運営者 Bitlet 姉妹サービス
20448件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 区側は、この五十三項目の移管を進めていこうという主張をしていて、都側は区域の議論、これはたしか二十三区の合併整理をやっていこうとかそういうことだったと思うんですけれども、これが先だという主張であります。   もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日厚生・産業常任委員会-03月07日-01号 それと、身体的な問題も合併しているということで、我々としては一時的に対応することが困難であるのが現状かと思います。確かに済生会の救急の先生に聞きますと、何万件という救急を相手にしていて、2%ぐらいそういう人がおられるそうです。 もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 次に、平成の市町村合併から十数年がたつわけであるが、昨年9月議会でも福井市が吸収合併した美山地区、清水地区の施設の統合や廃止などの計画の問題点を指摘した。このような方向では、吸収合併された地域が住みにくくなっていく問題がある。さらに急激な人口減少も起こっているわけである。  お手元に資料の1というのをお配りした。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 こうした中、いわゆるMアンドAによる他社との合併や事業譲渡など、事業を継いでくれる企業とのマッチングを望む声もあります。  都は、MアンドAを活用した事業承継への支援を実施していますが、こうした事例をさらに広げていくためにも、支援策のさらなる拡充をすべきです。都の見解を求めます。  次に、木密地域対策について質問します。   もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 総務企画地域振興委員会 本文 開催日: 2019-02-18 これは、合併市町村に対する支援等に要する経費でございます。次に、五項選挙費でございます。一目選挙管理委員会費は、三千八百万円余をお願いいたしております。その主なものは、右の説明欄の職員費でございます。  次に、百三十七ページをお願いいたします。二目選挙啓発費は、五百万円余をお願いいたしております。これは、選挙啓発を行うための経費でございます。  次に、百三十八ページをお願いいたします。 もっと読む
2019-02-10 福岡県議会 平成31年2月定例会(第10日) 本文 また、田川地域など汚水処理人口普及率の低い地域は、いずれも下水道の未整備地域であり、早期の汚水処理を行うためには、合併浄化槽による汚水処理が効果的だと思います。   もっと読む
2019-02-09 福岡県議会 平成31年2月定例会(第9日) 本文 福津市は、政令都市である福岡市と北九州市いずれにもアクセスが容易な人口約六万五千の町で、ここで暮らす人々、ここを訪れる人々に幸福になってほしいという願いと、たくさんの人が集まり交流する津と書きまして港のような町でありたいと、平成十七年一月に旧福間町と旧津屋崎町が合併して誕生しました。 もっと読む
2018-12-18 千葉県議会 平成30年_商工労働企業常任委員会(第1号) 本文 2018.12.18 ◯小宮清子委員 企業土地管理局と水道局の合併が着々と準備されていることと思いますが、人員は、そして組織はどうなるのでしょうか。 ◯委員長(森  岳君) 久保経営管理課長。 ◯説明者(久保経理管理課長) 経営管理課でございます。  水道局との統合後の組織体制につきましては、引き継がれる業務内容ですとか、あるいは業務量などを踏まえまして、現在、知事部局と協議しているところでございます。 もっと読む
2018-12-17 滋賀県議会 平成30年12月17日厚生・産業常任委員会-12月17日-01号 小さいところは合併して規模を大きくすることによって生き残ろうとすることも一つの方法であります。それから、労働者が少ないですから、どう人を工面するかで必死の思いであります。でも、隣の会社よりも自分のところは少し上乗せをするから来てくれという誘い方をする時代はもう終わりました。 もっと読む
2018-12-14 愛知県議会 2018.12.14 平成30年総務県民委員会 本文 大きな改正から10年がたっており、その間に市町村合併や市町村の行政能力の向上等の変化がある。現在、行政改革に取り組む中でも、毎回そうした観点を踏まえて、地方機関の在り方は検討している。 【水野富夫委員】  地方機関の在り方についての具体的な検討状況を伺う。 もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会環境産業観光委員会−12月12日-01号 特に馬籠は、ちょうど当選したころ、16年前に越県合併の問題でしょっちゅう行っておりました。何としても「木曽路は全て山の中である」という島崎藤村の「夜明け前」の書き出しのところを、何としても岐阜県にやりたくないという思いもいっぱいありました。それは、やりたくないというよりも、そこの中の女性たちはみんな反対をしていたので、住民の人たちの意見を通したいという思いもありました。 もっと読む
2018-12-11 富山県議会 2018.12.11 平成30年経営企画委員会 公務員の給与は、民間の給与の指標にされることになるわけでありまして、富山市だけが八尾であっても、岩瀬であっても、豊田であっても、旧富山市であっても、合併前の旧郡部であっても、富山市と認められて給与は高いけれども、高岡市や魚津市は低い状況でいいのかというわけであります。   もっと読む
2018-12-11 長野県議会 平成30年11月定例会文教企業委員会-12月11日-01号 当然、40年前にあった町村ももう合併していてないとか、いろいろな変化のある中で、さまざまな可能性を大きく捉えながら、ぜひ市町村と協力して成功に導いていただきたい。今、その第一段階だと思うんですが。   もっと読む
2018-12-10 福岡県議会 平成30年12月定例会(第10日) 本文 二〇一四年六月定例会において、我が会派の原中誠志議員が市町村合併の評価について質問した際の知事答弁によると、本県では、二〇一〇年に合併効果の検証を実施され、その結果、合併団体は非合併団体に比べて、一、職員数や議員数がより減少していること、二、財政規模の拡大に伴い財政運営の自由度が増していること、三、合併特例債の活用により従来できなかった投資的事業の実施や基金の積み立てが可能になったことなどの効果が認 もっと読む
2018-12-08 福岡県議会 平成30年12月定例会(第8日) 本文 その結果、今年度は広川町におきまして、町内全五組織が一組織に合併をし、活動が開始されたところであります。今後とも、こうした取り組みを通じまして、多面的な機能支払い制度による活動が継続していけるよう支援をしてまいります。  次に、農家以外からの新規参入者の確保、育成でございます。昨年度は、雇用就業を含めた新規就業者三百八十人のうち、非農家からが約六割を占めております。 もっと読む
2018-12-06 福井県議会 2018.12.06 平成30年第404回定例会(第4号 一般質問) 本文 こうした際に、市町村合併のマイナス効果のように、身近なところでの相談窓口が設置されないとの懸念が生じるような福井市と各市町との連携では問題があります。  成年後見制度の中核機関について、福井市が中核市になるに伴う広域連携行政のあり方についての県の認識をお尋ねいたします。  次に、自衛隊誘致に関連して質問いたします。   もっと読む
2018-12-05 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-12月05日-10号 本県の汚水処理人口普及率が低い原因は、財政事情などにより、市町村が進める下水道整備が進んでいないことや、個人の費用負担を伴うことなどから、単独処理浄化槽から合併処理浄化槽への転換が進まないことにあります。   もっと読む
2018-12-05 福井県議会 2018.12.05 平成30年第404回定例会(第3号 一般質問) 本文 その解決策の一つとして、企業のM&Aによって、二つの企業が一つに合併され、1年中が繁忙期となる多角経営型の企業を創設するという考え方もあろうかと思います。  以上のことを踏まえ、県内企業の事業承継促進を図る上で、M&Aに関心を持つ企業のできるだけ詳細な情報を集めたデータベースなどを作成公開するといった施策も必要と考えますが、所見をお伺いをいたします。   もっと読む
2018-12-05 三重県議会 平成30年定例会-12月05日−29号 そのチーム編成は合併するのか、新しいチームをつくるのか、いろいろ選択肢はありますけれども、一つのクラブで選手もスポンサーもオール三重で集結して、JFLを戦いながら力をつけてJ3に昇格をし、その間に組織、資金、施設づくりを整えていくべきだと思います。   もっと読む
2018-12-04 北海道議会 平成30年第4回定例会-12月04日-04号 次は、博物館におけるアイヌ文化等についてでありますが、博物館の現況及び課題として、全国で指摘されているのが、学芸員が減少している、来館者が減少している、また、市町村合併によって文化予算が減少している、加えて、合併に伴う交通網の転換などであります。  まず、教育長に伺います。  道内における博物館の施設の現状と推移、また、学芸員の人数の現状と推移をお答えください。   もっと読む