1858件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

群馬県議会 2019-09-25 令和 元年 第3回 定例会(暫定版)-09月25日-03号

今、福重県議のほうから、ぐんま名月の話や群馬県の特産品について、いろいろ言及がありましたけれども、リンゴ、ぐんま名月はすごく甘くておいしいんですが、リンゴ博士と呼ばれる金井康夫県議によると、昨今は紅鶴というのがあるらしくて、この紅鶴に注目をしているということもちょっとつけ加えておきたいというふうに思います。  

千葉県議会 2019-09-04 令和元年9月定例会(第4日目) 本文

しかし、カナダのD・リン・ホーキンス博士による別の研究では、いじめに対して傍観者の1人がやめたほうがいいよなどと言った場合、数秒以内に57%でいじめがおさまったという報告が上がっています。さらに、複数の傍観者に言われると加害者は力を失うという結果も出ています。  傍観者は普通、何も行動しません。

愛媛県議会 2019-08-06 令和元年スポーツ文教警察委員会( 8月 6日)

この中で、特に本県出身で、戦前のことでございますが、幻の新元素ニッポニウムを発見した小川正孝博士の貴重な資料も展示することとしております。  このほか、サイエンス工房を利用したワークショップやイベントを定期的に開催しておりまして、恐竜体操なども実施して子供たちに科学に興味を持ってもらえるような取り組みを行っております。  続きまして、歴史文化博物館について御説明いたします。  

北海道議会 2019-07-11 第31期 令和元年第4回食と観光対策特別委員会会議録−07月11日-01号

昨年、高橋前知事が設置しました、IRの課題を検討した有識者懇談会の構成員の一人であります西村直之氏は医学博士でありまして、ギャンブル等依存問題対策を行う一般社団法人をみずから設立し、その代表として現場の第一線で依存症問題に取り組んでこられた方であります。  この西村氏は、ことし1月に開催された有識者懇談会の最後の取りまとめの会議におきまして、次のように発言しています。  

滋賀県議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会議(第2号〜第8号)−07月02日-07号

アメリカ経済学者のミルトン・フリードマン博士は、消費所得の関係について、消費者消費は、恒常的だと考える所得比例すると主張されています。毎月勤労統計調査では、現金給与総額と、きまって支給する給与をそれぞれ公表していますが、実質賃金のきまって支給する給与が、フリードマン博士の言う恒常的な所得に最も近いと言えます。  

長野県議会 2019-07-01 令和 元年 6月定例会県民文化健康福祉委員会-07月01日-01号

◆池田清 委員 大学院で学んでいただいた皆さんが、出身者は長野県在住者なのか、そこら辺もよくわかりませんけれども、実際、その後、この大学院で学んでいただいた、AIを初めとしてさまざまな知識を広めていただいて、修士号や博士号を取る、それだけの勉強をしてもらって、そうした皆さんが県内の事業所に仕事を求めて、ちゃんとそこでついていただいて、それで長野県産業に貢献していただくということが理想的だと思います

長野県議会 2019-07-01 令和 元年 6月定例会産業観光企業委員会-07月01日-01号

昨年他界しました宇宙物理学者のホーキング博士日本に来て講演をしたときに、この虚無に近い時間と空間の中における宇宙論的な中で、地球と似たような惑星はどのくらいありますかという質問に対し、200も300も無限にありますと答えました。海洋プラスチックの問題ではありませんが、つまり、現代文明が極度に発達しますと、結局、文明の発達によって惑星が消滅するとホーキング博士は考えております。

京都府議会 2019-06-26 令和元年新総合計画に関する特別委員会 書面審査 文化・教育常任委員会所管 本文 開催日: 2019-06-26

今まで日本企業を支えてきた例えば製造業の、どこかの大学博士号を持って研究開発をしておられた研究開発者、例えばバイオであったり半導体であったり、こういったところの現在の企業の生産を支えてきた、それの近未来をする人の給料よりも、AIを獲得される人は物すごくいい条件で引き抜かれていくという話を本当に聞いています。  

福島県議会 2019-03-04 03月04日-07号

また、猪苗代町で御誕生、細菌学の世界的権威である野口英世博士の偉業は今なお語り継がれ、1,000円紙幣の肖像画は万人に知られております。 さらには、このほど福島市御出身で前回の東京五輪入場曲「オリンピック・マーチ」を作曲された古関裕而氏が2020年春のNHK朝ドラで物語として放送されるとのうれしいニュースに本県は喜びに沸いております。まさにこの質問は今が旬で、時宜を得たものです。

滋賀県議会 2019-02-28 平成31年 2月定例会議(第23号~第31号)-02月28日-06号

「稲のことは稲に聞け」、「農業のことは農民に聞け」、「農学栄えて農業滅ぶ」、「誰かがやらなければならないのなら、みずからがその誰かになる」、「義を見てせざるは勇なきなり」、「正しいと知りながら実行しないのは勇気がないからである」、これらの言葉は、東京農業大学初代学長の横井時敬博士の有名な言葉であります。  

東京都議会 2019-02-28 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第5号) 本文

産業医科大学産業医実務研修センター専門修練医 平成 十九年 四月 三菱電機株式会社姫路製作所専属産業医 平成二十三年 六月 パナソニック株式会社アプライアンス社草津西健康管理室専属産業医 平成二十四年 四月 自治医科大学附属病院専属産業医医学部助教) 平成二十六年十一月 ひまわり産業医労働衛生コンサルタント事務代表 平成二十七年十二月 埼玉県公害審査会委員 平成二十九年 三月 自治医科大学大学院医学研究博士課程修了

京都府議会 2019-02-01 平成31年エネルギー政策特別委員会2月定例会 本文

その1年前にローマのペッチェイ博士という方が提案をされて、このままでは地球はもたない、資源はもたないということを発表されて、その次の年にそうなったと。  このグラフは、動物、鳥、また自動車等も含めて一面に全部あらわしたもので、縦軸はエネルギー消費量をあらわしております。したがって、上に行けば行くほど輸送のコストが高いというグラフです。横軸は重量を示しております。

京都府議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第4号)  本文

医学博士犯罪者たちの精神鑑定を行っている、京都となじみの深い福井裕輝氏は著書の「ストーカー病」の中で、「ストーカー病の人は、自分の理屈の上では相手を愛していると思っている。ゆえに、幾ら相手に拒絶されても、今でも愛している、やり直してほしいといったメッセージを送り続ける。その一方で、自分を切り捨てた相手への恨みを募らせ、卑劣な手段を用いて相手を苦しめる。

鳥取県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第3号) 本文

振り返ってみますと、戦後、新しい日本地方自治をつくろうというふうに息吹を吹き込んでいただけたのがシャウプ博士でございました。戦後、GHQの指揮下のもと、日本の占領政策の中で民主化ということが図られる。その際に、やはり中央集権ではない新しい行政スタイル、それも民の力で支えていく民主政治というものを確立しよう。そういう意味で地方自治地方財政の確立を当時求めたわけであります。

高知県議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会(第346回)-12月20日−05号

あわせて、牧野富太郎博士や牧野植物園の認知度の向上を図っていきたいとの答弁がありました。  さらに、委員から、観光施設という観点で、おもてなしの心を大事にした職員研修もしっかり行ってもらいたいとの要請がありました。  次に、報告事項についてであります。  初めに、農業振興部についてであります。