63件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿児島県議会 2019-12-10 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第6日目) 本文

議会によって軍部をコントロールする、あくまで政治軍事を決めるという立憲君主制の大原則であります。これは軍部の大きな反発を買い、これに迎合した議員たちによって、衆議院議員除名されました。  その後、昭和十七年に翼賛選挙に非推薦でトップ当選を果たし、議会に復帰して、六法全書を開くと、日本国憲法公布者の一人にその名前が載っております。

鹿児島県議会 2018-09-18 2018-09-18 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文

一月三十一日に東京・セルリアンタワー東急ホテルで開催された鹿児島の夕べ、ここで知事が挨拶されるステージに掲げられていました薩摩の偉人パネル、小松帯刀、西郷隆盛、大久保利通、そして島津斉彬でありますけれども、中でも島津斉彬公は、「君主は愛憎で人を判断してはならない」と書かれていました。そして西郷隆盛、「己を尽くして人を咎めず。我が誠の足らざるを常にたずぬるべし」。これには続きがあります。

鳥取県議会 2018-02-01 平成30年2月定例会(第10号) 本文

今の「西郷どん」というドラマが始まりましたけれども、あそこでも斉彬公は非常に聡明な君主として描かれているところでございますが、実は斉彬公は、斉興の子ではありますけれども、斉興のところに嫁に来て、それで斉彬公の母となったのが弥姫でございます。

東京都議会 2015-09-29 2015-09-29 平成27年第3回定例会(第12号) 本文

また、先日、英国君主として歴代最長在位となられたエリザベス女王も一九七五年に来日されるなど、日本皇室イギリス王室は、長きにわたり親しく交流を行っています。  こうした日本イギリスの歴史的な結びつきを考えても、両国の首都同士が友好都市としてきずなを強めることは、日英両国のさらなる発展と友好親善にも役立つものであります。

滋賀県議会 2014-12-01 平成26年11月定例会議(第18号〜第22号)−12月01日-02号

大義とは、人間として踏み行うべき最も大切な道、特に国家君主に対して国民のとるべき道とあります。そもそも、日本国憲法下で解散をせず任期満了で衆議院選を行ったのは、昭和51年当時の三木武夫首相だけです。それ以外のあまたの選挙は、果たして人間の最も大切な道、国家君主に対してとるべき道として実践されたものでしょうか。

愛知県議会 2013-11-28 平成25年議員定数等調査特別委員会 本文 開催日: 2013-11-28

日本の場合、国民国会議員を選び、国会国会議員の中から内閣総理大臣を指名して、天皇が任命する立憲君主制をとっている。内閣が連帯して国会に対して責任を負っている。これが議院内閣制システムである。内閣は、国民に対し直接責任を負っていない。地方自治体の場合、住民は選挙首長地方議会議員を選ぶ。知事は県議会責任を負っておらず、住民に対して責任を負っている。県議会議員も同様である。

鹿児島県議会 2013-09-27 2013-09-27 平成25年文教警察委員会 本文

私を捨てて君に仕えなければ、後々に恨みも起こり、述懐もあるといったような文もありますけれども、このことにつきましては、直訳すれば、これは君子に対する滅私奉公といったことになりますけれども、最近は、民間で日新公いろは歌を子供たちへの教育手段としてつくっているいろはカルタというのがありまして、この中で解釈されているのは、直訳的に君を君主といったようなふうには訳しておりません。

長野県議会 2013-06-25 平成25年 6月定例会本会議-06月25日-02号

これは、紀元前の中国春秋時代に、斉の宰相管仲が君主桓公に説いたとされているものですが、治水の大切さを語る話は地元飯山にもあります。  長野県のホームページ中の「先人達が残した歴史農業施設」から一部引用させていただきます。1638年(寛永16年)、遠州掛川より松平忠倶公が飯山の地に入封し、忠倶公の孫に当たる忠喬公が1706年(宝永3年)に旧領の掛川に移封になるまで、松平家が飯山城主を務めました。

鳥取県議会 2011-02-01 平成23年2月定例会(第4号) 本文

船はそれを浮かべている水次第で安定もすれば転覆もする、君主人民の関係にも同じことが言え、君主は船、人民は水である、したがって君主がみずからの地位の安泰を望み、すぐれた政治をしたいと思えば、まず何より人民の信頼を得ることだという意味であります。荀子はこれを為政者の心構えとして説いたのであります。

愛媛県議会 2010-09-17 平成22年第318回定例会(第2号 9月17日)

その意味するところは、すなわち君主の徳は人民に及ぶということであります。  この12年で愛媛の空気は随分と明るくさわやかになりました。まさに知事の感化を受けたからこそであります。  最後に、今の私の心境にぴったりの送別の歌を知事に送らせていただきます。唐の時代の詩人、李白が「友人を送る」と題して詠んだ歌でございます。   

群馬県議会 2010-03-02 平成22年  2月 定例会-03月02日-04号

実物は1メーター80ぐらいあって大きいものなんですけれども、これは当時の斉の君主の桓公を祭った社、お墓を廟と言うのですが、孔子が初めてここへ行ったら、その中でこれを目にしたと。  そして、実はこういういわれがあるということで、孔子がこれを使って3000人の子弟に、これが道徳教育基本だということで、この道具、器を使って教えてきたということです。  

青森県議会 2009-11-27 平成21年第260回定例会(第2号)  本文 開催日: 2009-11-27

武士政権から天皇中心の明治政府大政奉還がなされ、天皇は立憲君主となり、第二次世界大戦後国民象徴と位置づけられ、今に続いているわけです。  今回の政権交代が真に国民主権への大政奉還であり、中央集権から地域主権海洋国家を目指すものとするならば、国家地方自治の仕組みや区割りなど、早急に示してほしいものです。少なくとも防衛外交という国策は待ったがききません。

愛媛県議会 2009-10-05 平成21年文教警察委員会(10月 5日)

○(森高康行委員) きのうも、風船爆弾市民ミュージカルが地元であって見たんですけれども、どうしても戦争中の、天皇陛下万歳という絶対君主的な形での天皇論というのがああいうところで使われるものですから、本来の姿を理解していない。例えば災害対策であるとか、弱者の救済であるとか、国体等のかかわりであるとか、沖縄とのかかわりであるとか、いろいろとこうあることが、余り一般になかなか知らされないということ。

愛媛県議会 2007-09-21 平成19年第304回定例会(第4号 9月21日)

つまり、君主は舟で人民は水、舟が浮くも沈むも水次第という意味であります。仮にこの教えを行政経営に当てはめれば、行政は舟なり、県民は水なりということになるでしょうか。行政経営の姿勢が県民の共感と支持を得られるようでなければ、長期的に見て、その行政の将来は明るいとは言えないとの教えでもあります。  

愛媛県議会 2005-12-06 平成17年第295回定例会(第4号12月 6日)

立憲君主制の国家民主主義もなく、民族衣装を着ることが義務づけられており、電気普及率も3割、テレビが解禁されたのも1999年からであり、映画も満足に見られません。しかし、国民皆が老人を敬っているから老人問題がそもそも存在しません。熱心な仏教徒だから犯罪も少なく、何よりも国民のほとんどが今の状況に満足し、現体制を支持しています。