運営者 Bitlet 姉妹サービス
295件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-20 茨城県議会 平成30年決算特別委員会  本文 開催日:2018.09.20 筑波大学に設置いたしました寄附講座による教員医師の確保としまして, 中央病院に地域臨床教育センターを,こころの医療センターに災害・地域精神医学研究センターリサーチオフィスを,こども病院に小児地域医療教育ステーションをそれぞれ設置してございます。  また,医師や看護師など医療人材を目指す学生の実習の受入れ,初期研修医・後期研修医の受け入れについても積極的に取り組んでいるところでございます。   もっと読む
2018-09-05 茨城県議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018.09.05 現在,筑波大学に寄附研究部門を設置し,センター内に「茨城県災害・地域精神医学研究センターリサーチオフィス」を置いておりますが,当センターを研究フィールドとして,災害派遣精神医療チームの体制整備や災害時における精神医療体制の構築を図ってまいります。   もっと読む
2018-06-21 青森県議会 平成30年第294回定例会(第3号)  本文 開催日: 2018-06-21 冒頭に述べました社会保障費と教育費の差は、日本の将来、青森県の将来を想像したときに、何よりも打開策が必要と常に考え、私自身、約二年前から、自己管理能力による社会保障費の減といった目標を念頭に、弘前大学大学院医学研究科に入学し勉強させていただきました。   もっと読む
2018-03-15 北海道議会 平成30年第1回予算特別委員会第1分科会-03月15日-04号 また、研究に関しましては、先端医学研究を基盤とした神経再生医療や、がんワクチンなどの研究を行っており、特に、自己骨髄細胞を利用した、脳梗塞や脊髄損傷等の治療にかかわる神経再生医療につきましては、国内外で注目されるなど、最先端の研究を行っていると認識しております。 ◆(千葉英守委員) 最後でございます。   もっと読む
2017-12-08 東京都議会 2017-12-08 平成29年第4回定例会(第20号) 本文 産業医科大学産業医実務研修センター専門修練医 平成 十九年 四月 三菱電機株式会社姫路製作所専属産業医 平成二十三年 六月 パナソニック株式会社アプライアンス社草津西健康管理室専属産業医 平成二十四年 四月 自治医科大学附属病院専属産業医(医学部助教) 平成二十六年十一月 ひまわり産業医・労働衛生コンサルタント事務所代表 平成二十七年十二月 埼玉県公害審査会委員 平成二十九年 三月 自治医科大学大学院医学研究科博士課程修了 もっと読む
2017-10-05 岐阜県議会 平成29年  9月 定例会(第4回)-10月05日−03号 現在、国では医療等分野における番号制度、いわゆる医療等ID制度を導入することにより、病院、診療所間の患者情報の共有や、医学研究でのデータ管理など、迅速かつ的確に行うことが検討されております。   もっと読む
2017-06-30 岐阜県議会 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月30日−04号 しかしながら、最近の医学研究の進歩はCAMの科学性を証明しつつあります。そのことについて、高橋 徳先生は、著書の中でCAMによりオピオイドやオキシトシンといったホルモンが脳内から分泌され、ストレス反応や痛みが抑えられ、自律神経が活性化し、胃腸や心臓などの内臓疾患の改善が見られると言ってみえます。 もっと読む
2017-03-23 北海道議会 平成29年第1回定例会-03月23日-09号 議案第22号北海道職員等の退職手当に関する条例の一部を改正する条例案は、市町村立学校職員給与負担法の改正に伴い、規定の整備を行うため、この条例を制定しようとするものであり、  議案第23号北海道職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例案は、北海道職員の特殊勤務手当について、医学研究調査手当に係る特例措置を延長することとするため、この条例を制定しようとするものであり、  議案第25号北海道職員等 もっと読む
2017-03-22 北海道議会 平成29年第4回総務委員会会議録-03月22日-01号 次に、資料の2ページ、議案第23号「北海道職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例案」でございますが、北海道職員の特殊勤務手当につきまして、医学研究調査手当に係る特例措置を延長しようとするものでございます。   もっと読む
2017-03-17 青森県議会 平成29年商工労働観光エネルギー委員会 本文 開催日: 2017-03-17 医学研究開発の分野に携わるというのは少ない人数だと思います。研究開発、多くの人を、ここに定着させていかなければならないという目標もあるわけですから、そういう面では、もう少し目標設定した中で、きちんと検証しながら、人材育成というものに取り組んでいかなければならないと私は思っています。   もっと読む
2017-03-01 群馬県議会 平成29年 第1回 定例会-03月01日-04号 ◎塚越日出夫 健康福祉部長 群大病院は県内唯一の大学病院であり、医師等医療人材の育成や臨床医学研究の拠点であることから、本県の医師確保対策を推進していくうえで、群大病院の改革と信頼回復は不可欠であると考えております。昨年の11月に群馬大学がこれまで自主的に進めてきた改革や改革委員会の提言などを踏まえて、今後どう改革を進めていくかなどを取りまとめた「改革への取り組み」を公表いたしました。 もっと読む
2017-02-28 高知県議会 平成29年  2月 定例会(第339回)-02月28日−02号 2016年に中越地震を経験した医学研究者が中心となり、避難所・避難生活学会ができています。一旦できた血栓はずっとその人の血管の中にあり、いつそれが発症するかわからないため常に注意が必要、また段ボールを床から少し高いところまで重ね、その上に布団を敷くだけでそこで寝る人が雑菌を吸引するのを防ぐことができ、呼吸器疾患を予防できるという知見も生まれています。 もっと読む
2017-02-23 北海道議会 平成29年第3回総務委員会会議録-02月23日-01号 次に、資料2ページ、議案第23号「北海道職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例案」でありますが、北海道職員の特殊勤務手当について、医学研究調査手当に係る特例措置を延長しようとするものでございます。   もっと読む
2016-11-08 北海道議会 平成28年決算特別委員会第1分科会-11月08日-03号 ◎(粟井地域医療推進局長) 市町村による寄附講座の設置についてでございますが、医学研究や、診療の進展、充実などを目的に、道内の医育大学に設置する寄附講座は、その講座において調査研究を進める中で、医師の地域勤務につながる場合があるなど、地域医療の確保に一定の効果があるものと考えているところでございます。   もっと読む
2016-06-29 北海道議会 平成28年第2回定例会-06月29日-05号 今日、札幌医科大学では、地域医療を担う医師の養成とあわせて、我が国をリードする最先端の医学研究について、道内外から大きな関心を持たれているところであります。   もっと読む
2016-06-24 岐阜県議会 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月24日−04号 三年前に県議会の厚生環境委員会で視察をした鹿児島県指宿市にあるメディポリス医学研究財団の陽子線治療施設は建設費が百億円以上、文部科学省や鹿児島県などから五十億円を超える公的支援を得ており、施設の維持管理費として年間三億から四億円、年間で五百五十人の患者数で収支が均衡するとのことでした。 もっと読む
2016-06-21 奈良県議会 平成28年  6月 定例会(第324回)-06月21日−06号 さらに、奈良県総合医療センター跡地の土壌汚染調査や医療施設等の整備、県立医科大学の臨床医学研究棟の移転などに関し、議論が交わされました。  次に、十二月定例会においては、患者の新奈良県総合医療センターへの利便性を第一に考え、近鉄奈良線からのバス路線を確保されたいとの要望がありました。   もっと読む
2016-03-03 群馬県議会 平成28年 第1回 定例会−03月03日-05号 ◎大澤正明 知事 群馬大学病院は、県内唯一の大学病院でありまして、医師等医療人材の育成や臨床医学研究の拠点であるとともに、地域医療の最後のとりでとして本県の医療を支え、牽引していく使命があるものと考えております。群大病院には、失った信頼を早期に回復し、高い水準の質と安全性を保証する医学教育並びに医療提供を実践するとともに、地域医療をリードする大学病院として再生をしてもらいたいと考えております。   もっと読む
2016-02-25 東京都議会 2016-02-25 平成28年第1回定例会(第4号) 本文 最後に、東京都医学総合研究所における研究成果の実用化に向けた取り組みについてでありますが、東京都医学総合研究所では、最先端の医学研究の成果を疾患の予防、診断、治療につなげるため、都立病院などの臨床現場や産業界、他の研究機関などと連携を図り、共同研究を実施するとともに、研究成果を知的財産として特許を取得し、実用化の取り組みを促進してまいりました。   もっと読む
2016-02-23 京都府議会 2016.02.23 平成28年2月定例会(第3号)  本文 2014年1月には、京都リハビリテーション医学研究会も立ち上げられ、基本から最先端まで研究と教育を推進する場となっています。そして、2014年10月1日に、臨床、教育及び研究の中核となるべく、リハビリテーション医学教室が京都府立医科大学に開設されました。レベルの高いリハビリテーション専門医の養成を初めとして、京都のリハビリテーション医学・医療の担い手として大きく期待されています。   もっと読む