70件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大分県議会 2007-03-01 03月06日-06号

加藤議員登壇〕(拍手) ◆加藤純子議員 おはようございます。四十六番、日本共産党加藤純子でございます。 早朝より傍聴においでくださった皆さん、ありがとうございます。 私は、県民生活実態を具体的に示しながら、県民の暮らし、福祉を守る立場質問をいたします。知事初め執行部の誠意ある答弁を求め、質問に入ります。 

大分県議会 2006-12-01 12月15日-05号

加藤議員登壇加藤純子議員 おはようございます。日本共産党加藤純子でございます。 ただいま行われました議案に対する各委員長報告はすべて採択すべきとのことですが、私は、第一三八号、第一四四号、第一四八号議案には反対です。また、請願三六には賛成ですので、以下、理由を述べて討論いたします。 まず、第一三八号議案大分病院事業に係る料金条例の一部改正についてです。 

大分県議会 2006-12-01 12月08日-04号

加藤議員登壇加藤純子議員 四十六番、日本共産党加藤純子でございます。 私は、二つ議案について質疑いたします。 まず、第一四四号議案工事請負契約の変更についてです。 稲葉ダム本体建設工事を鹿島・大林・さとう建設工事共同企業体が百十七億三千九百万円で契約したものを百三十七億三千四百万円に変更するもので、当初に比べ、十九億九千五百万円もの増額となります。 

大分県議会 2006-12-01 12月06日-02号

加藤議員登壇加藤純子議員 おはようございます。 ただいま決算特別委員長報告はすべて認定すべきとのことですが、私は、日本共産党として、決算議案のうち、第一一三号議案、一一四号、一一九号及び一二五号議案四つ議案については反対ですので、以下、理由を述べます。 まず、平成十七年度大分一般会計歳入歳出決算認定についてです。 

大分県議会 2006-06-01 07月05日-05号

加藤議員登壇加藤純子議員 おはようございます。日本共産党加藤純子でございます。 私は、上程された議案のうち、第八一号議案、第九二号議案、第九四号議案、第二号報告、第三号報告、第四号報告については反対立場で、請願三四については採択を求め、討論いたします。 まず、第八一号議案大分税条例の一部改正についてです。 ことし一月から定率減税が半減し、来年からすべて廃止となります。

大分県議会 2006-06-01 06月29日-04号

加藤議員登壇〕(拍手) ◆加藤純子議員 四十六番、日本共産党加藤純子でございます。 政府の構造改革による耐えがたい痛みが福祉、教育にも容赦なく及び、県民の悲痛な声が上がっています。国民の苦難の軽減を掲げている日本共産党として、私は、今回も実際にその方々の声を伺い、質問いたします。 きょうは、傍聴に来てくださった皆さん、暑い中、本当にありがとうございます。

大分県議会 2005-12-01 11月30日-02号

加藤議員登壇加藤純子議員 おはようございます。日本共産党加藤純子でございます。 私は、第一五三号議案職員給与に関する条例等の一部改正について討論を行います。 県人事委員会が十月五日に県職員給与について勧告を行いました。 今回の給与勧告には二つの特徴があり、一つは、平均年間給与の減額と、もう一つは、国家公務員に準じて、来年度以降、給与構造を抜本的に見直すというものです。 

大分県議会 2005-09-01 09月29日-05号

加藤議員登壇加藤純子議員 おはようございます。日本共産党加藤純子でございます。 私は、今回提案された議案のうち、第一一四号議案、一一七号、一一九号、一二〇号、一三〇号及び第一四八号議案については反対ですので、以下、理由を述べて討論いたします。 まず、第一一七号議案大分国民健康保険財政調整交付金条例制定についてです。 国はこれまで、国保への国庫負担を削減し続けてきました。

大分県議会 2005-09-01 09月22日-04号

加藤議員登壇加藤純子議員 日本共産党加藤純子でございます。私は、今回提案された二つ議案について質疑いたします。 まず、第一四八号議案香り森博物館の売却について、一昨日、追加提案されましたが、県民の議論の余地もないテンポで結論づけられようとしています。しかし、数点にわたって解明されていないことを指摘し、執行部の見解を求めます。 まず、政治責任についてです。 

大分県議会 2005-06-01 07月06日-05号

加藤議員登壇加藤純子議員 おはようございます。日本共産党加藤純子でございます。 私は、今回提案された議案のうち、第九一号、九二号、九三号、九五号、第九七号、九八号、一〇〇号、一〇六号議案及び請願二四、二六については反対立場で、請願二七については賛成立場で、以下、理由を述べて討論いたします。 まず、第九一号議案公の施設に係る指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備についてです。