285件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

兵庫県議会 2019-03-05 平成31年度予算特別委員会・速報版(第5日 3月 5日)

その際、当時の病院事業管理者からは、漢方内科の充実、あるいは、それまでの東洋医学研究の成果を生かしながら、統合医療の提供に努めていく旨の答弁を受けている。まさに、西洋医学東洋医学の優れた点をバランス良く取り入れることで、患者にとって最善の医療を提供できる可能性も膨らんでくる。  

東京都議会 2019-02-28 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第5号) 本文

産業医科大学産業医実務研修センター専門修練医 平成 十九年 四月 三菱電機株式会社姫路製作所専属産業医 平成二十三年 六月 パナソニック株式会社アプライアンス社草津西健康管理室専属産業医 平成二十四年 四月 自治医科大学附属病院専属産業医医学部助教) 平成二十六年十一月 ひまわり産業医労働衛生コンサルタント事務代表 平成二十七年十二月 埼玉県公害審査会委員 平成二十九年 三月 自治医科大学大学院医学研究博士課程修了

広島県議会 2018-10-22 2018-10-22 平成30年度決算特別委員会(第2日) 本文

また、先行する具体的な取り組みといたしましては、広島大学医学研究科とこの理化学研究所が、細胞医療や細胞生物資源開発分野におきまして、たんぱく質構造のイメージングなどの研究を行っているところでございます。一方で、こうした研究は、生命機能科学分野におけます非常に先進的なものでございまして、中小企業に対して即時的なメリットを示すのは現状では難しいところでございます。

北海道議会 2018-03-15 平成30年第1回予算特別委員会第1分科会-03月15日-04号

また、研究に関しましては、先端医学研究を基盤とした神経再生医療や、がんワクチンなどの研究を行っており、特に、自己骨髄細胞を利用した、脳梗塞や脊髄損傷等の治療にかかわる神経再生医療につきましては、国内外で注目されるなど、最先端の研究を行っていると認識しております。 ◆(千葉英守委員) 最後でございます。  

新潟県議会 2017-10-04 平成29年  9月定例会 厚生環境委員会-10月04日−03号

県民が安全で質の高い医療を安心して受けられる環境の整備や、医師等の研究環境の整備、診療データ等の分析に基づく医学研究等での活用などを目指しており、地域での診療情報共有による検査、投薬の重複の回避や、治療・処方の安全性の向上や医師の確保、定着などの効果を期待しているところでございます。 ◆渋谷明治委員 御答弁ありがとうございます。

大阪府議会 2017-10-04 平成29年  9月 定例会本会議(1)-10月04日−04号

さらに、両大学の間で、府立大学工学研究科と市立大学医学研究科による新たな脂肪肝診断装置の開発といった連携共同事業も進められております。  今議会で提出されている法人統合の関連議案ですが、まず平成三十一年四月に法人統合を行い、その後、平成三十四年四月の大学統合を目指すという方針で進められておりますが、法人統合から大学統合へと段階的に取り組む意義について、府民文化部長にお伺いいたします。

岐阜県議会 2017-06-30 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月30日−04号

しかしながら、最近の医学研究の進歩はCAMの科学性を証明しつつあります。そのことについて、高橋 徳先生は、著書の中でCAMによりオピオイドやオキシトシンといったホルモンが脳内から分泌され、ストレス反応や痛みが抑えられ、自律神経が活性化し、胃腸や心臓などの内臓疾患の改善が見られると言ってみえます。

新潟県議会 2017-06-28 平成29年  6月定例会 本会議-06月28日−開会、議案説明、委員長報告−01号

なお、地域での臨床医学研究が両立しやすい環境を整備することが、医師の確保・定着に資すると期待できることから、県立病院電子カルテ化を推進し、統合データベースの構築・活用に向けて具体的な検討を進めるとともに、ビッグデータを活用した地域健康課題の分析に取り組んでまいります。  

北海道議会 2017-03-23 平成29年第1回定例会-03月23日-09号

議案第22号北海道職員等の退職手当に関する条例の一部を改正する条例案は、市町村立学校職員給与負担法の改正に伴い、規定の整備を行うため、この条例を制定しようとするものであり、  議案第23号北海道職員特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例案は、北海道職員特殊勤務手当について、医学研究調査手当に係る特例措置を延長することとするため、この条例を制定しようとするものであり、  議案第25号北海道職員

青森県議会 2017-03-17 平成29年商工労働観光エネルギー委員会 本文 開催日: 2017-03-17

医学研究開発の分野に携わるというのは少ない人数だと思います。研究開発、多くの人を、ここに定着させていかなければならないという目標もあるわけですから、そういう面では、もう少し目標設定した中で、きちんと検証しながら、人材育成というものに取り組んでいかなければならないと私は思っています。  

群馬県議会 2017-03-01 平成29年 第1回 定例会-03月01日-04号

◎塚越日出夫 健康福祉部長 群大病院は県内唯一の大学病院であり、医師医療人材育成臨床医学研究の拠点であることから、本県の医師確保対策を推進していくうえで、群大病院の改革と信頼回復は不可欠であると考えております。昨年の11月に群馬大学がこれまで自主的に進めてきた改革や改革委員会の提言などを踏まえて、今後どう改革を進めていくかなどを取りまとめた「改革への取り組み」を公表いたしました。

新潟県議会 2017-03-01 平成29年  2月定例会 本会議-03月01日−一般質問−04号

一方で、臨床の場における医学研究患者数が極めて決定的な役割を持ち、地域臨床に携わる医師臨床の場で研究を行うには大きなメリットとなり、医師の確保・定着に資することが期待されます。  また、地域の中核病院と周辺の医療機関情報共有する仕組みが実現できれば、多くの重複検査、重複診療を削減できることが期待されます。  

高知県議会 2017-02-28 平成29年  2月 定例会(第339回)-02月28日−02号

2016年に中越地震を経験した医学研究者が中心となり、避難所避難生活学会ができています。一旦できた血栓はずっとその人の血管の中にあり、いつそれが発症するかわからないため常に注意が必要、また段ボールを床から少し高いところまで重ね、その上に布団を敷くだけでそこで寝る人が雑菌を吸引するのを防ぐことができ、呼吸器疾患を予防できるという知見も生まれています。

新潟県議会 2017-02-27 平成29年  2月定例会 本会議-02月27日−一般質問−03号

知事は、公約で県民医療ビッグデータを用いた医学研究と県民健康の増進を掲げており、またビッグデータを活用した健康寿命延伸プロジェクトなど関係予算を新年度予算案に盛り込んでいます。  ビッグデータとは少し違うかもしれませんが、魚沼地域では平成26年から既にうおぬま・米ねっとを立ち上げ、診療情報共有に取り組んでいます。  

新潟県議会 2017-02-24 平成29年  2月定例会 本会議-02月24日−委員長報告、代表質問−02号

さらに、診療情報が分析しやすくなることで、地域での臨床医学研究を両立しやすい環境が整い、医師の確保・定着に資することが期待されます。将来的には、医療ビッグデータ解析することなどにより、医療費の削減、健康の増進、健康産業の創出などにつながる可能性があるものと認識しております。  

北海道議会 2016-11-08 平成28年決算特別委員会第1分科会-11月08日-03号

◎(粟井地域医療推進局長) 市町村による寄附講座の設置についてでございますが、医学研究や、診療の進展、充実などを目的に、道内の医育大学に設置する寄附講座は、その講座において調査研究を進める中で、医師地域勤務につながる場合があるなど、地域医療の確保に一定の効果があるものと考えているところでございます。