運営者 Bitlet 姉妹サービス
734件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 ドイツでは、そういう意味では必ずしも大学進学率は高くありませんが、さまざまなコース、専門職であったり技術職というものを小学校の年生の段階で選択を迫られるというようなことになっているそうであります。必ずしも小四でそこまで決定することがいいとは思いませんが、一方で、都は、東京都立産業技術高等専門学校を有しております。   もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 小池知事は、昨年十月、品川区立第三日野小学校において、小学年生三十人の前で、スペシャルティーチャーとして、海ごみについて考えようという特別授業を行い、海ごみ問題や3R、風呂敷の活用などを子供たちにわかりやすく伝えておられました。そして、プラスチックストローにかわるアイデアを子供たちに宿題として、意識改革を呼びかけました。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 千葉県野田市で小学年生の女の子が亡くなり、その両親が虐待の容疑で逮捕されました。報道では、市や児童相談所等の対応についてさまざまな指摘がなされています。千葉県で起きた事件ですが、都においても教訓とすべき点は改善につなげていただきたいと思います。   もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 あるお母さんは、年生の息子が家に帰ると、忙しい、忙しいといって宿題を広げながらいらいらしていると心配しています。また、細かい決まりを守ろうとして、少しでも失敗するとパニックになってしまう子供もいます。子供たちにも先生にもゆとりがなく、分刻みの行動が強いられる状況が広がっています。これでは、学校に行きたくなくなる子供がふえるのも無理はありません。   もっと読む
2018-12-09 福岡県議会 平成30年12月定例会(第9日) 本文 宗像市の地島では、平成十五年度から漁村留学が行われており、福岡市など島外から小学校年生から六年生の子供が毎年五人、地島の子供たちと一緒に学んでいます。漁村留学の子供たちは、一年間、港のそばにある漁村留学センターなぎさの家で、自分でできることは自分で、自分たちでできることは自分たちでをモットーに、共同生活をしています。 もっと読む
2018-10-26 東京都議会 2018-10-26 平成29年度各会計決算特別委員会第1分科会(第6号) 本文 まず、スマートフォンの使用時間についてでございますが、携帯電話またはスマートフォンを持っている小学年生から高校生までの青少年の一日の使用時間について質問しておりますが、二時間以上使用している子供の割合は約二六%、さらに、五時間以上使用している子供の割合も約四%ございました。 もっと読む
2018-10-19 東京都議会 2018-10-19 平成29年度各会計決算特別委員会第2分科会(第3号) 本文 大学年生の姉、高校三年生、中学生の二人の弟、この三人の子供さんがいるシングルマザーからです。ご本人は鬱病と、それから線維筋痛症という病気を抱えて働くことができないため、生活保護を受けています。大学生のお姉さんは既に就職が決まっていましたけれども、年生のとき奨学金が受けられず、高校生の弟の分として受給していた奨学金を大学の学費に充当しました。 もっと読む
2018-10-01 青森県議会 平成30年第295回定例会(第3号)  本文 開催日: 2018-10-01 この前、テレビを見ていましたら、小学校年生のランドセルの重さが四・五キロという話があり、我々のころは一回り小さいランドセルを背負って歩いていたんですが、今は大きいA4が入るようなサイズになっています。紙の質もいいものですから、ボリュームはないんですけれども、重さは重くなっています。   もっと読む
2018-09-27 東京都議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第13号) 本文 一方で、私の地元目黒区に住む小学年生の児童は、生まれつき骨形成不全症という病気で寝たきりです。この児童の場合は週三回、一日二時間の訪問教育しか受けられません。この子はもっともっと勉強したいと強く訴えておられました。  将来的には、このような児童生徒が地元の小中学校に普通に通学できるよう、インクルーシブ教育の実現に取り組むべきと考えます。 もっと読む
2018-09-27 石川県議会 平成30年 9月第 4回定例会−09月27日-05号 初めに、生活環境部、農林水産部、競馬事業局関係では、本州最後のトキの生息地である本県として、石川の将来を担う子供たちの自然環境保全への意識醸成にどのように取り組んでいくのかをただしたところ、県内の小学校年生から六年生約三万人を対象にトキの生態などを題材とした環境保全の基礎学習を行うシートを作成し、来月中に配付するほか、愛鳥モデル校など二十六校の五、六年生約三千人を対象にトキこども検定を冬ごろに実施 もっと読む
2018-09-07 福岡県議会 平成30年9月定例会(第7日) 本文 さらに、小中学校においては、二〇二〇年に新しい学習指導要領が全面実施となり、道徳の教科化、小学校三、年生への外国語活動の前倒し、五、六年生への外国語の教科化などが導入されることから、学校現場ではさまざまな準備が必要となっています。   もっと読む
2018-07-26 福岡県議会 平成30年 こども・子育て支援調査特別委員会 本文 開催日: 2018-07-26 これは、インターネットの特性やインターネットでのトラブルを防止する上で気をつけることについて、小学生が理解できるよう工夫した啓発下敷きを作成いたしまして、県内の小学年生全員に配付することとしております。  次に、(二)の保護者に対する啓発の実施でございます。一つ目の取り組みが、保護者が参加するフィルタリング実践講座の開催でございます。 もっと読む
2018-06-29 宮城県議会 平成30年  6月 定例会(第364回)-06月29日−06号 更に、しずおか産学就職連絡会での取り組みは、大学三年生、年生にどのような対策をとるかに注力してきましたが、今後はもう少し早い段階での、高校生、大学一年生、二年生からそういったキャリア開発、進学、就職というトレーニングをする必要があり、進学する高校生にこそ充実したインターンシップなどの教育が必要であると考え、県内の一部の高校を中心に具体的に動き始めているそうであります。 もっと読む
2018-06-25 山口県議会 平成 30年 6月定例会-06月25日−02号 このたびの地震により、小学校年生の女子児童が倒壊したプールのブロック塀の下敷きになり死亡した事故は自然災害とはいえ、あってはならない学校側の安全対策の不備によるものであり、大変残念であり、悔やまれてなりません。本県でも、早急に通学路の安全対策が求められます。   もっと読む
2018-06-25 山形県議会 平成30年  6月 定例会(第384号)-06月25日−03号 高槻市では、倒壊した学校施設のブロック塀の下敷きとなり小学年生の児童が死亡する痛ましい事故がありました。学校が防災専門家の指摘を受けて教育委員会が点検したにもかかわらず問題はないと判断したとのことです。点検した市職員には建築士などの資格がありませんでした。  当県でも県有施設の緊急点検が実施され、違法状態であるものを含め三十九カ所で対応が必要であることがわかりました。 もっと読む
2018-06-21 青森県議会 平成30年第294回定例会(第3号)  本文 開催日: 2018-06-21 本県では、現在、小学校一年生から年生と中学校一年生を三十三人で一クラスとしています。これが少人数学級編制で、本県独自の取り組みです。先ほど申し上げたとおり、先生方はいろんな課題、役割があり多忙です。クラスの生徒が少人数だと、担任の先生は生徒一人一人に向き合える時間がふえ、きめ細やかな指導ができるようになります。  平成二十三年度に、国の基準は小学校一年生のみ一クラス三十五人に改善されました。 もっと読む
2018-06-20 福岡県議会 平成30年 建築都市委員会 本文 開催日: 2018-06-20 小学校のプールの壁が倒壊したということで、小学年生の女の子が亡くなられた。 もっと読む
2018-06-20 青森県議会 平成30年第294回定例会(第2号)  本文 開催日: 2018-06-20 学習支援事業では、生活困窮世帯の子供の学習機会を確保し、高校・大学進学率の向上を目指して、小学年生から中学三年生までを対象に学習講習会を実施しており、平成二十七年度から平成二十九年度まで、参加者数は延べ三百十名となっております。  続いて、生活困窮者の就労支援に係る今後の取り組みについてです。   もっと読む
2018-06-19 東京都議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会(第8号) 本文 昨日の地震では、公立小学校のプール脇のブロック塀が倒壊し、登校途中の小学年生の女児が挟まれ、亡くなりました。既に建築基準法違反であることを高槻市も発表していますが、安全な施設であるはずの学校の塀が倒壊をし、児童生徒の命を奪った原因については、都としても検証しなければいけません。   もっと読む
2018-06-08 石川県議会 平成30年 5月第 3回定例会−06月08日-04号 本年の風と緑の楽都音楽祭では、小学校年生の女子児童がオーケストラ・アンサンブル金沢と共演し、大きな反響を呼びました。知事から「今回の音楽祭では地元の小中学生と海外のプロのオーケストラが共演する公演があり、こういう機会が地元のアマチュア演奏家がプロの世界へ羽ばたいていくチャンスになればすばらしい」との前田会長のお言葉も紹介していただきました。 もっと読む