2334件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石川県議会 2020-02-14 令和 2年 2月14日環境農林建設委員会−02月14日-01号

この愛称ですが、「百万石」は加賀百万石にちなみ、石川県酒米であることを表現しています。「白」は、混じり気のない純粋なさまを意味する言葉で、この酒米を使った日本酒の特徴であるすっきりとした味わいや精米された酒米の白さ、日本酒の仕込み時期の雪景色を表現しています。  

石川県議会 2020-01-30 令和 2年 1月30日観光・文化スポーツ・海外対策特別委員会-01月30日-01号

1日目は、①に記載のとおり、7時45分ごろに加賀役所を出発し、加賀・金沢地域を回り、19時45分ごろに金沢城公園三の丸広場でゴールの予定をしています。  2日目は、②に記載のとおり、8時15分ごろに輪島キリコ会館を出発し、能登地域を回り、18時45分ごろに和倉温泉湯っ足りパークでゴールの予定をしています。  

石川県議会 2020-01-17 令和 2年 1月17日厚生文教委員会-01月17日-01号

そのほか、学校ごとではありませんが、毎年、金沢、加賀、能登の地区別に小中学生を対象にオリンピックメダリストを招聘してスポーツ教室のようなものも行っており、例えば主な方では、柔道の金メダリストであり当時、コマツに所属しておりました谷本さん、あるいは水泳の銅メダリストである本県の小堀さん、あるいはブルーキャッツでバレーの銅メダルを獲得したメンバーの狩野舞子さんなど、これまでに数年で36名を呼んでいます。

石川県議会 2020-01-17 令和 2年 1月17日総務企画県民委員会−01月17日-01号

(2)食談義「加賀食文化と伝統工芸」は、料亭大友楼主人の大友佐俊氏を講師にお招きし、藩政期から受け継がれてきた料理を伝統工芸の器とともに味わう食談義を行うこととしています。  このほか、(3)工芸文化歴史講座「加賀藩御細工所」や、(4)能楽師の案内による能楽堂探検ツアーなど、多彩なイベントを開催することとしています。

石川県議会 2020-01-16 令和 2年 1月16日環境農林建設委員会−01月16日-01号

7、主な出展食材等については、冷めてもおいしいなどの特徴を有するひゃくまん穀を今回初めて本格的に首都圏の飲食業者に紹介するほか、のとてまりや加賀丸いもなどの旬の食材を紹介することとしております。  また、東京ステーションホテルの総料理長による食材の魅力を引き出した試食メニューの提供を行うこととしております。  

石川県議会 2019-12-23 令和 元年12月第 5回定例会−12月23日-05号

広域交流ネットワーク道路等の整備が緊急輸送道路等の整備促進と装いを変え、総額百三十九億円の加賀海浜産業道路建設に関連する予算が計上されていることには容認できず、これにかかわる第十五号の請負契約も反対するものであります。  反対する第二の理由は、県民の理解の得られない特別職議員の期末手当の引き上げが含まれているからであり、この根拠となる第七号給与条例にも賛同できません。

石川県議会 2019-12-19 令和 元年12月19日環境農林建設委員会-12月19日-01号

いずれにしましても、本県では、現在、加賀地域ではジビエとして活用できない状況ですが、他方、現在ある在庫を十分売っていきたいという要望があること、能登地域については、今も野生イノシシを捕獲してジビエとして加工して販売して、十分、その風評被害もなく売れているということですので、私どもとしては引き続き飲食店でのフェア等も推進して、ジビエの普及に取り組んでまいりたいと考えております。

石川県議会 2019-12-18 令和 元年12月18日予算委員会−12月18日-01号

そこといずれ3年後には温泉街の玄関口だけではなく、加賀市全体の玄関口にもなります加賀温泉駅、この2つの地区を結ぶ道路につきましては、今御指摘がございましたように一般県道串加賀線と加賀市の市道の2つの路線があるわけでありますけれども、いずれも両地区を直結するルートではない。

石川県議会 2019-12-11 令和 元年12月第 5回定例会−12月11日-03号

いよいよ完成を迎えます金沢港クルーズターミナル、国立工芸館、金沢城公園の鼠多門・鼠多門橋といった本県の魅力と価値を高めるこういった施設を大いに活用すると同時に、小松空港やのと里山空港、のと里山海道、加賀海浜産業道路など陸海空の交流基盤の整備と活用をしっかり進め、具体の交流拡大につなげていきたい、このように考えております。  

石川県議会 2019-12-06 令和 元年12月第 5回定例会−12月06日-02号

加えて、欧州の名門王家ハプスブルク家が工芸などの文化保護した歴史加賀藩前田家が工芸を奨励した本県の歴史と重なる、そういう都市でもございます。こうした背景のもと、ハンガリー・ブダペスト国立工芸美術館ハンガリーの最高峰の工芸品がそろっている世界有数の国立工芸館であり、今回はその中から特に選ばれた収蔵品によるコレクション展ということに相なります。

長野県議会 2019-12-05 令和 元年11月定例会本会議-12月05日-04号

南佐久地域では、既に佐久穂町に岐阜県職員6名、川上村には石川県加賀職員1名が派遣されておりまして、役場職員と一緒に災害対応に当たっているところです。他の市町村ではまだ不足するところもありますので、今後、募集範囲を全国に広げるなど、必要職員数が充足されるよう引き続き支援をしてまいります。  

石川県議会 2019-12-03 令和 元年12月第 5回定例会-12月03日-01号

なお、羽咋市、加賀市では社会保障財源化分の地方消費税交付金の総額をどう社会保障に回したか、明らかにしています。  また、五%のときの清算金の税収に占める割合、五・一%が昨年決算では八・〇%にまでふえました。消費税一〇%増税に当たり、さらにこの割合がふえる懸念、税の応能負担原則がゆがめられていくことを危惧するものであります。