運営者 Bitlet 姉妹サービス
42688件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 これによりますと、全国で十四県の十九線が協議会をスタートさせている中で、本県におきましては、宮原線が去る四月中旬にその第一回を開催しており、また高森線については関係町村と協議会参加の調整を行っているところであります。この問題に関し、委員から、岩手県の三陸鉄道のごとく、いち早く第三セクターの名乗りを上げたところでは、すでに新線の建設が始まっている。 もっと読む
2045-06-16 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号 また、クラブ活動等への参加状況を、これまでより一層明確に把握できますように、志願書の様式を本年から改めたところでございます。  今後とも、その他いろいろ工夫をこらしまして、また研究も重ねまして、本当にやる気のある教師が採用できますように万全の努力を傾けてまいりたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。    もっと読む
2045-06-15 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号 これに基づきまして、県でも成人病予病対策の一環といたしまして、低塩普及対策を図りますために、食塩濃度計を昭和五十四年に栄養指導車二台に、昭和五十五年には各保健所に配置いたしまして、みそ汁の食塩濃度を測定いたしまして日常的な指導を行っておりますほか、特に昭和五十六年十月に熊本市で開催いたしました健康展におきましても、低塩を重要なテーマといたしまして、一万人を超えました参加者に対しまして低塩意識の高揚を もっと読む
2045-06-14 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号 それには来賓として県農協中央会や県農政部からも御参加をいただきながら、農民組合、労働組合、そして消費者代表など八十名程度でパネルディスカッションを行ったわけであります。  私どもは書物を通して、日本農業の実態というか現況というものに触れながら、頭の中では一定の整理がついたような顔をしているわけであります。 もっと読む
2045-06-12 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号 昨年、環境美化条例が制定されましたことに基づきまして、県民総参加による清掃美化活動の実現を目標に、各県事務所を通じて体制づくりを図り、昨年は県下それぞれ適当な日に清掃を実施いたしましたが、ことしは思い切って県下一斉清掃に踏み切ってみたいと思います。 もっと読む
2045-06-11 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号 どうぞ関係住民の皆さん方も大局的な見地に立ちましてできるだけ御協力をいただきますよう特にお願い申し上げますと同時に、県も建設省と地権者との交渉に積極的に参加いたしまして、その調整に努め早期妥結を図ってまいらなければならぬかと考えます。  なお、政府に対しましては、このように財政再建で非常に厳しい時期ではございますが、必要な予算確保等について強く要望してまいりたいと考えます。    もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 あわせまして、本事業に参加した方から、光熱費削減を実感した声などを集めるなどしまして、家電等の販売店を初め、チームもったいないの参加事業者や区市町村など多様な主体とも連携しながら、省エネ家電のメリットに関する情報を広く発信してまいります。   もっと読む
2019-03-14 滋賀県議会 平成31年予算特別委員会−03月14日-04号 議案の調査の過程で、委員からは、まず、健康医療福祉部所管予算では、介護職員実務者研修等代替職員確保事業について、対象者が研修に参加する場合には、人材バンクや地域から代替職員を確保するとのことだが、他の職員の負担がふえることのないように留意されたい、里親支援ネットワーク事業費について、里親制度をさらに幅広く利用していただくために、希望者の目に届く広報に努めるとともに、里親になった後のサポートを適切に継続 もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 まさに参加型により子供の考える力や才能を伸ばしてくれましたと、今もなお絶賛を評しておりますけれども、児童会館のこの参加型により子供の考える力や才能を伸ばしてくれる教育とは一体どのような取り組みだったのか、お伺いします。 もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 豊島市場まつりでございますが、このように議員時代から、また、知事になりましてからも参加もいたしております。地域的には、豊島区、北区など城北地区のいわゆる青果店に野菜、果物を供給する、地域に密着した市場となっております。   もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日文教・警察常任委員会−03月12日-01号 部活動には顧問の裁量が利くものと利かないもの、例えば、文化部のブラスバンドを例にとりますが、地域行事や大きなイベントへの参加要請があって、それは地域貢献、地域に開かれた学校等のために、顧問が断るわけにいきません。裁量がきかない一例を今示しましたが、3,600円と2,700円の線引きはそういう考え方かなというのが私の見解ですが、人事委員会の御見解を。今お答えいただける範囲でお願いいします。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会厚生・産業分科会−03月08日-01号 県内の各中小企業で、特に設計部門あるいは開発部門におられる若手、中堅から職場の開発チームリーダーぐらいのポジションで、前向きに取り組まれている方を各企業から派遣されまして、今年度でいいますと30人の方に参加いただいております。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会県民生活・土木交通分科会−03月08日-01号 ◎田原 文化振興課長  今年度の実績としては、約8,600人の小学生に参加いただいております。今、1学年の目標を1万4,000人として、取り組んでいるところです。  来年度につきましても、校長会やこれまでに参加がなかった学校に直接出向きまして、今のところ、今年度より1,000人ほどふえた約9,600人を見込んでいるところです。ただ、最終の1万4,000人には、まだ到達していない状況です。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日環境・農水常任委員会-03月08日-01号 このため、県といたしましても建設発生土の適正処理に関する法律制定に向けた都道府県のネットワークに参加して、情報収集に努めているところです。 ◆佐野高典 委員  冒頭、部長から謝罪の言葉があったわけですが、今回、子メーターのいろいろな問題の不祥事や、あるいは昨年、湖南中部の処理場で配管が老朽化によって崩落して、琵琶湖へ流れたことがありました。   もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日環境・農水常任委員会−03月07日-01号 ◎東郷 畜産課主席参事  御質問の県の経営評価会議ですけれども、外部の有識者の方々に御参加いただきまして、毎年度決算の状況や、経営改善の取り組み内容、さらには県としても増頭対策や、消費拡大対策をやっておりますので、健全化に対する効果を御説明させていただいて、それに対する御意見などをいただきながら、翌年度以降にその取り組みを反映させていただいているところです。   もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 ◯知  事  県内企業の受注機会の拡大については、共同企業体への参加条件の緩和や分離分割発注など、これまで繰り返し鉄道・運輸機構に要請をしてきた。  その結果であるが、北陸新幹線工事の初めての措置として、県内企業に限って参加しやすいように総合点数の要件が引き下げられている。1,000点を950点。 もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 そういったときに、PTA連合会とかPTAの組織のほうからも保護者を対象に一緒に考えてもらうという形とか、あとは親子が一緒に参加して考えるような機会をぜひ検討してもらいたいと思うが、いかがだろうか。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 東京二〇二〇大会には、多くの都民、国民のボランティアが参加されます。大会ボランティアは、募集人員八万人に対し約二十万人が、都市ボランティアは、募集人員二万人に対し約三・六万人が集まり、大会への参加機運が高まりを見せております。既に面談、研修が行われ始め、さらなる大会参画機運が醸成されていくことと期待します。 もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 また、介護職員を対象としているスキルアップ研修においては、人材不足の影響から研修への参加ができない状況も見られ、そのため、スキルアップの機会が確保されないことで人材が定着しないことから、人材不足の悪循環を招く可能性も考えられます。   もっと読む
2019-02-26 福井県議会 2019.02.26 平成31年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 空飛ぶクルマは炭素繊維で機体を軽くするというニーズがあるので、開繊技術を持っている福井県が参加する余地はあると思っている。そういった国のプロジェクトに参加しながら進めていきたいと思っている。   もっと読む