13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

長野県議会 2019-07-03 令和 元年 6月定例会危機管理建設委員会-07月03日-01号

どの程度の等級かわかりませんけれども、例えばとか専門官はそれなりに給与が高いわけじゃないですか、だから、ほかの職員と同じような採用をしているのかどうかわかりませんが、人が集まらなければそれなりに給与面も待遇面でもしっかりと優遇する必要があるというのが一つあります。県民に何かあったときに、人のところから借りてくるわけにもいかない。

北海道議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会−03月06日-05号

一方、自衛隊は、医療施設も整備し、などの医療スタッフも常時勤務されていると承知をしておりますが、これからは、こうした医療部門との連携も重要ではないかと考えます。  防衛省防災業務計画など、さまざまな障壁があると思いますが、自衛隊医療部門との連携について、今後、前向きに検討する必要があると考えますが、見解を伺います。  

京都府議会 2015-02-01 平成27年総務・環境常任委員会(1日目)及び予算特別委員会総務・環境分科会(2日目)2月定例会 本文

専門医というか、がおられることも承知をしておるわけですけれども、そこへ相談に行く方はまだしも、行かれずに長期的に休まれるという方も少なくないと思います。その方については、今おっしゃったように、ケアをしていくと、あるいはケアというよりも、そういう方が出ないようにしていくとおっしゃっています。これはまた違う面でカバーをされると思います。

長野県議会 2014-10-14 平成26年 9月定例会県民文化健康福祉委員会-10月14日-01号

ただし、歯科保健を推進するという必要性は十分認識している中で、どういった団体との連携を深めていくかとか、そういうところの中で、今、を中心にやっているところでございますので、今後、またそういった中で、他県の状況も含めまして、センターの必要性等はまた検討させていただきたいと思っております。 ◆今井敦 委員 ありがとうございます。

東京都議会 2012-03-19 2012-03-19 平成24年厚生委員会 本文

そこでちょっと、理事者の皆さんの中に、お医者さんたくさんおられると思うんですけど、ちょっと手を挙げてみてくれますか、の方──随分おられるね、後ろに。わかりました。済みません。  これ、我々素人が議論したってしようがないんですけど、ぜひお医者さんの立場で、こういう機械があることを知っておられるのか、知っておられなかったか。

長野県議会 2006-12-15 平成18年12月定例会本会議−12月15日-05号

平成17年9月定例会において、厚生労働省防衛庁が、地域医療での救急医師不足の解消をするため、平成18年度に防衛公立病院等に派遣する具体策をまとめるとのことで、県としてもこの制度を活用すべきではと質問をしたところ、積極的に名乗りを上げてそういった方々をお招きしたいと時の衛生部長が答弁をされております。その後の経過と現状を衛生部長にお伺いいたします。  

富山県議会 2005-12-19 平成17年厚生環境常任委員会 開催日: 2005-12-19

国の方におきましては、いろいろと不足対策について女性医師バンクですとか、防衛の派遣とかと、いろいろな検討もされておりますが、本県だけの問題ではないものですから、さきの12月9日に都道府県課長会議で発表されたものは、小児科・産科医師確保が困難な地域における当面の対応についてということで、これによれば、病院の小児科医が少ない場合に、緊急避難的な措置としまして、住民のニーズにこたえるために、小児科医

青森県議会 2005-12-05 平成16年度決算特別委員会(第4号)  本文 開催日: 2005-12-05

また、防衛医科大学校長や副校長を輩出した本県では、防衛OBの県内自治体医療機関への勤務の例が見られることから、本県にゆかりのある防衛OB、防衛医科大学教官と知事との懇談会を開催しましたところ、その出席者からの推薦があり、懇談会の後に防衛一名が本県の自治体病院に勤務した実績もございます。  

長野県議会 2005-09-29 平成17年 9月定例会本会議−09月29日-04号

医師確保に関連しますが、自衛隊、いわゆる防衛の数は、平成16年11月現在、906名と聞いております。厚生労働省防衛庁は、地域医療での救急医師不足の解消のため、平成18年度に防衛公立病院等に派遣する具体策をまとめるとのことです。県としても積極的にこの制度を活用すべきと思いますが、いかがでしょうか。衛生部長の御見解をお伺いいたします。  

青森県議会 2004-07-21 平成16年環境厚生委員会 本文 開催日: 2004-07-21

48 ◯北窓健康福祉部長  越前委員からの御要望でございますが、委員御指摘のとおり、通修という制度がございまして、防衛がより自分たちの技量を落とさないために、一般病院で研修と言いますか、研さんを積む制度があるということで、御指摘のように、むつ総合病院防衛庁所管の病院と研修の協定を結んで、現在、何名かを受け入れているというふうに聞き及んでおります。

  • 1