5102件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福井県議会 2020-12-22 令和2年議会運営委員会 本文 2020-12-22

発議第20号「北陸新幹線工期厳守地方負担の更なる縮減等を求める決議(案)」である。  この決議案は、会議規則第14条第1項の規定により、本日付け議長あてに提出されたものである。提出者は、県会自民党山岸議員賛成者は、各会派を代表し民主・みらい西畑議員公明党西本恵一議員無所属鈴木宏治議員細川議員となっており、このまま本会議に提出してはいかがかと考える。  

福井県議会 2020-12-22 令和2年第413回定例会(第5号 閉会日) 議事日程、本日の会議に付した事件 2020-12-22

どもたち自転車事故から守るための条例制定に関する請願 第40 請願第19号 地域における社会教育をコーディネートし推進する専門人材の育成に関する請願 第41 予算決算特別委員会中間報告について 第42 福井選挙管理委員および同補充員選挙について 第43 第135号議案 福井教育委員会委員任命同意について 第44 第136号議案 福井教育委員会委員任命同意について 第45 発議第20号 北陸新幹線

福井県議会 2020-12-22 令和2年第413回定例会(第5号 閉会日) 本文 2020-12-22

━━━━━━━━━━━━━━━  第45 発議第20号 北陸新幹線工期厳守地方負担の更なる縮減等を求める決議(案)                ──────────────      北陸新幹線工期厳守地方負担の更なる縮減等を求める決議(案)  我々福井県議会は、北陸新幹線金沢敦賀間の工期遅延等に関し、12月8日に意見書を可決 して以来、議長による国土交通省与党PT座長等に対する

福井県議会 2020-12-22 令和2年第413回定例会〔資料〕 2020-12-22

号議案 福井教育委員会委員任命同意について 報告第23号 専決処分報告について(損害賠償額決定および和解について) 報告第24号 専決処分報告について(損害賠償額決定および和解について) 報告第25号 専決処分報告について(損害賠償額決定および和解について)                ────────────── 発議第18号 立皇嗣の礼に関する賀詞奉呈決議(案) 発議第19号 北陸新幹線金沢

福井県議会 2020-12-18 令和2年予算決算特別委員会 概要 2020-12-18

      2 中小企業のM&Aについて ……………………………………… 12 2 佐藤 正雄 委員       1 杉本知事姿勢を問う─暮らし・新幹線原子力行政─……… 13 3 野田 哲生 委員       1 福井IT人材不足サテライトオフィス誘致から ………… 21       2 多文化共生推進プランについて ………………………………… 25 4 西本 正俊 委員       1 北陸新幹線

福井県議会 2020-12-18 令和2年予算決算特別委員会 本文 2020-12-18

実は、6月に私が提案をさせていただいた、皆さんのお手元に配らせていただいたけれども、北陸新幹線開業時期はリニアとも近い頃に開業と相なるわけである。リニア開業した折に北陸新幹線がしっかりとお客さんを運んでくれる、福井県にとってしっかりと利をもたらしてくれる、そういう鉄道になってほしいものであるけれども、今のままでは大阪止まりということになると、もう一つということにほかならない。

福井県議会 2020-12-14 令和2年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 部局長報告 2020-12-14

次に、北陸新幹線開業に向けた地域資源磨き上げについて申し上げます。  観光地整備については、これまで支援してきた敦賀市の「人道港敦賀ムゼウム」が先月3日にオープンするとともに、鯖江市の「ラポーゼかわだ」が今月5日にリニューアルオープンしております。  また、今月31日には、勝山市の「勝山温泉センター水芭蕉」がリニューアルオープンします。

福井県議会 2020-12-14 令和2年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 2020-12-14

次に、北陸新幹線開業に向けた地域資源磨き上げについて申し上げる。  観光地整備については、これまで支援してきた敦賀市の人道港敦賀ムゼウムが先月3日にオープンするとともに、鯖江市のラポーゼかわだが今月5日にリニューアルオープンしている。  また、今月31日には、勝山市の勝山温泉センター水芭蕉がリニューアルオープンする。引き続き、市町との連携の下、観光地魅力づくりを進めていく。  

福井県議会 2020-12-10 令和2年総務教育常任委員会及び予算決算特別委員会総務教育分科会 部局長報告 2020-12-10

次に、北陸新幹線整備促進について申し上げます。  金沢敦賀間については、先月11日の与党プロジェクトチーム会合において、鉄道運輸機構から、工期が1年半程度遅延していることに加え、事業費が約2,880億円増嵩することが報告されました。  

福井県議会 2020-12-08 令和2年第413回定例会(第4号 一般質問) 議事日程、本日の会議に付した事件 2020-12-08

                   議 事 日 程                                     12月8日(火)                                     午前10時開議     諸般報告 第1 第99号議案から第107号議案まで(9件)及び第109号議案から第134号議案まで(26件)並び   に報告第23号から報告第25号まで(3件) 第2 発議第19号 北陸新幹線金沢

福井県議会 2020-12-08 令和2年議会運営委員会 本文 2020-12-08

発議第19号「北陸新幹線金沢敦賀間の開業時期の厳守早期全線整備等を求める意見書(案)」である。  この意見書案は、会議規則第14条第1項の規定により、本日付け議長あてに提出されたものである。提出者は、県会自民党山岸議員賛成者は、各会派を代表し、民主・みらい西畑議員公明党西本恵一議員無所属鈴木宏治議員細川議員となっており、このまま、本会議に提出してはいかがかと考える。  

福井県議会 2020-12-07 令和2年第413回定例会(第3号 一般質問) 本文 2020-12-07

最後に、仮に北陸新幹線敦賀開業が1年半遅れとなる場合の影響についてであります。  代表質問では、工期遅れの責任の所在、事業費増負担並行在来線経営計画見直し人件費等負担増など課題を議論しました。  先日行った県内市町議員との勉強会では、県内新幹線各駅まちづくりや開発への影響観光への影響が不安視されました。

福井県議会 2020-12-02 令和2年第413回定例会(第2号 代表質問) 本文 2020-12-02

今回の金沢-敦賀間の事業費の増加をはじめ、新型コロナによる国の財政負担、JR西日本の経営状況悪化等が、北陸新幹線整備予算確保にもたらす影響を懸念する声もありますが、こういう状況であるからこそ、沿線自治体が足並みをそろえ、北陸新幹線早期全線整備に向けた財源の確保を国に強く訴えていく必要があります。  

福井県議会 2020-11-26 令和2年第413回定例会 目次 2020-11-26

……… 79    3 教育旅行農家漁家民宿……………………………………………………………………… 79    4 海岸の環境美化………………………………………………………………………………… 80    5 交通事故対策…………………………………………………………………………………… 80    6 多文化共生推進プラン………………………………………………………………………… 80    7 北陸新幹線敦賀開業

福井県議会 2020-11-26 令和2年第413回定例会(第1号 開会日) 本文 2020-11-26

今、杉本知事現場主義を貫くことをモットーに、目に見えない新型コロナウイルス対策北陸新幹線敦賀開業大阪までの早期延伸中部縦貫道整備、2040年までの長期ビジョンの実現、原子力行政少子高齢化対策、人生100年時代の中、幸福度日本一は5回連続を目指し、また、災害に強い県土づくりに日夜取り組んでおられること、その姿勢に期待と評価をしているところであります。  

石川県議会 2020-11-18 令和 2年11月18日総務企画県民委員会-11月18日-01号

                                       │ │(企画振興部関係)                              │ │ (1) 令和2年第5回県議会定例会提出予定案件について             │ │ (2) 「いしかわUIターンオンライン相談会」の開催について         │ │ (3) 小松空港・のと里山空港就航路線運航状況について            │ │ (4) 北陸新幹線金沢

石川県議会 2020-10-21 令和 2年10月21日総務企画県民委員会-10月21日-01号

                            │ │(危機管理監室関係)                             │ │ ・ 令和2年度石川県防災総合訓練図上訓練)の概要について         │ │(企画振興部関係)                              │ │(1) 国立工芸館の開館について                         │ │(2) 「北陸新幹線