2293件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東京都議会 2019-06-12 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第11号)(速報版) 本文

ギフデットなどのような子供たちの発見については、教育専門の博士臨床心理士教育スペシャリストなど、豊富な知識や経験による判断が必要であります。ギフデットの中には、発達障害学習障害、いわゆる2Eの方もおりますが、専門家でなければ、その見きわめは難しいところであります。  

東京都議会 2019-02-28 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第5号) 本文

産業医科大学産業医実務研修センター専門修練医 平成 十九年 四月 三菱電機株式会社姫路製作所専属産業医 平成二十三年 六月 パナソニック株式会社アプライアンス社草津西健康管理室専属産業医 平成二十四年 四月 自治医科大学附属病院専属産業医医学部助教) 平成二十六年十一月 ひまわり産業医労働衛生コンサルタント事務代表 平成二十七年十二月 埼玉県公害審査会委員 平成二十九年 三月 自治医科大学大学院医学研究博士課程修了

滋賀県議会 2019-02-28 平成31年 2月定例会議(第23号~第31号)-02月28日-06号

「稲のことは稲に聞け」、「農業のことは農民に聞け」、「農学栄えて農業滅ぶ」、「誰かがやらなければならないのなら、みずからがその誰かになる」、「義を見てせざるは勇なきなり」、「正しいと知りながら実行しないのは勇気がないからである」、これらの言葉は、東京農業大学初代学長の横井時敬博士の有名な言葉であります。  

兵庫県議会 2019-02-26 平成31年 2月第343回定例会(第7日 2月26日)

戦後哲学者で京大名誉教授として名をはせ、ソクラテス、プラトン研究の第一人者であった田中美知太郎博士は、人口減は静かなる危機であると論じられております。つまり、人口問題は、地域国家の存亡に関わる重大な問題であるといえます。東京一極集中を是正し、地方地域への分権型社会とするためには、人口減少をいかに食い止めるか、将来を担う子供たちをいかに獲得するかが大きな課題となっています。  

兵庫県議会 2019-02-15 平成31年 2月第343回定例会(第1日 2月15日)

防災減災復興政策研究博士後期課程も開設します。  グローバルビジネスコースの学生が入居する国際学生寮や、交流の場となる国際交流センターを開設します。母国語でのカウンセリングなど、留学生の支援体制も整えます。  但馬地域における国際観光芸術専門職大学は、10月の設置認可申請に向け、教育課程の編成など具体的な検討を進めます。  

兵庫県議会 2019-02-13 平成31年警察常任委員会( 2月13日)

科学捜査研究所研究員は、博士号など相当の学歴を有しており、転職していく者もいる。現在は、県内大学人材要請したり、臨時募集をしながら、人員確保に努めている。 ○(掘井健智委員)  ① 解剖ができない場合はCT検査を行うという理解でよいか  ② 協力病院となっていただくために、どのように働き掛けているのか。 ○刑事部長(細田 正)  ① まず解剖するかどうかの判断がある。

福岡県議会 2019-02-09 平成31年2月定例会(第9日) 本文

この窯は、昭和三十年に社団法人日本陶磁協会の三上次男博士を団長として、日本における初期の窯業生産の実態を明らかにすることを目的に、発掘調査が実施されました。十日間の発掘調査でありましたが、全長四十メートルを超える登り窯の本体が明らかにされ、多数の陶片が出土しました。その成果は雑誌上にて公表されております。

鳥取県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会速報版(2/19 代表質問) 本文

振り返ってみますと、戦後、新しい日本地方自治をつくろうというふうに息吹を吹き込んでいただけたのがシャウプ博士でございました。戦後、GHQの指揮下のもと、日本の占領政策の中で民主化ということが図られる。その際に、やはり中央集権ではない新しい行政スタイル、それも民の力で支えていく民主政治というものを確立しよう。そういう意味で地方自治地方財政の確立を当時求めたわけであります。

京都府議会 2019-01-16 平成31年環境・建設交通常任委員会閉会中 本文 開催日: 2019-01-16

竺様におかれましては、昭和54年に京都大学工学博士を取得、平成10年に龍谷大学工学部環境ソリューション工学科教授に就任され、排水処理を専門に御研究されてきました。現在は、龍谷大学名誉教授環境技術学会の会長としても幅広く御活躍されていると伺っております。  本日は、そういった日ごろの御活動を踏まえたお話をお聞かせいただければと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。  

高知県議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会(第346回)-12月20日−05号

あわせて、牧野富太郎博士や牧野植物園の認知度の向上を図っていきたいとの答弁がありました。  さらに、委員から、観光施設という観点で、おもてなしの心を大事にした職員研修もしっかり行ってもらいたいとの要請がありました。  次に、報告事項についてであります。  初めに、農業振興部についてであります。  

兵庫県議会 2018-12-17 平成30年文教常任委員会(12月17日)

大学課長(法田尚己)  ③ 博士課程には、いろいろな学部や分野で経験を積んだ人が入ってくる。学生や民間、自治体の人もいる。積極的にPRし、人材を確保したい。  ④ キャリアセンターとの連携は昨年度に第1弾の課題として議論したところである。第二新卒者への支援は、国庫である地域創生交付金の活用も検討していきたい。

福井県議会 2018-12-10 2018.12.10 平成30年総務教育常任委員会及び予算決算特別委員会総務教育分科会 本文

この中で、新たな学部学科については、「幅広く農を学び地域社会を担う人材育成する学科」、「水産増養殖を専門的に学ぶ学科」、「地域経済の発展に必要な実践力を身につけ、次世代地域リーダーを養成する学部」、「古生物学関係の学部」、「大学院看護学専攻の博士後期課程」の設置について、検討を進めている。  

福井県議会 2018-12-06 2018.12.06 平成30年第404回定例会(第4号 一般質問) 本文

この中で新たな学部学科でありますが、幾つかございますが、まずは幅広く農業ですね、農を学び地域社会を担う人材育成する学科、それから水産増養殖を専門的に学ぶ分野、それから地域経済の発展に必要な実践力を身につけ、次世代地域リーダーを養成する分野、古生物関係の学部大学院看護学専攻の博士後期課程の設置について検討を進めています。