13056件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-15 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号

ことしもまた梅雨台風の季節を迎え、長雨と集中豪雨による被害が心配されます。熊本気象台予報によると、ことしの梅雨は、初めのうちは晴れの日が多い見込みだが、六月下旬から七月初めにかけては局地的に大雨の降るおそれがあると発表しています。これら梅雨季における災害に対して万全の体制を整備することが強く求められているところであります。  そこで、お尋ねしたい点は、坪井川しゅんせつ工事についてであります。

福井県議会 2019-07-18 2019.07.18 令和元年予算決算特別委員会 本文

今回、タイムライン、段階的な行動計画、これが台風を想定をしており、今回の豪雨についてはなかなか対応がうまく切りかえができていないんじゃないか、対応ができていないんじゃないかというところの指摘はあろうかと思うし、タイムライン、台風のみならず、豪雨の場合、こういったものもぜひ対応できるようにしていただきたいというふうに思うわけである。  もう1つ、西日本豪雨の教訓として高齢者支援である。

福井県議会 2019-07-11 2019.07.11 令和元年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文

これは大雪とか台風などにと書いてあるということは、今まであったのがつぶれたから、これをするということか。ちょい足しの3人ぐらいのグループでやり始めて、もうちょっとやろうということでハウスが欲しくなったという人にも、これは書くものを書けば貸していただけるものなのか。

福井県議会 2019-07-11 2019.07.11 令和元年総務教育常任委員会及び予算決算特別委員会総務教育分科会 本文

例えば、嶺南で、台風や豪雨など、大きな災害が起こったときに、嶺北の福井の土木事務所から技術者職員を派遣した。その間、当然福井の土木事務所は手薄になるわけである。そういうことを考えると、今でも県の体制の中で少し弱くなっているのが、市町も含めてそういうことをやろうとすると、全体として見ると効率がいいように見えても、実は脆弱になるという面が出てくるのではないのか。

福岡県議会 2019-07-09 令和元年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2019-07-09

一方、昨年九月の台風二十一号による関西空港被災時に、連絡橋にタンカーが衝突し、通行どめになったことを教訓とすると、北九州空港においても、空港島への唯一のアクセスである連絡橋が通行どめとなった場合を想定して、現行の連絡橋以外のアクセスを整備することが必要と考えます。  北九州空港には今年度末に海上保安庁第七管区海上保安部の福岡航空基地が移転してくるなど、その重要性は高まってきております。

福岡県議会 2019-07-08 令和元年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2019-07-08

大雨や台風火災事故などの災害時、緊急時の対応について、手順と連絡先を定めたフロー図を作成して整備し、これに沿った訓練を毎年実施し、災害時、緊急時の対応に備えております。  3)の経営改善につきましては、館内の空調設備照明機器の節電などにより、維持管理費の節減に取り組んでおります。

福井県議会 2019-07-08 2019.07.08 令和元年第407回定例会(第3号 一般質問) 本文

しかしながら県は、平成24年の越前市東部集中豪雨被害には補助金ゼロ、平成25年の台風18号の際には半壊家屋に対し20万円、床上浸水には10万円の補助金です。被災者にとっては、同じ半壊、床上浸水といった被害であるのに、県の補助金の額がばらばらです。県の担当課は、「災害ごと、その都度考える」と言いますが、県外の議員からは「金額がその都度違うと不公平ではないか」と指摘されています。

滋賀県議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日土木交通・警察・企業常任委員会−06月26日-01号

◆大橋通伸 委員  台風シーズンが迫ってまいりました。近年、倒木や土砂崩れで道が遮断される場合が多いのですが、自治体関西電力等の団体とは、どのような連絡体制をとっておられますか。 ◎國松 警備第二課長  各市町、特に危機管理担当の部局と警察署とは、常日ごろ連携を図るようにしています。それから、関西電力と県防災危機管理局と警備二課が連携をとるようにしています。

千葉県議会 2019-06-25 令和元年_県土整備常任委員会(第1号) 本文 2019.06.25

海岸、御存じの方はすぐわかりますけど、1晩、台風とか低気圧が来ると砂浜の形状が変わる。すぐに防潮堤、例えば40センチぐらい高くても、すぐ埋まっちゃうという状況でございますので、その辺も、あと地盤沈下も、まだ地盤沈下傾向にありますから、その辺の予想値も含め、かさ上げをお願いしたいと思います。  以上です。 ◯委員長(石井一美君) ほかに。  高橋浩委員。

茨城県議会 2019-06-21 令和元年産業の育成・振興に関する調査特別委員会  本文 開催日: 2019-06-21

次に,漁港等の基盤整備につきましては,漁業生産の拠点である漁港は,年数の経過とともに施設の老朽化が進み,また近年は,台風などの災害が激甚化する傾向にあることから,施設への被害が大きくなることが懸念されております。  また,漁港周辺には水産加工場が立地し,漁業と一体で産地を形成しており,特に波崎地区では,サバの水揚げ増加に伴い,加工生産や輸出が増加しています。  

石川県議会 2019-06-18 令和 元年 6月第 3回定例会-06月18日-04号

平成二十六年の誕生日会見では日本台風や豪雨、津波など水の影響を受けやすいと指摘され、自然災害に数多く見舞われた平成の時代、災害救助や復旧・復興の折に示されたきずなとも称される助け合いの精神に人々の優しさや秘めた強さを見出され、また防災減災の重要性も述べておられます。  今回は、水問題に関する項目を含めて幾つかの質問をさせていただきますので、知事初め関係部局の前向きな答弁を期待します。  

福岡県議会 2019-06-12 令和元年6月定例会(第12日) 本文

同県は平成二十三年台風十二号で被災した際、特定非常災害に指定されていなかったものの、応急住宅の二年以内の期限住宅敷地の復旧工事が完了しないため、復旧後の敷地に住宅を再建できるまでの間、応急建設住宅に引き続き二年間入居させました。また、長崎県も補強工事を実施の上、市町村の単独住居として無償譲渡し、市の行政財産として市が管理、活用した例もあります。熊本県阿蘇市も独自対応をしています。

東京都議会 2019-06-11 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第10号)(速報版) 本文

地球温暖化により生じている台風の大型化や、近年頻発する集中豪雨等の異常気象、いつ被害を受けるかわからない大水害の原因であることを認識してもらう、こうした身近な危機を軽減するための省エネであるといった内容をわかりやすく説明することによって都民の理解を得るべきです。  SNSなども含め広く普及啓発をしていくべきと考えますが、都の見解を伺います。  受動喫煙防止条例について伺います。